霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 努力では超えられないもの

<<   作成日時 : 2016/06/22 10:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

日本には「努力信仰」みたいなものがあって、努力すれば「どんなことだってできる」ようなことを学校で教え込まれます。
実は昨日、スーパーで買い物していたら、30代ぐらいの女性のTシャツに「努力が才能を凌駕する」とプリントされていて思わず笑ってしまいました(笑)。
「じゃあ、才能のある奴が必死に努力したら勝てないんじゃない?」と突っ込みを入れたくなりました。
芸術の世界に関わりのある人なら、誰でも知っていますが、才能と言うのは「絶対的なもの」です。才能は神から与えられた「ギフト」であるため、人間の努力ぐらいで簡単に乗り越えられるものではありません。

海外の有名なバレエ団の入団試験では、両親や祖父母の体型まで審査対象に入るそうです。本人の努力とは関係のない部分ですよね?
しかし、天からプリンシパルになるべく運命付けられた人は、それにふさわしい家系の中に生まれるはずだ・・・という、信仰にも似た考えが根底にあるのかもしれません。

はいはい、あちこちからブーイングが聞こえますね(笑)。
才能の圧倒的な力を知りたければ、「天才」と呼ばれる人を見てみるのが一番良いでしょう。

最近、私たち夫婦はジャズにはまっています。
私はジャズなんて全く興味がなく、それどころか、音楽そのものに興味がありません(笑)。
しかし、去年、「ブルージャイアント」というジャズをテーマにした漫画を読んだところから話は始まります。
この漫画は震災後の仙台を舞台としていたこともあり、ちょっと興味を持ちました。仙台には「ストリート・ジャズ・フェスティバル」という大きなイベントがあるので、漫画の舞台に選ばれたのだと思いますが。

まあ、普通の「ジャズ好きの若者のサクセスストーリー」なんですが、あとがきのページに「上原ひろみ」さんのことが書いてありました。あまりの素晴らしい演奏に編集さんが泣き出したとか・・・。

ちょっと興味があったので、Youtubeで検索してみると・・・
シビれた!
すごい!すごいぞ、この人は!
私のジャズのイメージは、酒場で聴くような「だる〜い音楽」だったのですが、上原ひろみの演奏はそれとは全く違うものでした。
超高速で、ピアノの鍵盤を叩きつけるような演奏。立ち上がったり体を揺らしたり、たまに叫んだりします(笑)。
後半になってくると笑い出し、とにかく異常なのです(笑)。
以前に「のだめカンタービレ」で、上野樹里が演じた「のだめ」をイメージしてもらえるとかなり近いと思います。

ジャズなんか一度も聴いたことのない私が、鳥肌が立ち、映像が終わった後もしばらく放心状態でした。
で、少したってからパソコン画面に向かって拍手。
天才・・・これが天才なのか・・・「努力は人を裏切らない」なんて言ってるクルクルパーはこれを見ろ。
自分の自己顕示欲を満足させるために、観客に媚うったり、握手会開いたり、権力者にゴマをするような努力には何の意味もない。
圧倒的な才能の前では、誰もが感動し、認めざるを得ない。誰かに媚びなくたって、誰もが彼女に拍手するしかない。
努力は人を裏切るが、努力で磨かれた「天賦の才」は決して人を裏切らない。
彼女の才能は世界的に高く評価され、31歳のときにグラミー賞を受賞しているそうな。

何よりも注目すべきなのは、演奏中の上原ひろみは、とんでもなく楽しそうなのだ。楽しくて楽しくて、どうやってこの喜びを表現してやろうかと、ウズウズしている感じなのだ。

「究極において、運命と自由意志は完全に一致する」
これはインド占星術の考え方だが、その人の「最も優れた才能」とその人の「一番やりたいこと」は究極的に一致する。与えられた運命は、その人の本当の願いと完全に同じ。
「自分にしかできない特別な何か」が、その人が一番やりたいことなのだ。

それを見失ってしまうのは、お金や名声や安定こそが人生で一番大事なものだという「悪質な嘘」を子供の頃から教え込まれたためだ。

さあ、みんなやりたいことをやりましょう。自分にしかできない特別な仕事をしましょう。
どうしてもそれが分からない時は私に聞いてください(笑)。がっつり答えます。
それを教えるのが、「私にしかできないこと」だから。私と同じことは他の誰にもできない。その誇りと信念が、今の自分を支えています。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
初めましてスイレンさんm(__)m
いつもブログ楽しみにさせて頂いております。

やりたい事、できる事、世の中に貢献できる事が今の仕事であっているのか分かりません(^^;;

どのような形で御依頼すれば宜しいでしょうか?
パウンド
2016/06/22 18:01
こんにちは、バウンドさん。

鑑定のご依頼はまず、ココナラというサイトにご登録いただくことになります。
適職や才能ですと、総合鑑定になりますので、三千円か五千円のコースのどちらかをお選びください。主な違いは「文字数」です。
「ライフワークは何か」、だけでしたら、三千円のコースでも結論まで持っていけますので、よろしければご利用ください。
スイレン
2016/06/22 19:38
有難う御座いますm(__)m

宜しくお願いしますm(__)m
パウンド
2016/06/22 19:40
才能のあるやつが必死に努力したら誰も勝てない、子供の頃からずっと「恨み節帳」に書いていた内容ですね。
自分が努力したって、天才が努力すれば結局追いつけない。何をやっても一番になれない。いろんな分野でそうやって他人に追い抜かれて負けてばかりの人生でした。

なので今回の記事は、実体験として頷く以外に選択肢はありません(笑)。
早く追い抜く方の立場になりたいです。
ありあ
2016/06/25 15:51
こんにちは、ありあさん。
大丈夫ですよ(笑)。全員が別の種類の「特別な才能」を持っていますから、この世界の公平は保たれています。
人の才能は千差万別ですから、みんなが自分の得意なことばかりやったとしても、ちゃんと世の中回るようになっています。
偏差値だの、体力測定のようなもので判断されると、どうしても優劣がついてしまいますが、負けることによって、「自分はこの分野が苦手なんだな」と気づくという利点もあります(笑)。
スイレン
2016/06/27 19:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
努力では超えられないもの 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる