霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 占いは統計学ではない!

<<   作成日時 : 2007/01/05 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

年末年始にテレビを占拠したといっても過言ではない某占い師。あれほどまでに支持される理由がわからないんですが、まぁ、ちょっと著書を立ち読み。
最初のページからツッコミどころ満載♪
「六星占術は私が算命学と易学をもとに編み出したものです」・・・・うーん、算命学は元ネタになってるのは確かでしょうが、どの辺に易学が入ってるのかがわかりません。
で、他の著書もめくってみる。「これは算命学をもとに私が編み出したものです。」
あれー?易学が削除されてる!
その由来すら定かでない不思議な占い(笑)。

画像

さらにカズコさんの暴走は続く。
「算命学とは古代の統計学です」・・・・・ガハハハハハ。統計学?初心者ですか、あなたは?
では、統計データを示してください(笑)。
算命学に限らず、占星術などの占いは統計学ではありません。古代の聖者や賢人達のインスピレーション、またはチャネリングなどを通して開発されたものです。これは常識。ですから、もちろん統計データも存在しません。古代の賢人が家を一軒一軒回って「誕生日教えてください〜」なんてやってたらカッコ悪いですよね?
20世紀になって、西洋占星術などの一部では統計データを取ったこともありますが、それは「占星術が正しいのかどうか」を確認するために行われた作業で、占いの内容には一切使われておりません。
鏡リュウジさんは、その著書の中で「占いを統計学という人は初心者かインチキ」と述べております。
少なくともカズコさんは占いの歴史についての知識はないと思われます。
さて、占いの歴史を知らない人物が「統計学」によって開発したという六なんたら占術。どうやって開発したんでしょ?知り合いにアンケートでもとってデータ化したんでしょうか?

とまぁ、由来も内容も相当疑わしいカズコさんですが、視聴者は実際のところどの程度信じているんでしょうね?多くは「オモシロいから」とか「芸能人をこき下ろしているのを見るとスッとする」だと思いますが、占い師としてはあまりにもお粗末・・・・。
古本屋で見つけたカズコさんの昔の本にはこんなことが書いてありました。
「1999年5月に日本は沈没する」
ノストラダムスの真似?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
【 運勢は、いつもニュートラル。 by スイレン】ですよネ・・・!
初心者より
2007/01/05 17:38
え〜と、コメントが短すぎて質問なのかどうかがわかりません(笑)。
運命ってのはすべて意味と必要性があっておきます。
最近の占星術では凶座相・吉座相という言い方が改められ「イージー」「ディフィカルト」と言うようになりました。楽なのか困難なのかの違いはあっても、すべては本人の対処次第・・・つまり幸運と不運は確定しておらず、すべては「ニュートラル」ってわけです。大殺界なぞ気にせずに生きていきましょう(笑)。
スイレン
2007/01/06 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
占いは統計学ではない! 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる