テーマ:スピリット

心の栄養

連日の猛暑が続いておりますが、今年も私は「エアコンなし」で夏を乗り切っております(笑)。 エアコンなしの生活も今年で8年目ですが、慣れれば何とかなります。むしろ毎日汗をかいてますから、とても健康的な生活ですよ。 さてさて、私も「占星術研究25年・プロ生活4年目」ですから、そろそろ「講演会」なんかを始めてもいいんじゃないかな~、と思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな戦い

妻の病気は落ち着きを見せ始め、とりあえず入院の必要はなくなった。 それでも試練は続くもので、現在、私は会社内で要注意人物としてマークされている。 もともとこの会社は大震災の失業者緊急雇用対策事業として、国がつけた補助金に乗っかって作られた会社だ。 100名を越える失業者を雇用して国から多額の補助金を受け取っている。もちろん、この点…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

山口敏太郎さんのこと

ようやく忙しいのが過ぎかけておりまして、明日から嫁とちょっと遊びに行ってきます。 さて、社民党が連立離脱!裏で日本赤軍を支援しているテロ政党が、ようやく政権与党から退いてくれました。よかったよかった。それにしても、辻元清美が国土交通副大臣を辞任して去るときに、涙を流したのには驚きました。つーか呆れました。去年、任命された時に「やだやだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

光と影を抱きしめて

ふぅ、なんとか睡眠時間を確保できる生活に戻りました。 で、久しぶりに精神世界の大御所(笑)山川コーヤ先生の最近の動向を調べる。ついに支持率が2割を切った鳩山総理ですが、コーヤ先生はなんと、「鳩山幸を応援する会」を継続しているようです。さすが妄想老人!妄想の世界の天使から「鳩山夫妻は世界を変える人」とのお告げを受けたことを未だに信じてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗脳されている総理

支持率が下がる一方の鳩山総理だが、なぜか普天間問題に関しては強気で、未だに「5月末までに決着させる」と言い続けている。何か勝算があるのかと思いきや、民主党議員の話では、何も具体的な計画はないし、徳之島がダメだったらどうしようもないらしい。 「職を賭す」とまで言い切る鳩山総理の根拠のない自信はいったいどこから来るのだろうか? 実際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声が聞こえる?

嫁が言うのには、ワシの良いところは「信じすぎないところ」だそうな。 確かに、宗教や瞑想、占星術など、非常に怪しく、なおかつ詐欺師の多い世界を趣味にしながら、今のところ被害にあっていないのは生来の疑り深い性格のおかげだと思う。 精神世界には「子供のように素直に信じなさい」とか「疑う人間よりも信じる人間の方が犯す過ちは少ない」などという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選民思想を叩け!

安倍晋三が総理大臣だったころ、ネットでは妙な言葉遊びが流行った。 安倍総理の掲げるスローガン「美しい国」は逆から読むと「憎いし苦痛」だと言うのだ。これはきっと何かの暗示に違いないと左翼系・スピリチュアル系が騒ぎ出した。しかし・・・こんなものバカバカしいですね。 これはアナグラムという言葉遊びで文字を並べ替えることで全く違う意味を作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山川夫妻には我慢ならん!

精神世界系でもっとも有名な翻訳家が山川紘矢・亜希子夫妻。 シャーリー・マクレーンの「アウト・オン・ア・リム」の翻訳で一躍有名になり、「前世療法」「聖なる予言」など、海外の精神世界系で有名な本の翻訳を手がける。 実際、精神世界系を趣味にしていると、この夫婦の翻訳本を読む機会は多い。 だが、訳は下手だ。読みにくい。直訳が多く、文章にリ…
トラックバック:2
コメント:13

続きを読むread more

心の鏡

お久しぶりです。スイレンです。 大事な仕事があって関西に行っておりましたが、なかなか苦労しました。 高速バスを使ったのですけど、後ろの席に酔っ払いの夫婦が座って酒盛りを始めたのです!わめくわ、騒ぐわ、暴れるわ・・・2度ほど注意したのですが酔っていて言語を理解できないのか効果なし。高速バスってのは大抵の人は寝ているのですが、公共心のカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畜産と養殖

アメリカでのトヨタ叩きに、オーストラリアの捕鯨反対運動、クロマグロの規制、イルカ漁を批判した映画がアカデミー賞・・・・などなど、なんだか最近、世界中で日本バッシングが巻き起こっておりますな。 「友愛教」の教祖のハトヤマさんが首相になってから、日本は舐められっぱなし。 普天間問題でも3月になっても「ゼロベース」を言い続けていますが、み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震と予言

ハイチに続き、チリでも大地震! ここ数年で、四川大地震、スマトラ沖地震などなど、とてつもない被害を出す地震が多いように思う。 こういう時代だからこそ、人々の不安をあおってビジネスにしようとする輩も現れる。 ジュセリーノという自称予言者がそれだ。彼は予知夢によって未来の災害や事件を予知できると主張する。 だったら、これほどの被害を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい人は怖い

「私は正しい」「私は絶対に間違っていない」・・・・こういうふうに主張する人をワシは危険だと思う。 この世界に「絶対に」正しいものなどはなく、いつだって相対的なものだ。ワシの正義は、他の誰かにとって悪だったり、ただの迷惑だったりするかもしれない。それぞれの立場、状況、思想などによって「正しさ」ってのは変わる。 「絶対」という言葉を冠す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワースポット?

今朝のズームインで「パワースポット」としてハワイが紹介されていた。日本人女性にパワースポットがブームらしい。 ワシは精神世界系の人間だが、どうにもこのパワースポットとやらは信じられない。ブームが女性たちのあいだだけってのも気になる。エハラの信者のほとんどが女性なのとも関係があるのではないだろうか? もともとパワースポットの「パワー」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己統合

ワシの知り合いに、ちょっと独特の話し方をする人物がいる。 「私はこう思う。でも違うだろうなぁ」「これをやってみたい。でも無理かな?」「旅行したい。でも時間がない」「仕事をやめたい。でも、もうちょい頑張ってみようか・・・」 必ず肯定と否定をワンセットにして話す人物で、「ま、どうでもいいや」「すまなかったね。つまんない話をして・・・」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーナム効果

今年も今日で終わりです。 前半の物価の高騰、後半の経済の失速・・・・なんだか無茶苦茶な一年でしたね。 さて、無茶苦茶と言えば、最近テレビコマーシャルでバンバン宣伝されている「自分の説明書」シリーズ。 いわゆる血液型性格診断本です。このブログでも何度も指摘していますが、血液型性格診断は統計学だと言われていますが、すでに大規模な統計学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

無神論じゃないってば!

今年ももうすぐ終わりますね。 それにしても、今年も猛威を振るった「振り込め詐欺」。あれほどテレビや新聞等で注意を促されていながら、騙される人は後を絶たない。ヒドイ人になると、ATMの前で、銀行員に一時間も説得されたのに振込みを強行し、そしてやっぱり騙されちゃったお年寄りもいます。 なぜ人はこうも騙されるのか? 江原のような、騙しの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関心と運命

この世のすべての現象を構成しているのは、原子を構成する素粒子です。 この世で起きることのすべてが、素粒子によって創り上げられていることは物理学によって証明されています。 この素粒子には、非常に不思議な性質があって、「観察された瞬間にしか存在しない」んです。 これは非常に重要な点です。 量子場を見ていると、素粒子(の痕跡)がちらり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性とモラルとゴーストライター

飯島愛が亡くなった。 現時点ではまだ死因が分からないが、死後数日たつまで発見されなかったらしく、スポーツ紙には「孤独死」「変死」などの文字が書かれている。 仏教の伝統では、どのような人物であれ、「死ねば仏」。過去にどんなことがあった人であろうと、死んだ人間を批判するのは日本人の感性にはそぐわない。 ただ、彼女の死をきっかけにして、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「うつ病」と生き方

「うつ病」になるような人は「弱い」のでしょうか? ワシにはそうは思えない。 うつ病にかかりやすいのは「真面目で繊細、責任感が強く、妥協せずに真っ直ぐに生きようとするタイプ」だと言われています。 何か納得できないような事態に直面したとき、「どうでもいいや」とか「私は悪くない」なんて言う人はうつ病にはならない。真面目なタイプほど「何か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コントロールドラマ

ワシの嫁が今月いっぱいで職場を退職する。 まぁ、理由はいろいろあるのだが、一番大きかったのは「職場イジメ」であろうか。 年上の先輩からネチネチとした注意、イヤミなどが続いたらしい。こんなこと気にしないタイプの人間もいるだろうが、残念ながらワシの嫁は心にダメージを受けるタイプだった。 嫌な奴はどこの職場にもいるし、イチイチ気にしてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「根拠のない自信」こそが正しい

世界の偉人たちってのは自信に満ち溢れている。 若い頃から「発明家になる」「宇宙飛行士になる」「ダンサーになる」「政治家になる」なんて決めていて、まわりに公言している場合も多い。 なぜ彼らはそんなに自信があったのか? ・・・・・本当に自信があったんでしょうかね? 何の実績も、将来の見通しもないんだから、普通に考えたら、自信なんてあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに地上波ニュースに

今までエハラの批判記事は週刊文春ぐらいでしかお目にかからなかったが、ついに本日、一斉に夕刊紙・地上波ニュースでエハラとフジテレビが行ったヤラセ番組についての報道がなされた。 民放とNHKでつくる「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会は2008年1月21日、フジテレビの番組内で「スピリチュアル・カウンセラー」江原啓之さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進歩のない言い訳

「週刊文春は私のことを批判していますが、文藝春秋の創始者:菊地寛の霊はそれをどう思っているか、今度聞いてみようと思います」 これは先日、週刊文春のバッシングに対してエハラが語った言葉。 情けねぇ。なんだこの負け犬の捨てゼリフみたいな発言は? ・・・・でも、このセリフはどこかで聞いたような気がする。 今から十数年前、写…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

悪魔の証明

「悪魔の証明」という言葉があります。 これは「ある」ことを証明することに比べて、「ない」ことを証明するのは難しいことを表す表現です。 つまり「日本にオオカミはいる」ことを証明する場合、オオカミを一匹捕まえることによって可能となります。しかし、「日本にオオカミはいない」ことを証明する場合、日本全土を綿密に調査する必要があり、しかも「見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キレまくる霊能者

エハラが世間からのバッシングに耐えかねたのか反撃本「本音発言」を出版した。 エハラを信じていない男性記者との対談形式になっているが、ただ感情的にキレまくってるだけで記者の質問にマトモに答えていないのが現状。すっかり追い詰められてますねエハラさん♪ あの本を読んでまだエハラを信じられる人がいるとするなら相当重症と言えるでしょうね。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

敵の敵は味方?

オカルト批判の急先鋒として有名な大槻義彦教授が「江原啓之批判」の本を出版するため現在資料集めをしているそうです(本人が言ってるので間違いないでしょう)。 大槻教授と言えば、どんな超常現象も頭ごなしに否定し、「あるわけがない」「バカバカしい」と決め付け、説明がつかない現象は「プラズマだ」と断言するプラズマ真理教の教祖様なので、ワシのよう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

エハラに対する海外の反応

エハラや常々、イギリスに留学してスピリチュアルを学んだことを自慢にしているが、さて当のイギリスでスピリチュアルはどう評価されているのでしょう? 実はエハラが学んだ英国スピリチュアリスト協会はイギリス国内でもほとんど知られていない団体で会員は2000人以下だと言う。エハラも雑誌の取材の中で「非常にマイナーな団体である」と語っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついにエハラも終わりか?

週刊文春にエハラとフジテレビのヤラセ発覚についての記事。 かなり長い文章ですが、非常に重要な内容なので頑張って読んでみてください。 今年フジテレビの27時間テレビ内で行われた「ハッピー筋斗雲」。孫悟空に扮した香取慎吾とゲストが「ハッピーサプライズ」を仕掛けて一般人を喜ばせるというもので、そのうちのひとつが江原啓之の“素人スピリチ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

自己実現性予言

ブログの更新をすっかり忘れとった。この9ヶ月のワシの忙しさは異常! 休みなく働いているのでそれなりに稼いでいるのだが、仕事のために土地購入!仕事のために車を購入!仕事のために機械を購入!・・・・ってわけでお金は右から左へ流れていくだけなのである(笑)。 でも、これも自分で望んで始めた仕事。「私の会社は人に優しくないの、うふっ♪」みた…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパのお姫様

ワシも長いこと精神世界に関わっているが、エドガー・ケイシーやブライアン・ワイスによる前世リーディング(あるいは退行催眠)において、自分の前世の名前、職業、生年月日、生い立ちなどはかなり正確に再現することができる。 特に前世が近い時代の場合、実際にその名前の人物がいたのかどうか、死因は正しいのかなどの検証も行われている。 ところが…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more