霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 活動休止のお知らせ

<<   作成日時 : 2018/02/05 20:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

私がフリーランスになる上で、「絶対に守ろう」と決めていたことがいくつかあります。
まずは「借金しないこと」、それから「嫌な仕事は断る」ということです。
他にもいくつかあるのですが、書き切れないので、この二つだけ説明しましょう。
「独立開業しよう」となった場合、たいていの人は「銀行からお金を借りよう」とすると思いますが、フリーランスという仕事は「給料もボーナスも出ない」「毎月の収入は変動する」「失業保険がない」ということですから、リスクヘッジの観点からも「借金は厳禁」なのです。極端に言い方をすれば、フリーランスなんて「その日暮しの根無し草」ですから、そもそも借金をしようなどと言うのが図々しい話なのです。
借金は「固定費」ですから、毎月決まった額を返済しなければなりませんが、「収入が変動する」という職種を考えれば借金はリスクが大き過ぎると言えるでしょう。
仮に返済額が収入を上回ってしまった場合、「目先の仕事に食いつく」ということになってしまうので最悪です。
つまり、「妥協してやりたくもない仕事を受け取るようになったら、フリーになった意味がない」ということなのです。

「仕事を選ばない」という状態になって、「働くことの誇り」を失ったら、プロフェッショナルとしては終わりでしょう。
実は、私がプロの占星術師になって一番良かったと思えるのは、「嫌なお客さんと取引しなくていい」ことです。だから今でも、最初の交渉がまとまらなかった場合の依頼はお断りするようにしています。
「お金さえもらえれば、どんな依頼にもお答えする」・・・というのではないのですね。
ホテルのコンシェルジュは「断らないのがプロの誇り」だそうですが、私にとっては「断る権利があることがプロの誇り」なんです。
サラリーマンであれば、どんなに気乗りがしない仕事でも、そう簡単に断ることはできませんが、私は「お互いにどうしても信頼関係を築けなさそうな人」の依頼はキャンセルさせてもらっています。

例えば、離婚相談で「夫を口汚く罵る人」はお断りするようにしています。
離婚相談は多いですし、ほとんどの場合、ちゃんと引き受けていますが、「夫は女にだらしなく、仕事もしないクズ野郎で・・」という文章を送ってくる人には、軽い恐怖を感じてしまうんですね。
夫婦間ではどちらか一方だけが悪いということはありませんし、少なくとも一度は愛した相手をそこまで罵る人を、どうやったら信頼できるというのでしょう?それに、夫婦間では「投影」はよく起こりますので、夫に対する悪口のほとんどは、言っている当人の性格そのものであることも珍しくはありません。
実際、「夫は浮気性だ」と言ってくる女性のホロスコープを読みと、多くの場合、その女性自身の出生図にも「浮気傾向」が読み取れるのです。つまり、自分の運命の一部を相手に投影し、「相手を通して自分自身の隠された姿を見ている」というわけです。となると、夫を「クズだ」と言い放つ人は、その人自身が「かなり問題のある人」である可能性が高いのですね。
かなり怖いのでお断りします(笑)。

他には一度に複数の質問をしてくる人も困ります。料金の安い鑑定で一度に10個ぐらいの質問してくる人がいますが、「私の時間と技術を安く見積もっている」のが丸分かりなので、お断りします。こういう人は、10個ぐらい質問した後に「オプションの購入が必要でしょうか?」と聞いてきますが、「できればサービスで鑑定して欲しい」という意図が感じられるため、25年もかけてこの技術を磨いた私としては軽く傷ついてしまうのです。
コンビニで「お弁当温めてください」というのと同じノリで、「10個ぐらいサービスで見てください」という態度をされると本当に大変です。

中には「結婚に関しては3割ほどでまとめて、残りの仕事については、理由などは聞かなくてもいいので、結果だけ書いてください」などと細かく指示して来る人もいますが「結果」とは何なのでしょうね?(笑)。
自分は何もせず、家で寝転がってテレビを見ていれば、何かの「結果」が天から降ってくるとでも思っているのでしょうか?
結果は努力の先にあるもので、それを説明するためには「途中経過」は必ず書かなくてはなりません。
これも却下です。

他にも「漠然とした質問」もお答えしようがなんですね。
「私の人生に何かないでしょうか?」と曖昧なことを聞く人も少なからずいますが、「何か」って何でしょう?占星術は数学の世界ですから、正しい「問い」を入力しなければ「解答」は出てきません。

「質問の文章が異常に長い」人もいますね。今までの最高は2万文字を書いて来た人ですが、読むだけで30分以上かかりましたし、内容的にも「きっとあいつがやったんだと思います」とか「同僚が言っていました」など、憶測や伝聞情報が多く、単純に「被害妄想」に陥ってくるだけだというのが分かりました。
このタイプの人に何を言っても納得しないと思われるので、「冷静になってからもう一度ご依頼ください」とお断りすることにしました。かなり困っているようなので、気の毒でしたが、本当に読むのが大変で・・・(汗)

でも、ココナラのキャンセル率は5パーセント程度ですから、ほとんどは引き受けているんですよ。断られた場合は、「かなりマズイことを書いた」と思ってくださいね(笑)。

さて、私はいつもこのような「ワガママ」を言っているせいか、今年も再び「活動資金切れ」となってしまいました(苦笑)。
ここ3年は「1年のうちの5ヶ月間は肉体労働で資金を稼ぎ、残りの7ヶ月間は占星術師として集中して活動する」という、まるで登山家のような生活をしておりますが、今年もまた懐の寒い季節がやってきました。今年はここが活動限界です。
「安い料金で、多くの人を鑑定する」という目標が間違っていたとは思いませんし、少なからず誰かの役に立てたと思います。しかし、「安い」ということは「私自身の生活が成り立たない」ということでもあるのです。
さすが「奉仕と自己犠牲の乙女座」ですね(笑)。

自分ひとりだけなら余裕で「専業の占星術師」で生きられるのですが、私には扶養家族が3人いますので、なかなか「好きなことだけ」しているわけには行きません。
「理想」と同時に、私は「現実の家族」も守っていかなければならないのです。
ちょうど先日、昨年働いていた事業所からお声がかかりましたので、2月10日を目途に、占星術鑑定を全面的に休止したいと思います。
ココナラもワオミーも・・・です。

再開がいつになるか、まだ不明ですし、なるべく「リピーター枠」だけでも断続的に開けようとは思っているのですが、去年は結局6月初旬ごろまで鑑定を再開できませんでしたから、今年もそのパターンになる可能性はありますね。
詳しいことが決まりましたら、またブログでご報告しますので、何か質問予定のある方は、お早めにお申し込みください。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
スイレンさま
お身体にはくれぐれも気をつけて今ある症状も良くなることをお祈りしています。遠くから、こんなコメントしか出来ないことが残念です。
スイレンさんのブログを読むと使命を生きるとはどういうことか解る気がします。
最近よく思いますが占星術って生きていることの不思議さをより深く味わうためのツールとして最高ですね。
それではどうかお元気で*°
つるばら
2018/02/09 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
活動休止のお知らせ 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる