自主的な隔離生活に入ります

昨日の記事ではちょっと取り乱して荒っぽい文章になりましたが、先ほど保健所の職員と市の保健士さんから電話がありました。
結果は「あなた方は濃厚接触者には該当しないので、自由に出歩いて良い」だそうです。

感染者の女性が我が家を訪問したのは12月6日の午前中ですが、その方が「クリスマスパーティーを兼ねた音楽イベント」に出席してコロナに感染したのは前日12月5日の夕方以降と見られる・・・と言うことでした。
感染から24時間以内は「他人に移せるほど体内でウィルスが増殖していない」と判定されるので、24時間以内に接触した人は「濃厚接触者として扱わない」という保健所のルールがあるんだそうな。

だから、保健所が探しているのは、24時間以上が経過している「12月7日以降に感染者と接触した人物」ということになります。

まぁ、そうは言っても、体内に確実にウイルスを持っていた人が、我が家で飲食し、しかも生後一ヶ月の乳児を抱っこしたのですから、こちらとしては「本当に大丈夫なんですか?」という疑問は拭えません。

保健所からは「行動制限の必要はありません」とは言われましたが、親戚や友人に移してしまう可能性を考慮して、我が家は12月20日(感染者と接触してから2週間)までは自主隔離を実行することにしました。

食料だけは買いに行かなければならないので、スーパーの閉店間際の人の少ない時間を狙って買い物を済ませ、後はひたすら「篭城生活」を続ける他はありません。高齢の両親がいる実家にも行けないので、当分は農業関係の仕事もストップですね。

今回発生したクラスターは、相当広範囲に影響を及ぼしているようです。

40人ほどの男女が個人経営の居酒屋で「クリスマスパーティーを兼ねた音楽イベント」をしていたらしいのですが、その店は「大皿で料理を取り分ける方式」だった上に、参加者の多くがマスクもつけずに歌い、楽器を演奏し、会話を楽していたようなのです。まさに「数え役満」ですね(笑)。
「悪質性が高い」と判断されたのか、12日になって県が店名を公表する事態にまで発展しました。

田舎は感染者が少ないので気が緩んだんでしょうが、このメンバーの中に小学校教師や保育士が含まれていたため、複数の小学校が臨時休校となり、幼稚園も閉鎖となりました。
他にもいくつかの民間会社が業務を停止しており、宮城県北部地域は現在、緊急事態宣言の時以上の「厳戒態勢」に入っています。

しかも、そのような宴会イベントに参加した翌日に、ノコノコと乳児のいる家を訪問したのですから、「完全にコロナを舐めていた」ことは確実でしょうね。悪意がないのは分かりますが、「思慮が足りない」という批判は免れないはずです。もちろん、そのお店の経営者も、イベントの主催者も・・・ですね。

今後、感染者の家族などから新たな陽性者が出ることも予想されますので、とにかく今は「外に出られない」という状況です。
市の職員は対応に追われて休日出勤を余儀なくされていますので、東日本大震災以来の混乱ぶりです。

幸い、私は在宅でできる仕事も持っていますので収入が完全に止まることはありませんが、中には仕事ができずに生活苦に陥る人もいるかもしれませんね。

なお、私はずっと家にいますので、鑑定の依頼は遠慮なくどうぞ(笑)。むしろ今は、仕事以外にすることがありません。

状況が動いたらまたご報告します。


4bk6b5382c2e238tss_800C450.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント