霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 自由恋愛と結婚

<<   作成日時 : 2009/01/30 11:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

占星学において、恋愛と結婚は無関係な二つの事件に過ぎない。
恋愛は金星と火星によって表されるし、結婚は太陽と月の関係が重要だ。
同様に、恋愛は第5室、結婚は第7室で表される。
恋愛と結婚はまるで別の次元の話でしかない。だから、10年以上も付き合っていて恋人同士が結婚したとたん、半年で離婚するなんてことが起きるのも特に不思議なことではない。
小渕少子化担当大臣が「若者の恋愛傾向を調べるプロジェクトチームを立ち上げる」と発表したそうだが、こんな恋愛至上主義者が大臣をやっている限り、出生率はあがらないだろう。つーか、親の票田引き継いで政治家になっただけのお嬢さんを大臣にしたところで何になるというのか?大学のサークルのノリで仕事されても困るんだっつーの。

もちろん恋愛と結婚が両方とも良好なホロスコープを持つ人であれば、恋愛から結婚への移行はスムーズとなる。
だがそれは「たまたま」であって、「恋愛はいいが結婚はダメ」「恋愛はダメだが結婚は幸運」というホロスコープも数多く存在する。
そう考えると、恋愛結婚が良くて、見合い結婚はかっこ悪いなんて考えはオカシイと言える。

つまり本人の恋愛感情なんてアヤフヤなものが介在しないほうが良き相手とめぐり合う場合もあるのだ。
恋をしているとき、相手の欠点は見えにくい。
酒癖が悪くて浪費家で口の悪い相手と付き合っていても、恋しているときはそれが魅力に感じたりする。結婚したら冷静になって、「あれ?こんなはずでは」と騒ぐ人もいるが、周りから見ればそうなって当たり前。

見合いがいいものだといっても、最近のお見合いパーティーみたいなのも、お互いのエゴ丸出しで非常に気持ち悪い。
数十人の男女が向かい合って、一人2分ずつ喋る。フォークダンスみたいに次の人とすぐに交代してまた別の人と喋る・・・・これを一時間ほど繰り返して、気に入った女性の、あるいは男性の番号を投票。二人の番号が合えば、晴れてお付き合いが始まる・・・・なんだそりゃ!
まるで車選びじゃないか。
ディーラーのところに行って、新車を物色したり試乗したりしているのと変わらない。人間をそんな選びかたしていいのか?
男にとってはセックスの相手と社会的安定を手に入れるため、女にとっては経済的な力を得るため・・・・そんなエゴ剥き出しの男女が向かい合って品定めですか?
なんかロマンねーなぁ。

昔は親同士が決めた相手との結婚が多かった。お互いに結婚式の日まで顔を合わせたことのないのも普通だった。それは現代人から見れば不幸なことだろうが、本人のエゴが介在しない結びつきは、むしろ自由恋愛や不気味なお見合いパーティーよりも「運命の相手」と出会える確率は高かったように思う。
つまりこうだ。
出会うべき運命を持った二つの魂は、二人が確実に結びつくための策略として、利害関係を持った(あるいは利害関係を持つことになる)親のもとに「狙って」生まれてくる。そしてこの二つの魂の計画通りに親同士が、この男女を「許婚」にする。二人は結婚式の日に初めて出会うのだが、その出会いは決して偶然ではない。

ところが、社会が複雑化した現代では、昔から魂が行ってきたこの策略が使えなくなっている。
もちろん「運命の赤い糸」が消失したわけでない。確かにあるのだが、エゴによってそのつながりは隠され、なかなか出会えない、あるいは「出会っても気がつかない」という現象が多発している。

男が「美人で巨乳がいい」、女が「金持ちでイケメンがいい」なんぞ言っているうちは運命の人には出会えないだろう。一回、損得勘定をすべて捨てて周りを眺めてみれば、大事な人が意外とそばにいることに気がつくかもしれませんよ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自由恋愛と結婚 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる