霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 復帰

<<   作成日時 : 2009/06/03 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一ヵ月半ぶりの更新。
ここのところ、全くの休みなしで、朝4時から夜10時ぐらいまで仕事するというなかなかエキサイティングな日々を送ってました。今年から完全独立し「一人カンパニー」状態になりました。
何でもかんでも自分でやらなくてはならないってのは大変ですが、同時に面白くもある。
自分が組織の部品ではなく、自分の思考や行動がすべて結果に直結しているという感覚はスリリングだ。
ミスはできない。ミスしてもフォローしてくれる人はいない。
どんなに寝不足だろうが集中力を保たなくてはならない。
この緊張感は何にも代えがたい。
今後、仕事の規模を拡大して従業員をたくさん雇うなどという考えはない。分業にしてしまえば、こんなスリルを味わうことはできなくなる。雇うにしても少人数。常に自分が全体を見渡せる位置にいたいと思う。

ワシはあまり他人に相談するということがない。
他人に聞かなくても、ワシには占星学がある。進むべき道は見えている。
他人に励まされなくても、ワシには仏教がある。人として生きるべき道は知っている。

ワシは昔からチームプレーが苦手で、野球、バレーボール、バスケットなどは、てんでダメだった。
ワシを熱くしたのは、陸上競技、柔道、バドミントン。他人の顔色を伺うことなく、孤独に戦う競技が好きだった。

人には適性と言うものがある。運命と言い換えてもいいかもしれない。
それを無視しては、何も成し遂げられない。
登山家になる運命を持った人が、医者になったとして、どんなに社会的評価が高くても、それは失敗なのかもしれない。何よりも、本人自身が、物足りなさに生涯苦しめられることだろう。
「何をしてメシを食うのか?」
それは誰しもが考えなくてはならない、人生最大の疑問だ。
その答えを出さずに、なんとなく毎日を過ごしている人間があまりにも多すぎる。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
復帰 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる