霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 死と再生

<<   作成日時 : 2014/01/05 15:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 5

あけましておめでとうございます。
長期間、ブログを放置しておりましたスイレン禅師でございます〜
どーもすみませんでしたーーー!!!
まだ誰か読んでくださっているかどうかわかりませんが、独り言のように再開します。
東日本大震災以後、5つもの職場を転々としてきたジプシーなので、時間にも心にも余裕がなかったので(言い訳)。

とにかく、この2年10ヶ月、人の死ばっかり見てきた気がします。我が故郷の石巻市だけでも三千人以上が亡くなっているのですから。毎日トラックで運ばれていく死体。近所の体育館は遺体安置所に。高校の同級生は今も行方不明。
我が家は比較的内陸部にあったため津波の被害はなかったし、家族や親族で亡くなった人はいない。
しかし、震災から数ヶ月経ってから二次被害が頻発した。
 まず避難所でしばらく暮らしていた祖母が亡くなった。高齢だったので寿命と言えばそうだが、苛酷な環境が死期を早めたのかもしれない。
 それから間もなく、妻が通院している病院の主治医が亡くなった。その病院は津波の浸水地域にあったが2ヶ月ほどで再開。しかし、病院の修繕費や、押し寄せる被災者たちの対応に、病院の院長でもある主治医の心労は大きかったことだろう。死因は公表されていないが、自殺だったのではないかと思っている。
 それから、震災後、最初に勤めた会社で出会った50代のおっちゃん。同じ震災失業者で同じ部署だったこともあり、すぐに仲良くなった。半年後、私が退職してから間もなく、おっちゃんの家の前に、大きな花輪が立った。病死だったが、あまりにも突然だった。
 妻の同僚の女性も、がん闘病の末に亡くなった。その女性はスピリチュアルなことが大好きな人だったが、死を目の前にしてとても悲観的になっていた。妻と一緒にお見舞いに行ったとき、このひとのホロスコープを見てあげようかという気になった。「自分の人生って何なのかしら・・・。どうして私がこんな目にあうの」と落ち込む女性に、すべては意味のあることなんだと伝えたかった。でも、私はそうしなかった。
私の心のどこかに、「いい年して占星術なんて研究している男は恥ずかしい」という思いがある。ここで「占ってあげましょう」なんて言って、変なオジサンだと思われては困る。・・・・私は自分が恥をかきたくないばっかりに、死におびえる女性を見捨ててしまった。結局、ただ、世間話をしただけで帰ってきてしまったのだ。
このことがしばらく心に引っかかっており、次に見舞いに行くときは彼女を占ってあげよう。彼女の恐怖を少しでも減らしてあげよう、と思っていた。精神世界に興味のある彼女なら、きっと真剣に話を聞いてくれるはずだ。
・・・・年末に、彼女の娘さんからメールが届いた。
「母は、先日○月○日、多臓器不全により亡くなりました」
・・・・・私はアホだった。これほどの理不尽な死をたくさん見てきたのに、まだ自分のちっぽけなプライドを守ることばかり考えていたのだ。
人の役に立ちたい。
初詣に、神社で手を合わせ、真剣に祈った。「人の役に立つ人間にしてください」
その後にすぐおみくじをひく。大吉。
人の役に立つことをしよう。経済的なことは、運命が何とかしてくれるだろう。人間いつ死ぬかも分からないのだから、老後の貯蓄よりも大事なことがある。

正月早々、暗い話で申し訳ない。
ブログはこれからちょくちょく更新する予定。占星術や精神世界など、実体験をベースにいろいろ解説していきますね。

画像




わたしたちの震災物語?ハート再生ワーカーズ? (クイーンズコミックスDIGITAL)
集英社
井上 きみどり

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わたしたちの震災物語?ハート再生ワーカーズ? (クイーンズコミックスDIGITAL) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
スイレン禅師は占星術の有料鑑定をされるおつもりはないのですか?禅師の占星術鑑定、受けてみたいと考える人は多いと思うのですが…
マコ
2014/01/08 14:11
こんにちは、マコさん。
有料鑑定については、前々から妻に勧められておりますが、私としては当分の間、「研究」名目で身近な人のみを鑑定したいと思います。理由はいろいろあって、身近な人の場合、実際に鑑定が当たったかどうかを追跡調査できること。
他に、あのエドガー・ケイシーが無料鑑定を行っていたときは、高い的中率を誇っていたのに、自分の利益のためにリーディングを使ったとたん、全く当たらなくなったというエピソードを重視しているためです。
 やはり「商売」にしてしまった時点で何か大事なものが失われるような気がして、有料化には抵抗があるんですね。
 私は震災以前は個人事業主として働いていたので、できればその仕事に復帰したいという思いもあるんです。
スイレン
2014/01/09 20:02
スイレン禅師、お返事ありがとうございました。そうですか、有料化には抵抗がお有りなのですね。身近な人だと客観的にその後を見ていける、確かにその通りだと思います。
個人的には鑑定していただきたかったので残念!なのですが、禅師の占星術の研究にはハッとさせられることが多く、ブログを拝見するだけでとても楽しいです。
これからも禅師のご活躍、応援しております。
マコ
2014/01/11 14:50
更新、楽しみに待っています
tetekoteko
2014/06/01 23:34
『大事なのはいつどこで何が起きるか、それだけだ』
禅師のおっしゃることに心から同意します。
しかし世間でそれを占って教えてくれる占い師のなんと少ないことか…
グランドクロスも天からのギフト、努力で乗り越えられる!だの、むしろ充実した生活が出来て幸せ!だの、ハードアスペクトを過度に美化する最近の占い師にはうんざりです。
うまくいくのは調停ありきだし、努力で乗り越えるとしたらホロスコープに出てるし心折れて失望するのもホロスコープに出ているではないかと。
自己啓発まがいのホロスコープ勉強会、心理占星術??
理屈こねくり回したところで、別分野でハードアスペクトを昇華なんてできるわけがない。どんな悪影響が自分に起こるか、そんなの物心ついて接してきた中でしか発芽しないのに。
ハードアスペクトはハードアスペクト。そう言い切る度量がない占い師ばかりです。そこが曖昧になってしまったら、星の位置関係が個人の人生に影響する、そこの前提が崩れます。私はこれを危惧しています。
禅師にはもっと世に出る人になって欲しい。占星術鑑定に踏み出してほしい。
禅師の才能がこのまま日の目を見ないのはもったいないです。世の迷える人間を、一人でも救っては下さらないか。
何が起きるか知りたい。これは人間の本能。不安神経症の世の中で、その知識が人を楽にさせるはずです。
hayou
2014/06/09 11:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
死と再生 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる