ファクトフルネス

朝から晩までず~っと「コロナウイルス」の話題がテレビで垂れ流され続けていますね。 私はあまりテレビを見ないのでそれほど影響されてはいませんが、実家の両親(70代後半)は、テレビがほぼ唯一の情報源ですから、完全に「マスコミに洗脳されてパニクッている状態」です。 これでは老人達が危機感を持ってトイレットペーパーの買いだめに走るのは仕方が…
コメント:0

続きを読むread more

千年王国

私が農業に熱中している間に、世界中で「コロナウイルスパニック」が起きているようですね。 こういう社会不安が拡大している時こそ、私のような「占星術師」が積極的に活躍するべきタイミングなのですし、実際、ノストラダムスが活動していた時代も「ペストの蔓延」「カトリックとプロテスタントの対立」などでヨーロッパ全土が混乱していた時期に当たります。…
コメント:2

続きを読むread more

恐怖の大王

農業関係の仕事が忙し過ぎて、占星術鑑定依頼が引き受けきれない状況になっていますが、前回お約束したとおり、「ノストラダムス予言の占星術的解釈」を進めて行きたいと思います。 ノストラダムスは「世界で最も有名な占星術師のひとり」ですが、日本での彼の評判は「最悪」と言っていいでしょう(苦笑)。 その理由が「オウム真理教事件」ですね。 …
コメント:0

続きを読むread more

奇跡の医者

連日、日本で新型コロナウイルスの感染者数が増加していますね。こうなると、すでに日本国内において「ウイルスが蔓延している」と見るのが正しい判断だと思います。 人類の歴史において、短期間に多くの人の命を爆発的に奪うような悲劇を引き起こしたのは、実は核兵器はなく「疫病」です。疫病こそが「人類最大にして共通の敵」なんですね。 主なモノを…
コメント:0

続きを読むread more

日本の音楽界

新型コロナウイルスの発症がひとりも確認されていない宮城県でさえ「マスクがロクに売っていない」という状況になっています。 社会全体が集団ヒステリー気味なのか、それとも転売屋が買い占めているせいなのかは分かりませんが、花粉症の私としてはちょっと困った事態と言えますね(苦笑)。 ただし、ドラッグストアは全滅でしたが、スーパーに行くと「…
コメント:0

続きを読むread more

恒例の長期休暇に入ります

毎年の恒例行事ですが、いよいよ令和二年度の農業が始まる時期に入りますので、2月8日頃を目途にココナラの「鑑定受付」を全面的に停止する予定です。「ひとり社長」なんで結構大変なんですよ(笑)。 一ヶ月ほど休んで3月に中旬に一時的に鑑定を再開するつもりですが、去年もそう言いながら「4ヶ月間連続休止」した前科がありますので、残念ながら断言はで…
コメント:0

続きを読むread more

占星術と哲学

新型コロナウイルスの感染者が、毎日数千人規模で増加しています。 これが「山羊座への天体集中」によるものかどうかは分かりませんが、各国が中国人の入国制限を強化する中、中国経済に深刻なダメージが出始めていますね。実は、山羊座こそが「現実社会」を象徴する星座なのです。 山羊座への天体集中は、何年も前から占星術師の間では話題になっており…
コメント:1

続きを読むread more

星の影響力

「新型肺炎」がとんでもない勢いで広がっておりますなぁ・・・。 病気拡散のスピードは「SARS(重症急性呼吸器症候群)」の時よりも早く、最終的にどこまで患者数が増えるのか想像もつきません。 この事件は「現在の天体配置と何か関係があるのだろうか?」と考えてしまうのは、占星術師のサガですな(笑)。 実は、古代から「疫病」と「星の動き…
コメント:0

続きを読むread more

不倫の黄金パターン

親知らずを抜歯した右下の頬は、すっかり青アザになっており、未だに痛みがあります。 「全くの知識なし」の状態で抜歯に臨んだのですが、終わってから改めてネットで調べて見ると、親知らずの抜歯は「平均30分」ぐらいだそうなので、私の「2時間」がいかに難しい抜歯だったのかが分かりますね。 抜歯後の回復日数と「手術時間」は比例するそうなので、私…
コメント:2

続きを読むread more

こぶ取りスイレン

忙し過ぎて、ブログを書く時間がしばらく取れませんでした。 ココナラの鑑定枠をなかなか開けないので「サボってる」と思ってる人もいるかもしれませんが、今はメールによる「直接取引」のほうの依頼件数が多いので、そちらの対応で手一杯になってるんですね。 お待ちいただいている方には本当に申し訳ないのですが、スイレン先生はちゃんと毎日「世のため人…
コメント:4

続きを読むread more

神様からいただいた名前

去年から私の中で始まった「宮沢賢治ブーム」は未だに続いており、先日は宮沢賢治の足跡をたどって岩手県盛岡市まで行って来ました。 宮沢賢治は岩手県花巻市の生まれですが、盛岡高等農林学校(現在の岩手大学)に通っていた関係上、盛岡市内にもその足跡が多く残っているのですね。 賢治は同じ岩手の歌人であった石川啄木に強い影響を受けていたようで…
コメント:0

続きを読むread more

世紀の逃亡劇

正月に風邪をひいて寝込んでしまったため、予定よりも遅くなりましたが、ココナラでの鑑定を再開しました。 お急ぎの方はメールによる「直接取引」を利用してもらっても構いませんので、よろしくお願いいたします。 さて・・・世間は「ゴーン逃亡」の話題で持ち切りですね(笑)。 検察も弁護団も「寝耳に水」の事態で驚いておられるようですが、…
コメント:0

続きを読むread more

愛と冒険

本日、12月29日をもって、今年の「鑑定依頼受付」を終了いたしました。 来年1月5日頃に受付を再開する予定ですが、お正月に暇過ぎて寂しくなったらそれよりも早く時期に再開するかもしれません(笑)。 今年一年、途中で一度も依頼が途切れることなく、常に「満員御礼状態」で活動できたのは、本当に皆さんのおかげです。プロとして活動を始めて5年目…
コメント:1

続きを読むread more

頑張れ、笠井さん

元フジテレビの笠井伸輔アナウンサーが「悪性リンパ腫で入院した」というニュースに、少なからず衝撃を受けました。 しかも、フリーになった直後のタイミングだったということで、フジテレビからの休業補償が受けられないなど、「あまりにも運が悪い」という言われ方をしているようですね。 笠井アナウンサーと言えば、東日本大震災の発生直後から被災地…
コメント:0

続きを読むread more

今こそ、嫌われる勇気

私は「自分にも他人に厳しい完璧主義の乙女座」の人間なので、結構みなさんから「毒舌」「辛口」と言われることがあります。 別に意識して厳しい言葉を選んでいるわけではないんですが、話に夢中になってくると、つい「キツイ言語表現」を使ってしまうのです。そのほうが相手に情報が伝わりやすいような感じがするからですね。 例えば、「あなたは臆病な…
コメント:6

続きを読むread more

ライフスタイルとワークスタイル

「生き方と働き方を一致させる」 これが今の時代に求められているライフスタイルとだと思います。 日本がまだ貧しかった高度経済成長の前期から中期にかけての時代は、「仕事は汗水流して必死にやるもの」でした。 仕事とは「食うための労働」と考えるのが当然であり、「楽しむために働きたい」なんて言ったら、当時は非難ごうごうだったでしょうね(笑)…
コメント:0

続きを読むread more

時代の波に流されて

いよいよ2020年1月14日に「Windows7」のマイクロソフト公式サポートが終了しますが、皆さんは「Windows10」への完全移行はもうお済みでしょうか? 私は仕事で4台のパソコンを使い分けておりますが、そのうちの2台がまだWindows7なので、早々にパソコン環境の入れ替えをしなくてはなりません。 今はノートパソコン2台…
コメント:0

続きを読むread more

異空間

先日、うちの地元で、「仙台や東京から人気占い師が一挙に集結する」という占いのイベントがあったので見学に行って来ました。 まぁ、私もいつまでも「一匹狼」を気取ってもいられませんので、将来的なビジネスパートナーを探す意味でも、このイベントにはちょっと期待していたんです。 現場に到着すると、会議室のような場所に20人ほどの占い師が集ま…
コメント:5

続きを読むread more

共同体感覚

突然、長年使っていた炊飯器が壊れてしまったので、今話題の「paypayモール」で新型炊飯器を注文しました。 高額のポイントもついて、まぁなんてお得・・・と、ここまでは良かったのですが、1週間経過してもまだその炊飯器が発送されていません。 ああぁ、ご飯が食べられない(泣)。 さっそくお店のほうに問い合わせてみると、「入荷次第すぐに発…
コメント:0

続きを読むread more

劣等感と劣等コンプレックス

「劣等感」という言葉がありますよね? 心理占星学の世界においては、「土星」がこの劣等感の所在を暗示する星になります。 例えば、闘争本能の強い牡羊座に土星が入居すると「負けること」を極端に恐れるようになりますし、安定を好む牡牛座に土星が入居すると「今の安定的な立場」を失うことをいつもビクビクと恐れるようになります。 これが行き過…
コメント:0

続きを読むread more