霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 本領発揮

<<   作成日時 : 2007/11/06 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

ワシが精神世界を学び始めて17年以上たちます。
最近、エハラ批判ばかりやってるのでガチガチの唯物論者と思われているかもしれませんね。エハラやホソキによって間違ったスピリチュアルメッセージが広まっておりますのでスイレン禅師が正しいカルマの法則について講義したいと思います。ここからが本領発揮ってトコですね。
あ、「正しい」と書きましたが、ワシは霊能力など一切ありませんので実際は正しいかどうかは分かりません。多くの宗教家、神秘学者などによって長い年月説かれ続け、精神世界で「常識」となっている考え方という意味で「正しい」という言葉を使わせていただきます。

ま、今日は最初ということで、まず基本的な部分から。

輪廻転生と言っても、その考え方には大きく二つの流れがあります。

輪廻を英語で書く場合、「トランスミグレーション」と「リ・インカネーション」という二つの書き方があります。

トランスミグレーションとはチベット仏教などが代表的ですが、「人間の前世は動物だった」というもの。そしてこの人生の行い次第では、来世も動物に生まれ変わる可能性があると考えます。
もともとは仏典の中で、お釈迦様の前世が動物だったこともあるってのが原因ですが、仏典自体がお釈迦様の死後、何百年もたってから書かれたことを考えると、本当にお釈迦様が「前世は動物だった」と言ったかどうかはかなり怪しいですね。
仏教やヒンズー教の転生説は基本的にトランスミグレーションとなります。

リ・インカネーションとは「人間の前世は人間である」と言う考え方。
エドガー・ケイシーのリーディングとか、退行催眠などでよみがえる前世の記憶はほとんどが「人間」です。ヒンズー教の指導者の中にもサイババのように「人間の前世は人間しかありえない」と語っています。

さて、どちらが正しいのでしょうか?
ワシは仏教徒ですがリ・インカネーション説を支持します。
仏教はお釈迦様の死後、バラモン教や土着の民間信仰を取り入れながら成長した過程があります。つまりお釈迦様の意思とは違う部分も多く含まれているって事。

人間のように「思考する生物」に宿ることができるのは、やはりそれなりのレベルの魂でなければなりません。前世で犬だった魂が、イキナリ次の転生で人間になったりましません。不可能だとは思いませんが、その魂の進化には数千年、数万年という単位が必要なのでは?
また今、人間として生きている人が悪人だからと言って来世にゴキブリに生まれることもありません。そこまで魂のレベルが急降下するはずはないでしょう。

エハラは自分を信じない人を「魂のレベルが低い」と罵りますが、人間として生まれて来た人はみな、それなりに「魂のレベルが高い」状態にあります。彼はきっとそれがわからないのでしょう。

そして一つの特徴として、輪廻は同一の文化圏で繰り返されることが多いこと挙げられます。
つまり現在日本に生まれた人は、前世も日本人か、あるいは中国人、韓国人、チベット人、モンゴル人・・・・というふうに共通の文化を持つ国である可能性が高い。これは前世の記憶を持つ多くの人々の証言からの推測ではありますが。
もちろん、今、日本人でも、ヨーロッパに留学経験があるとか、海外赴任をしているとか、奥様がイギリス人であるとか、そういう場合はヨーロッパ人として生まれることもあります。ただ、海外のことを知る由もない昔の人は、次の人生も似たような文化圏を修行場所として選ぶことが多かったようです。
その意味でも、エハラが霊視した芸能人の多くが中世ヨーロッパのお姫様や騎士だったという話は不自然だと感じます。

ま、こんな感じでちょこちょこと「精神世界の常識・非常識」を書いていきたいと思います。
休みがないので不定期にはなりますけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログの書き方講座 その31 アクセスが伸び悩んでいるときの見直しポイント
第31回:アクセスが伸び悩んでいるときの見直しポイント ...続きを見る
硬式テニス好き会社員が贈る、アメブログ体...
2007/11/08 23:23
人生の半分はトラブルで、あとの半分はそれを乗り越えるためにある
La mitad de la vida es por problemas.La otra es para supelarlas.(ラ ミタッド デ ラ ビダ エス ポル プロブレマス ラ オトラ エス パラ スペラールラス) ...続きを見る
スペイン語 フレーズ集
2007/11/11 22:16
成功するためのスピリチュアルな7つの法則(その2)
「人生に奇跡をもたらす7つの法則」ディーパック・チョプラ著(PHP出版) の2回目です。 ...続きを見る
【PM戦略10ケ条】人間力・経営力がUP...
2007/11/17 15:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。私は江原さんの一ファンです。
このブログを読ませていただき、大変考えさせられました。
ただ、本当に個人的な(ふーんとしか言いようのない)発言で
恐縮なのですが、私は以前、江原さんの悩み相談を受けたことがあ
るのですが、その際に言い当てられた内容などから、江原さんの
霊能力は本物だ・・・と思うのです。
人柄に関しては私は人生経験のない20代ですから、
江原さんが人格者かどうか云々をネットで発言する資格も自信もないですが。スイレン禅師さんは、江原さんの霊能力もイカサマだとご判断なさいますか。


あや
2007/12/29 04:44
はじめまして、あやさん。
あやさんは江原さん以外の霊能者や占い師の鑑定を受けたことがあるでしょうか?
私自身、占星術を趣味としておりますが、相手の言葉遣いや服装、会話の内容などから相手の過去や家族構成、悩みなどを推測することは比較的簡単にできます。
「占星術が趣味」と公言しておりますと、様々な人(特に女性)から鑑定を依頼されることも多いのですが、こちらがほとんど推測だけで話しているにもかかわらず「どうして分かるの?」「すごいね」と感心されてしまいます(笑)。
コールドリーディングやプロファイリングなどの技術もありますしね。
映画「羊たちの沈黙」のレクター博士も一目見ただけで相手の出身地や家族構成、経歴などを言い当てていましたが、あれも超能力ではなく「プロファイリング」という技術が使われています。

番組制作者であるフジテレビやテレビ朝日も江原番組は「演出」であることを認めておりますので、あまり信じすぎるのは危険だと思いますよ。
スイレン
2007/12/29 11:11
ありがとうございました。m(__)m
言われたことは鵜呑み派の私にとって
ちょっとストップの機会をいただきました。
あや
2007/12/29 18:33
ジャータカ物語の中で釈尊は人々を導くために前世の自分を動物にたとえて語っていますが、実際は人間でしかありえません。解っておいでだとは思いますが輪廻転生は永遠性を示すものではありません。
これからもスイレン禅師氏のブログを拝見させて頂きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
7つの実
2009/01/16 19:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
本領発揮 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる