第2波の予兆

「鑑定料金踏み倒し事件」は、やはり警察に被害届を出すことにしました。
相手に何通か督促メールを送ったのですが、すべて「宛先不明」で戻ってくるので、メールアドレスそのものを消した模様です。そうなると向こうは明確な意思を持って「支払わない」と決めたことになるので、ここで「犯罪行為」がすでに成立したことになるからですね。
最初は「何かトラブルがあってこちらに連絡できないのかも・・・」という可能性を考えていたのですが、これで一気に同情心が失せました(苦笑)。

追加質問を繰り返し、金額がある程度高額になった時点での「トンズラ」ですから、今回はかなり悪質なパターンです。
金額的には「新品のチャイルドシートが購入できるぐらい」の額ですからちょっと悔しいですね(笑)。

相手の正確な住所は分かりませんが、以前に銀行振り込みをした時の「フルネーム」、鑑定に使った「生年月日」「現在お住まいの市町村名」「メールアドレス」「ココナラで使用していたID」などがありますので、警察であれば個人を特定するのはそれほど難しくないはずです。
ここまで個人を特定する証拠が残っているのに、わざわざ危険を冒して「僅かなお金を踏み倒す」のですから、やはり海王星の「現実感覚の弱さ」は特筆すべきものがありますね。

そう言えば、この女性の一番最後のメールには「人生は平等じゃないと思う。スイレン先生のように子供が生まれるような人はいいでしょうが、私には得意なこともやりたいこともないんです」と書いてありました。
この女性は50代の独身女性で、結婚歴もありません。だから今回の行動は「幸せそうな人間に対する八つ当たり」の意味合いもあるのかもしれませんね。

でも、人生は平等ですよ。
この女性を孤独にしたのは、このような「無責任で魅力のない態度」であり、星の巡り会わせで「運悪く孤独になった」というわけではありません。

人生は「自分が蒔いた種が成長した収穫物を刈り取る」というシステムでできています。仏教的には「カルマの法則」ですが、他人に愛を送れば愛が返って来るし、悪意を発すれば悪意が返って来るわけです。

ただ、この法則がイマイチ実感できないのは、この現象には「タイムラグ」があるからなんですね。
例えばその「他者に対する強烈な悪意」を発したのは200年前の前世かもしれませんし、今抱えている「一途な恋心」が実るのは150年後の未来(来世)かもしれません。

だから「記憶にないから、不幸は私の責任ではない」という理屈は成り立たないのです。

仏教は徹底して「自己責任論」を追及する学問であり、これが「神との契約」によって全てが決まるキリスト教と大きく異なる点です。

まぁ、彼女は私のブログの熱心な読者でもあったのですが、これからは読まないと思いますので、このメッセージは伝わらないはずです。しかし、「現実を見ないようにすれば罪から逃れられる」というものでもないので、こちらとしても、現実的な対策はしておこうと思います。

さて、5月~6月の期間中はほとんど感染者が見られなかった我が宮城県も、東京の「移動制限解除」が出た直後から連日のように感染者が発見されています。
これまで「感染者ゼロ」だった石巻市や隣の登米市でも複数の感染者が発見され、いよいよ「コロナが身近に迫って来た」という感じで街中の緊張感が高まっている状態です。

私は「立会い出産希望」だったのですが、現在総合病院では「お見舞い」「立会い」の類は原則禁止されており、お医者さんからは「コロナの収束具合を見て、立会いを許可するかどうか決めます」と伝えられていました。

ところが今になって「感染者が右肩上がりに急増中」ですから、実質的に「立会い出産」絶望的な状況と言えるでしょう。

地元にこれほどの混乱をもたらしているのは「遊びに行った人」です。

実は、石巻市で最初に発見された感染者も「東京に短期旅行した人」らしく、その後に感染確認された人の多くは、この女性の「濃厚接触者」です。

仕事や葬式で行っていたのなら「仕方がない」とも言えるんですが、この状況で「東京に遊びに行って来た」という軽い考えの人のおかげで、持病持ちの妻がたった一人で分娩台に乗らなければいけない状況になるってのは、どうにも納得できません。出産は女性にとって「命の危険があるかもしれない大仕事」なのに、夫の私が付き添わないでどうする?

感染者の増加数から見れば、すでに「第2波は始まっている」と判断するのが正しいのですが、このタイミングで政府が「旅行者に補助金を出す」とか言い出しており、正気を失っているとしか思えませんね。

天体配置から見れば、これから8月にかけて感染者は「激増」します。この状況下で「GO TOトラベルキャンペーン」なんてやったら日本経済が破綻しかねません。

お願いだから、政府の有識者会議のメンバーに占星術師を一人入れてください。占星学研究家の「鏡リュウジ」あたりなら知名度、実績も問題ないでしょうし、彼は社会全体の動きを読む「マンデン占星術」にも詳しい人です。

海外では、占星術師が国のトップの「相談役」に就任している例は珍しくないので、ぜひ、安部総理、小池都知事にも検討をお願いしたいと思います。

yjimage.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント