すべてのことには、そうなるだけの理由がある

皆様、お元気でしょうか?日々の育児に追われ、なかなかブログを書く時間が確保できないスイレン宗匠です(苦笑)。

前回予告したとおり、これからしばらくは「この世界を動かしている根源的なルール」についてお話ししていこうと思います。
ほとんどの人は、運命の基本的なルールを知らないまま「この世の過酷な生存ゲーム」をプレイしているような状態です。

それどころか「学歴さえあれば人生は安泰」だの「お金があれば人生何でも思うがまま」なんて間違ったルールを脳内に刷り込まれて生きていますから、幸福とは程遠い人生を送っているのですね。

ピーチ航空の飛行機内で「俺はマスクしないぞ」と大騒ぎし、乗務員に怪我をさせた男が逮捕されましたが、彼は東京大学出身者だそうです。
学歴と人間性は全く別問題ですから、高学歴であっても「社会に害を及ぼす人」はいくらでもいますし、中卒で大きな社会貢献をしている人もたくさんいます。

「学歴」と「幸福」という全く無関係の二つの出来事を同一視しているから、「間違った進路」を取ってしまう人がたくさんいるのですね。

この状態を仏教では「無明(むみょう)」と呼び、すべての苦しみの根源的な原因だと考えます。
苦しみから逃れる唯一の方法は「ルールを正しく学ぶこと」であり、これによって得た知識を仏教では「智恵」と言うのです。

つまり「智恵の光によって無明を打ち破ることによって、すべての苦しみは消滅する」と考えるのが仏教なのです。

まぁ、確かにルールを知らないままバスケットの試合に出れば、プッシングだのトラベリングだの指摘されあっと言う間に退場になってしまいます。悪いのは「ルールを知らない本人」ですから「審判が悪い」「世の中のほうが間違っている」と抗議したところで誰も同情してくれません。

私はこれまで、さまざまな宗教を学んで来ましたが、その中で一番論理性があり「科学的だ」と感じたのはやはり仏教でした。

キリスト教も「物語」としては美しいので好きなのですが、キリスト教徒の運命は「神との契約」によって一方的に決められてしまうものなのです。平たく言うと、「神の言いつけを守った人だけが天国に行き、それを破った人は地獄に行く」というような極端なルールになっているんですね。

なんかそれって権力者にゴマを摺って生き残ろうとするスネ夫みたいな価値観じゃないですか?

もちろん、神(天の父)はジャイアンと違って「正しいことしか言わない」という前提があるので「権力者の言いつけに従う」のも悪くはないのでしょうが、そもそもキリスト教やユダヤ教に存在する「原罪」という考え方が、私にはどうにも理不尽な論理に感じてしまうんです。

聖書によると、人類最初の祖先であるアダムとイブは、神の言いつけを破り、悪魔(年老いた蛇)に誘惑されて楽園内の「智恵の実」を食べ、その罪によって楽園を追放され、地上に落とされます。
これがかの有名な「失楽園」で、それが「人類の歴史の始まり」とされているんですね。

昔話としては面白いですね。

ところが人類は、祖先であるアダムとイブが「神との約束を破った罪」・・・つまり、「原罪」を生まれながらに背負っており、悔い改めて神の言いつけに全面的に従わない限り「地獄行き決定!」というのが旧約聖書の基本ストーリーになっているわけです。
つまり人類は「生まれついてのナチュラルな状態だと、全員罪人」ということになるんですね。

キリスト教徒は世界に20億人いますし、これを素直に信じられる人はそのまま信じてもらって構わないのですが、私のように「理屈で納得しないと受け入れられない人間」からすれば、あまりにも荒唐無稽で理不尽なストーリーに感じられます。
顔も知らないような遥か昔のご先祖さんが犯した罪を、子孫である我々がずっと引き継いでいかなければならないなんて、あまりにも酷い話ではないでしょうか?
つーか、旧約聖書の神様はどんだけ執念深いんでしょうかね?

これに対して仏教は、「因果論」によって全てが決まると教えます。

要するに、「自分自身の行動と思考によって、全ての運命が決まる」ということです。
ご先祖が犯した罪は全く関係ないですから、人間はあくまでも「自分自身の行動の結果」のみに責任を負えばいいのです。別名「カルマ論」とか「業論」などとも呼びますが、これは仏教だけでなく、ヒンズー教を含む「インド哲学全般」の根本的な思想となっているのです。

非常に明快で分かりやすく、心から納得できる教えではないでしょうか?
この法則は、貧富の区別なく、すべての人間に例外なく適用される法則ですから、この世でどんなに権力を持っていたとしても逃れることはできません。

月額117万円の高額報酬をもらいながら、利害関係のある民間会社に7万円の食事をおごってもらうような「タカリ行為」を平然とやっていれば、たとえ高級官僚であろうとも、「カルマの反作用」を受けてしまうと言うわけです。内閣広報官がその行為によって世間から後ろ指を指されるのは「当然の結果」であり、これを回避する手段は実質的に存在しません。

ただし、この「カルマ論」は一般人が思っているものとはちょっと違いますよ。

普通の人は、「誰かを殺したら、自分も殺されるような立場になる」という直接的な「行為の結果」をカルマだと考えていると思います。だから「殺人犯は死刑になっても仕方がない」という考え方が出てくるわけですね。もちろん、それはほぼ正しいのですが、誰かを実際に殺さなくても、「殺したいほど憎んでいる」だけでも同じような悪い結果を生み出す「原因」になるんです。

カルマの法則を正確に表現すると、「人の心が出力するエネルギーが、物理的な現象を引き起こす原因になる」ということです。

例えば、電車の中で他人に足を踏まれて「痛いっ!」と思っただけではカルマは発生しません。でも、「痛い!」と思った瞬間に「気をつけろ、コノヤロー!」という感じで他者に悪意を向ければそこに「不善のカルマ」が発生するのですね。

つまり、カルマは「外界に反応する瞬間の心のエネルギー」によって常に生み出されているのです。
となると、実際に行動に起こさなくても、妬み、恨み、怒りなどの感情は、その人の人生に「不利な現象」を引き起こす原因になるわけです。しかも確実に・・・ですよ。

誰かが「不倫した」というニュースを聞くと、その人が主演しているドラマのスポンサーに「抗議の電話」を入れる人がいますが、これは「悪意によって他人を蹴落とそうとする行為」に当たりますから「悪いカルマ」を生み出します。
「私は正義の名の下に悪を裁いただけ」と言うかもしれませんが、他人を裁く資格があるのは裁判官だけです。資格もないのに、誰の許可を受けて「正義の味方」を気取っているのですか?

そもそも、当事者でもないのに、他人の不倫に口を出す権利なんてあるんですかね?

抗議の電話をする人は、本当はただの「憂さ晴らし行為」であることが多く、そのような心の醜い人間の感情から発する「負のエネルギー」は、確実に不幸な現象を引き寄せることになります。例えば、ちょっと会社でヘマしただけで「左遷される」とか、自分の夫が実は不倫していたことが予想外に発覚する・・・などです。

そんな時、多くの人は、自分のことを「運命の被害者だ」とか「何も悪いことはしていないのに、どうしてこんな目に遭うの?」と思うものですが、実際は、過去に他人を引きずり下ろそうとした経験があるのですから、自分が「同じ目に遭う」のは、全くもって「宇宙の公平な裁き」なのです。

このような「無用なカルマ」を作らないためにも、今後、ワイドショーは一切見ないことをお勧めします。あれは「ちらっと見ただけで悪いカルマを作る不幸の製造機」みたいなものですから(笑)、百害あって一利なしなんですよ。

とにかくワイドショーを見てると腹が立つような話題ばかりですよね?
政治家の汚職、芸能人の不倫、収まらないコロナと無策な自治体の首長・・・それらの映像に怒りを覚えるたびに、私達はこの世界に「負の感情エネルギー」を垂れ流し続けているのです。

別に汚職政治家なんて、あなたが裁かなくても、カルマの法則によって勝手に自滅します。なぜ自分の手を汚してまで、誰かを傷つけようとするのでしょうか?
「裁きは運命に任せる」のが、正しい心の態度なのですね。

良い種であれ、悪い種であれ、私達は自分が蒔いた種をいつか必ず刈り取らねばならない時が来ます。それが人生であり、絶対に揺らぐことのない絶対的な「運命の法則」なのですね。

ホロスコープとは、自分が今生に生まれる前に積み上げて来たカルマを視覚的に確認することができる「魂のブループリント」です。そこには過去世の後悔や、今生での「切なる願い」が書き込まれており、だからこそ「運命を先読みできる」のです。

なお、仏教と占星術は歴史的に見ても親和性が高いと思います。実際、チベット仏教や日本の真言宗、天台宗には「密教占星術(インド占星術の改良型)」が存在しますから、仏教の教えと占星術の理論は一切矛盾しません。日本で最初の「正式な資格を持った占星術師」は、あの弘法大師空海ですしね。

ちなみに、キリスト教と占星術は、論理的な対立があるため、西洋では200年以上に渡ってカトリック教会から「占星術禁止令」が出ていた時代があります。占星術師が「魔女」として火あぶりにされた例も少なくありません。

この世界を貫く「ルール」を理解すれば、私達は自分の人生を自由自在に支配できます。

不定期な更新になりますが、これから一緒にこのルールを学んで行きましょう。

syukuyou.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント