テーマ:宗教

詐欺の系譜

浅野信の主催するARIという団体について引き続き調べてみた。 パーソナルリーディングと称する個別相談は、なんと45分で4万7千円!なんだよ、高ーな、おい! 前世リーディングは3万9千円。ちなみに前世での氏名・性別、他の惑星での滞在、霊界でのこれまでの経過について、オプションで別料金となる。 ぼろ儲けだねぇ。確認不能の怪しげな内容を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チベットの国旗

かなり久しぶりの更新です。 あまりにも更新しないのでブログ止めちゃったと思った人もいるかと思います。本当に忙しかったんですよー(泣)。 愚痴になりそうなので詳しい話は止めておきますけどね。 忙しい合間を縫って嫁と、とある美術館に行ってきました。 その中に、世界中の国旗を色のついた砂で描いた作品がありました。 砂で絵を描く手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

性のモラル

昨日の記事のコメント欄に「医学的には膣内の酸性濃度が・・・・」という文章を書いたのだが、それを読んだ嫁が「うわぁぁぁ、なんて生々しい文章を!いや~、いや~」と大騒ぎした。 医学知識として普通に書いただけなので、それをイヤラシイ解釈されるとワシとしても困る。「セックス・アンド・ザ・シティ」のファンだと公言する嫁が、この程度で騒ぐとは意外…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

熱中症

熱中症でぶっ倒れてしまったスイレンです。 疲労の蓄積+寝不足+暑さ、によって頭痛とめまい。今日は午後から寝ておりました。 うーむ、寝ているあいだに誰かが仕事してくれるわけではないので、「休み=遅れ」が自営業の辛いところです。 ちょっと病み上がりなので、軽い世間話でもしましょうか。 サッカーワールドカップが盛り上がっております…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

餃子の歩兵

数日前に、テレビで「餃子の王将」の新人研修を特集しておりました。 みんなの前で大声を出させる、8秒以内で社訓を大声で読ませるなど、「自己啓発セミナー」などでよく行われているスパルタ式の研修でした。 宗教に詳しい人ならすぐに気がつきますが、これって「洗脳」の技術ですよね? 洗脳にもいろいろな手法がありますが、最も短期間に洗脳できるの…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

創○学会はカルトなの?

ワシの親戚筋にも何人かソーカガッカイの信者がいる。嫁から「ソーカって危ない団体なの?」と質問を受けたので、今後の親戚づきあいの参考のためにも、ここで検証してみたいと思う。 実際のところ、ソーカガッカイの会員数ははっきりしていない。学者によって400万人と言う人もいれば2000万人と言う人もいる。だが、去年の衆議院選挙での公明党の大敗を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無駄に豪華な映画

さっき、とある映画宣伝のCMを見て度肝を抜かれた。 「仏陀再誕」! うわー、どこのド素人がこんな馬鹿なタイトルつけたんだろ?と思ったらやはり幸福の○学か。 ワシのブログで何度も何度も書いてるが、仏陀は生まれ変わりません。 つーか、この世との未練を完全に断ち、輪廻の鎖を断ち切った人のことを仏陀と呼ぶんです。再誕しない人を指してわざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァチカンの悲しみ

ようやく時間が空いたので、数ヶ月ぶりに映画を見に行った。 『天使と悪魔』 ダ・ヴィンチ・コードの続編であるこの作品は、結構難しい宗教用語がたくさん出てくる。宗教と歴史に詳しいワシが何とかついていけるレベルなのだから、一般の方にはチンプンカンプンだったかもしれない。 ま、詳しい内容は書かないでおくが、ヴァチカン内部でのスキャンダルや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒法師

最近更新が少ないのは、仕事が忙しいのと、本を読んでいるからです。 今、熱心に読んでいるのが佐々井秀嶺という坊さんの半生を書いた「破天」という本。 佐々井氏については「世界ふしぎ発見」という番組で特集されたこともありますから、知っている人も多いかと思います。 佐々井氏は現在、インドで仏教復興運動に携わっており、驚くべきことにその信者…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菜食主義

ワシは肉が好きだ。特に「なか卯」のカツカレーは絶品だと思う。 しかしながら、世界の「聖者」と言われる人々は、例外なく菜食主義である。 他にもヨガのインストラクターや、スピリチュアル系の人には菜食主義が多い。 日本ではスピリチュアル・カウンセラーと名乗っている巨漢が焼肉好きなのは有名であるが、ま、いろいろ経歴なども詐称しているようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信じるべきものは

仕事が忙しくなってきたので更新するのが大変です。 ま、100年に一度の大不況の中、忙しいのはありがたいことか。 さて・・・・ワシは仏教徒ですが、特定の宗派には属しておりません。 人から「どの宗派がいいですか?」と聞かれることがたびたびあるんですが、占星学に興味のある人だったら「真言宗(密教)なんていいんじゃないですか?」と答えるし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の力で

ワシは仏教徒だが、若い頃にはキリスト教にも興味を持っていて、ごく短期間だが教会に通っていたこともある。 キリスト教には好意を持ってさえいるのだが、その教えの根本部分において納得できない部分があった。 それが「イエスは人類の罪を背負って十字架に磔になった」というもの。 いわゆる贖罪という考え方だ。 長年仏教に関わっていたワシには、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

因果律の問題

精神世界系の本には「念ずれば花開く」とか「心からの願いはすべて実現する」とか「イメージできればすべて想いのまま」のようなことが書かれています。 まさかそれを鵜呑みにするおバカさんはいないと思いますが(笑)、L&Gの「減らないお金」に騙される人が5万人もいる国でですから、もしかしたら信じちゃってる人もいるかもしれませんね。 仏教では「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぜーんぜん

高橋伴明監督作品『禅 ZEN』という映画を観てまいりました。 曹洞宗の開祖である道元禅師の生涯を描いた作品だが、ワシは観る前から不安だった。 国家の宗教として認められた天台宗を率いた最澄、日本に密教をもたらし天皇とも深い友情で結びついていた天才・空海、当時のシキタリを破り大恋愛の末、結婚した浄土真宗の開祖・親鸞・・・・そういった他宗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晴明と占星術

京都には、あの有名な陰陽師・安倍晴明を奉った安倍晴明神社がある。 ワシと同じように占星術に興味を持っている嫁が「晴明神社で占ってもらいたい」と言うので、市バスに乗って現地へと向かった。 小さな神社だったが、数年前に陰陽師を題材にした映画やドラマが放送されたこともあって、とてもキレイで儲かっているようだった(笑)。 境内の脇に占いを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただ、ありがとう

最近、「MONKEY MAJIK」の「ただ、ありがとう」という曲を聴く機会があった。 ワシはこのグループの曲は一度も聴いたことがなくて、何の予備知識もなかったのだが・・・・泣けた。なんだかよくワカランがとにかく泣けた。 ただありがとうを 伝えたくて ただ キミの笑顔を 見たくて もう振り向かないよ 瞳の先へ いま 幸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「偶然ですか~?」「必然でーす」(笑)

インチキ霊能師エハラの壊れ具合が加速している。 http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080830/Cyzo_200808_post_898.html 8月26日、東京・一ツ橋で女性セブン主催の「江原啓之さん公開質問会」が行われた。読者が抱える悩みについて、江原氏が講演会形式で回答…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キリスト教と輪廻転生

さて「正しい」スピリチュアル講座の第2回。 キリスト教はなぜ転生説を否定するのか?について。 現在、世界で輪廻を認めている主な宗教はヒンズー教と仏教。逆に強固に否定しているのはキリスト教とイスラム教です。 ところが初期のキリスト教界において輪廻転生が認められていた歴史的事実があります。 もともとイエスと師匠の洗礼者ヨハネは輪廻転…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コワクナイヨーって怖いわっ!

美輪明弘さんの新刊「霊ナァンテコワクナイヨー」をちょっと立ち読み。 全体的にはイイコト書いてますよ。道徳とか生き方の本としては素晴らしいですが、やっぱり彼は前世とか霊は見えていないんだろうなぁ、というのが実感。 一部抜粋しながら疑問をぶつけてみましょう。   試練に耐えられなくて、中途退学するのを自殺、無事卒業した人は自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美輪さん・・・大丈夫か?

いつもお世話になっているライブドアの「独女通信」にまたしてもオモシロい記事。 http://news.livedoor.com/article/detail/3333949/ 美輪明宏さんの写真をケータイの待ち受け画面にすると願いが叶うんだそうだ(笑)。 このネタは「呪術」に詳しいワシにはツッコミがいのある記事。 まずはやは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

音楽と宗教問題

先日、人気デュオ「Def Tech」が解散を発表した。 ワシはこの二人が結構好きだったので残念です。 しかし、ちっちゃいほうのmicroの言動は普段から違和感を感じていました。 「グラミー賞を狙う」「大勝利」「人生の師匠に感謝したい」 ・・・あれあれあれ?どっかで聞いたようなフレーズばかり。 調べてみるとやはりmicroは創価…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

執着しなければ

ワシは最近、エハラ氏の金儲け主義を批判したが、別に金儲けは悪ではない。 人間は労働に見合った対価を受け取る権利がある。「誇りの報酬」ってやつです。 金儲けが悪いのではなく、「ホスピス建設のため」という嘘や、悩んでいる人の弱みに付け込んで高額な相談料を要求したり、他人の本を書き写して印税稼いでいる態度が悪いって事。 宗教界では金銭は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚染されている公共電波

J-CASTニュースにこんな記事。 「ところで最近、お参りをする時に音をたてないで拍手をする女性を時々見かける。どうも去年の年末にテレビで某占い師が『女性は拍手の音をたてないもの・・・』というようなことをしゃべったようなのである。これは大きな間違いである。音をたてない拍手は”忍び手”といって、葬儀の際の作法なのだ」 この「某占い…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

浮気は許すべきか?

「浮気は男の甲斐性」 ・・・・自己コントロールができない男が口にしそうな言い訳ですね。 ワシはまだ結婚しておりませんが、彼女に対して「浮気はしない」と宣言しております。 「バレなければ浮気してもいいわよ♪」なんて言って「私は理解のある女」を演じたがる女性をたまに見かけますがアホじゃねーかと思います。 結婚していない男女の場合は浮…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

他人を「バカ」と言う人は地獄に落ちる?

キリスト教に詳しい人から聞いた話だが、他人を「バカ者」と呼ぶ人は非常に大きい罪を犯しているのであり、その罪は地獄に落ちるほど重いのだそうだ。 そんな~!その程度のことで地獄に落とされたんじゃたまらない~・・・と思ったのだが、理由を聞いて少し納得。 「バカ」はギリシャ語で「モロス」・・・この言葉には「神と折り合いの悪い人」という意味が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝利、勝利って・・・

ソーカガッカイのことをみんなはどう思ってんでしょう? やたらと「大勝利」って言葉を連発する不気味な集団ですが、こっちに迷惑かけない範囲なら信教の自由ですから勝手にやってほしいんですけど、実際は迷惑なんです。 親戚の中で誰かガッカイに入信したりすると、「お墓を移したい」なんて言い出したりして兄弟同士の骨肉の争いに発展します。ウチもそう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生まれ変わる高僧たち

輪廻思想が生活に根付いている国といえばチベットだろう(現在は中国の占領下にあるが)。 国家元首のダライ・ラマや、高僧パンチェン・ラマなどは先代の生まれ変わりであると考えられている。 ちなみにダライ・ラマとは正確には役職名であり、名前ではない。ダライ・ラマ14世にはテンジン・ギャツォという本名がある。 ダライ・ラマが先代の生まれ変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真実を見抜く目

人間は結構騙されやすい生き物です。 「私は騙されたりしません」という人に限って、甘い言葉に簡単に騙されます。 たとえばオウム真理教の信者や、経済革命倶楽部(ねずみ講の会社)の会員、ものみの塔の信者たちだって、マスコミの取材にたいして「私は騙されていません」と言ってましたよ? 騙されている自覚するらなくなることを「洗脳」と言います。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

奇跡の価値は

人ってのは無意識のうちに「自分のすべてをゆだねられる何か」を求めています。 師を求めていると言い換えてもいいかもしれません。 でも、何か奇跡を起こしたとか、超常的なことをできるからといって、それだけでその人が師にふさわしい人物とは限りません。 空を飛ぼうが、前世が見えようが、過去を言い当てようが、それとこれとは別問題です。 「人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

何のために信じるのか?

地下鉄サリン事件の起きる数年前、あるアメリカ人修行者がオウム真理教の道場に出かけたときの話です。 この話を通して「霊性とは何か?」「何のために瞑想するのか?」について考えて欲しいと思います。 1990年ごろ、アメリカ人の瞑想修行者が当時テレビで話題になっていたオウム真理教の道場に対談のため訪れました。 そこで3人の出家信者が出迎え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more