よだかの星

あづ~いぃぃぃ~(笑)。 今年も「エアコンなし」の家で過ごしているスイレンです。 この8年、別にエアコンなしでも不都合を感じたことはないのですが、さすがにここ数日の猛暑は「落ち着いて仕事ができないレベル」になっていますね(笑)。 頭がぼーっとするので話がまとまらず、後から読み返してみると「何が言いたいんだ?」みたいな文章になってい…
コメント:1

続きを読むread more

かま猫からのメッセージ

「続きを書く」と言いながら延び延びになっていましたが、今日は「宮沢賢治」の話の続きをやりますね。 「自分と非常によく似たホロスコープを持った歴史上の偉人」だということに気がついた私は、居ても立ってもいられず、10日ほど前さっそく岩手県花巻市にある「宮沢賢治記念館」を訪れたのです。 彼こそは、ずっと探し求めてきた私の「アーキタイプ(理…
コメント:10

続きを読むread more

スイレン、半日寝込む

妻が「少しでもスイレンさんの偏見がなくなるように・・」と二冊の漫画を買ってきてくれました。 『こころを病んで精神科病院に入院していました』という本と、『精神科ナースになったわけ』の二冊です。 妻としても、「普段自分がどんな人達と職場で接しているのか」を知ってほしいという願いもあったのかもしれません。 漫画なら軽い気持ちで読めそ…
コメント:1

続きを読むread more

世界を救うネットワーク

「京アニ放火事件」にショックを受けて仕事が手につかなくなった私は、いつもお世話になっているヒプノセラピストの宮本先生に自分の怒りをぶちまけました。 たまたま昨日は月に一度のヒプノセラピー講習会の日でしたし、宮本先生は「刑務所を出所した人の自立支援組織」のコンサルタント業務も請け負っている方です。 報道によれば、放火犯は過去に「コンビ…
コメント:5

続きを読むread more

サイマティックスキャン

宮沢賢治の話の続きを書きたかったのですが、「京都アニメーション」の放火事件にあまりにもショックを受けたたため、今回はそちらの話をしますね。 33人もの人間が亡くなり、重軽傷者も30人以上という稀に見る「テロ事件」が起きたんですが、未だに犯人の名前は発表されず、その動機が分からない状態なので、あまりにもイライラして今日は仕事が手につきま…
コメント:6

続きを読むread more

宮沢賢治と私

20年ぐらい前から、私はたびたび「スイレンさんって、宮沢賢治に似ていますよね」と言われてきました。 はぁ~?何で?農業やっているから?それとも、天文学に詳しいから?あるいは宗教・哲学にめちゃめちゃ詳しいからですかね? 確かに宮沢賢治とはシンパシーを感じる部分はありますが、私自身は「児童文学」にはほとんど興味がありませんでしたし、宮沢…
コメント:5

続きを読むread more

副業のススメ

ぷあぁ~~忙しい(笑)。 今の時期の農家は、草刈り、追肥(追加の肥料をまく)、溝切り(田んぼの中に溝を掘って排水を良くする作業)などの力仕事が多く、体力的にも大変です。 私はその合間に占星術鑑定の仕事をがっつり入れているので、労働時間は「ブラック企業並」の12時間を越えています。つーか、完全に「一人ブラック企業」ですな(苦笑)。 …
コメント:1

続きを読むread more

大規模メンテナンスの結果

今朝ブログを見に来たら、知らないうちにウェブリブログの画面表示がすっかり変わっていました。 別に私が何かやったわけではないですよ(笑)。 そう言えば、昨日BIGLOBEから「大規模メンテナンスを行っています」ってメールが来てたっけ。 メンテナンスするのは構わないんですが、ブログの操作方法が全く変わっている上に、使えなくなってしまっ…
コメント:3

続きを読むread more

魔性の猫

2月にブログを休止する前に「保護猫のサラちゃん」の話をしていましたが、「その後、どうなりました?」というメールをいただいたので、ご報告しておきましょう。 去年の暮れにうちの玄関前に2日間居座っていたキジトラ柄のメス猫を保護して飼っていました。人なつっこく、比較的飼いやすい猫だったんですが、今年の一月になって「発情」。 毎晩トランペッ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

完璧という名の幻想

書きたいことが一杯あるんですが、なかなか時間が確保できません。農業も鑑定も、ホントに忙しーんだわ。 今まで16年間ブログをやっているのですが、一度も「ネタ切れ」を感じたことはなく、書いていない時期は単純に「忙しい」だけなので、更新がない場合は察してください(笑)。 先日、「心の棚卸し」と称して、自分の「恥ずかし~い過去」を暴露してか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

正解なき世界

先日のブログで、「重度の引きこもりや精神疾患の子供を抱える親は、外部に助けを求めるのが唯一の解決策だ」と書いたのですが、いろいろ調べているうちに、「そんな簡単な話ではない」と感じるようになってきました。 私は「占星術師」ですし、妻は「精神保健福祉士」ですから、一般の人に比べて「深刻な悩みを抱えた人」と接する機会はかなり多いと夫婦だと思…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

課題の分離

占星術鑑定を再開して1週間ほどになりますが、現在リピーター枠と総合鑑定枠を合わせると「受付待ち」が20名以上に達していて予想以上の大盛況です。 昔はとにかく「人数をこなす」ことに必死だったのですが、最近は「一人ひとりとじっくり語り合う」のを大事にしているので、なかなか件数が進みません。お待ちの方には大変申し訳ないのですが、もうちょっと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魂の半身

先日、アドラー心理学についてご紹介しましたが、別に私はアドラーの信奉者ではありません。 それどころか「運命の異性などこの世に存在しない」という彼の説には激しく反発しています(笑)。 ただ、彼の意見は非常に鋭く心に突き刺さってくるので、学ぶ価値は充分にありますよ。 アドラー自身は妻に「ベタ惚れ」で、晩年になっても「彼女ほど私と気が合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛する人生を選べ

人間にとって大切なのは「メンターを持つこと」だとされています。メンターは「指導者」「助言者」などと訳されますが、もっと広い意味で言うと「人生の目標となる人」を指します。 ユングにとってはフロイトがそうだったと言えるでしょうね。 当時20代前半だった私にとって「サティア・サイババ」と「ダライ・ラマ14世」がメンターだったわけですが、個…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

聖なるオッサン

元事務次官による息子刺殺事件に関して、当初は引きこもりの上に、家庭内暴力の傾向があった息子を殺した父親に対して同情的な意見が世間の大勢を占めていました。しかし、ここに来て「他にも方法があったのではないか?」という意見が盛り返してきました。世の中、まだまだ捨てたもんじゃありませんね。 「今度暴力を振るわれたら殺すしかないと思った」とか「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転機

季節はずれの風邪をひいてしまいました。やはり自分の過去の「心の傷」に塩を塗りこむような執筆は、自分が思っている以上にストレスになるっぽいです(笑)。恥ずかし過ぎて、穴があったら入りたいっ! でも、始めた以上は最後まで続けましょう。 実家で「専業農家」として再スタートした21歳の私でしたが、相変わらず自己評価は低いままで「自分のような…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

甘えと勇気

結論から言うと、私のうつ病は17歳~21歳まで続き、約4年で完治(寛解)したんですが、この年齢はちょうど「進学・就職時期」に当たるため、この期間中の「うつ病」「引きこもり」は日本社会においては大いに不利になることがあります。これが現在の「中高年の引きこもり」や「8050問題」の根本原因にもなっているんですね。 小学生を襲った後に自殺し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暗闇の中で

「恥の意識」が強い私は、自分の過去を語るのがとても苦手なのですが、いつもお世話になっているヒプノセラピストの宮本先生から「スイレンさんは心の棚卸しが必要ですね」と言われているので、がんばって自分の過去と向き合ってみましょう。 それでは昨日の続きから。 大学受験に失敗・・・・と言うか、ほとんど白紙の答案を提出するほど「うつ病」が悪化し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

絶望の果てに光を求めて

みなさん、お久しぶりです。スイレンでございます。 4ヶ月ぶりの更新となりますが、この4ヶ月間は「無休・短時間睡眠・一時休憩すらしない」という永平寺の修行僧並みの生活をしていましたので、本当にブログを書く暇がありませんでした。ココナラのダイレクトメッセージやブログのコメント欄、メールなどで連絡を下さった方に返信できなかったことをお詫びい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

全力で生きてる?

現在、仕事の都合でココナラの鑑定を全面休止しています。 3月に一時的に再開しますが、その時は「リピーター専用枠」を優先して開けますので、新規の方のご依頼はしばらくお受けできないと思います。「なかなか買えない」というのも、スイレン先生の鑑定の付加価値でもあるんですよ(笑)。 さて、最近のニュースで非常に気になっているのが千葉県野田市で…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more