霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑誌の占いについて

<<   作成日時 : 2014/11/08 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 5

占星術研究家として、密かに活動している私ですが(笑)、雑誌の占いは全くと言っていいほど見ません。
テレビの朝の占いカウントダウンも、聞き流しています。
だって、当たらないから。
雑誌や新聞での占いを始めたのは「近代占星術の父」とも言われるアラン・レオでありまして、一部の神秘主義者や貴族でなければ触れることができなかった占星術の手法を世間に広めたと言う意味で大変な功績がありました。しかしまぁ、あまりにも簡略化しすぎたような気がしておりまして。
雑誌の占いってのは、知っていると思いますが「太陽の位置」だけを問題にしているわけですな。自分が生まれたときに太陽がどの星座の方角にあったのか、で決まるわけです。
もちろん、占星術では太陽の位置は非常に重要ですが、太陽の位置だけですべてが決まるもんでもありません。
性格については太陽の影響力は大きいので、獅子座や牡羊座の人は気が強いし、魚座は優しそうだし、牡牛座はおっとりだし、双子座は頭良さそうだ。乙女座は辛口だし、さそり座はめんどくせー(笑)。などなど、太陽の位置と性格には関連性があると言われています。しかしながら、この星座宮ってのは、ひとつにつき30度の幅があるわけです。何か人生に特別な事件があるときには、進行中の星と誤差1度以内の、特別な角度を取るとされています。
だからですね、30度も幅のある星座宮では、日々の出来事を予測することはほとんど不可能なんですな。
性格診断にはちょっぴり使えるが、吉凶判断にはまったく使えない、と覚えておいてほしいと思います。
鏡リュウジや石井ゆかりさんなんかが、それぞれの星座宮の解説本を出しておりますが、これはそれぞれの星座宮の「性格」にポイントを置いたアドバイスとなっているので「少しだけ」役に立ちます。
ただ、「今年はこんな年になりますよ」の部分についてはかなり疑問があります。
ただ、この二人は独学で占星術を学んできて、それぞれ自分なりの手法を確立してきた人たちなので尊敬はしています。特に鏡氏は、大学時代から占星術の本を出版している超ベテラン。
鏡リュウジの心理占星術には私は馴染めませんでしたが、彼の情熱は高く評価しています。
ただ、私にとって重要なのは「いつ、どこで、何が」起きるかということ。
町そのものが津波で消滅した南三陸町や女川町。星が示しているのは人間の心理だけなのか?事件や災害は予告されていなかったのだろうか?人の生き死にすら予測できない占星術など意味があるのだろうか?
占星術はユングや心理学者のオモチャじゃない。古代から連綿と続く「予測科学」のはずなのだ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
鏡リュウジ、なぜあれほどの人が未来予測を打ち出していかないのか?
心理占星術なんて理屈こねくり回してるだけにしか思えないのですが。環境も状況も一瞬にして変わってしまうことを、彼はわかっているはずなのに。臆病にしか思えませんね。
ななし
2014/11/20 02:48
スイレンさんその後いかがお過ごしですか?心配しています。お元気なら良いのですが…
大丈夫ですか?
2015/02/19 13:45
スイレンさん。お元気でいらっしゃいますか?お勉強は進んでおられますか?
こえり32
2015/04/19 18:39
こんばんは。ブログがお休み中でも、
スイレンさんの言葉を読みに
よくお邪魔させて頂いています。

また記事をアップして下さる日を
待っています。
ぴょん
2015/05/02 22:12
こえり32さん、ぴょんさん、それから名無しの御二方。
大変ご無沙汰しておりました。
本日よりブログ再開しますので、今後ともよろしくお願いします。
ほとんど無休で働いておりました。
休止期間のことを少しずつ書いていきますので、ご期待ください。
スイレン
2015/06/07 19:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑誌の占いについて 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる