抱き癖って本当?

出産後の心身の疲労で妻は3日間ほど床に臥せっていましたが、今日になってようやく起き上がれるまでに回復しました。
この期間、私一人で家事全般、育児、仕事、買い物などなど膨大な雑事に追われていたため、こちらの心身もすでにパンク寸前になっておりました(苦笑)。

こうなると「イクメン」と言うより、ほとんど「シングルファーザー」に近い状態だったかもしれません。

完全に心の余裕を失っていた私は、この期間中に新規の鑑定依頼をされた方に対して失礼な物言いで依頼をお断りした例が数件あったので、この場を借りてお詫び申し上げます。
さすがにこの状況下だと、気心が知れた常連さん以外とは、ゆっくり「相談内容の打ち合わせ」をする余裕がなかったんですね。
懲りずにもう一度挑戦していただければ次はお引き受けいたしますよ。

「このままでは良くないな」と思い、ようやく動けるようになった妻と「生まれたての赤ん坊」を連れて、今日は「育児のベテラン」の教えを請う旅に出かけて来たんです。

コロナ禍の中で「抵抗力の弱い赤ん坊」を連れて他人の家を訪問することには心理的な抵抗もありましたが、このままだとスイレン家が崩壊しかねない状況だったので敢えて強行しました(苦笑)。

まずは実家。
生後2週間の我が息子は、ここで初めて祖父母と対面。

母(子供の祖母)からは「あまり抱き癖をつけないように」とか「泣いていても多少は放っておくことも重要」などの実践的なアドバイスを受けました。これが現代の育児理論に照らして正しいかどうかは知りませんが、確かにずっと抱っこしていては、私は仕事ができません。

私の家は、過去に商売をしていた関係で両親は常に忙しく、私と姉は親に放置されることが多かったようです。嘘か本当か知りませんが「暴れないように柱に縄で縛っていた」のだそうですよ(笑)。
今の時代であれば「虐待」とも取られかねない暴挙ですが、高度経済成長時代に生まれた私達の世代では、そのような「放置スタイル育児」は珍しくなったのかもしれません。

ちなみに、後で精神保健福祉士の資格を持つ妻に確認しましたが、現代では「抱き癖を気にせず、泣いたらしっかりと抱っこすること」が推奨されているそうです。「抱き癖がつく」というのは古い時代の考え方で、これを言うかどうかで「その人の年代が分かる」とも言われているのだそうな。
抱っこされている時間の長い子供の方が、他人に対する信頼感を持ちやすく、「自立が早い」というデータがあるらしいです。

占星術的には「その子の生まれ持った資質によって、正しい育児方法は違う」と言うことになりますが、それはまた別の機会に考察しましょう。

次にイトコの家に向かいました。
このイトコは、1年前に第二子を生んだばかりの「現役バリバリのお母さん」で、今回私が最も頼りにしている相手です。

ここで「正しい抱っこの仕方」の実地講習を受け、他にも「苦しい時にはすぐに他の人に相談すること」「無理だと思ったら保育園に預けることも一つの選択」などのアドバイスを受けました。
彼女は第一子を出産した直後に、最大の被災地である石巻市で「東日本大震災」を経験しましたから、「電気も水もミルクもない」という過酷な状況を乗り越えたお母さんはさすがに肝が据わっています。

「とにかく命さえ守れれば、育児は勝ちだ」だそうです。まぁ・・・確かにね。

他にも何件か育児経験者の親戚の家を回り、それぞれ独自の育児論を吹き込まれ、最終的には「出産祝い金」をせしめて帰ってまいりました(笑)。

そのような事情で、現在ご依頼中の方への納期が大幅に遅れておりますが、決してサボっているわけではないのでもう少しお待ちくださいね。

youDSC_0057_TP_V.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミッチー
2020年11月17日 22:39
ミッチー
2020年11月17日 22:52
毎日お疲れ様です、そう言えば自分の子供が乳児だった頃の子育て時代を思い出しましたが、寝る時は添い寝で泣いたらとにかくおっぱいをあげてました。母乳がよく出たのでとにかく乳首を加えさせて黙らせたというか〜それでも泣く時はオムツ変えてました。で、再び添い寝で寝る(自分も)。ミルクだとわざわざ起き上がらないといけないので、すごく大変だと思います。おっぱいだと夜は楽ですよ。(昼間おっぱいやるのも、赤ちゃんが大きくなってくると自分も疲労しますが)
ようこ
2020年11月17日 23:04
泣くことがコミュニケーションの手段の赤ちゃん。
お腹か空いても、おむつが濡れても、抱っこして欲しくても、眠たくても、どこか痛かったり痒かったりしても、本人も理由がよくわからない時も・・・(笑)
とはいえ、あまりに泣かれると途方に暮れてしまいます。
抱っこしてあげられる時はなるべくしてあげた方が良いとは思いますが、
毎日のことなので本当に大変ですよね・・・
お父さん、お母さんの共倒れが一困るので、
もしも、親御さんなど頼れる方がいらっしゃるのであれば、数時間でもたまに赤ちゃんのことをお願いするのが望ましいと思います。
何事も完璧にきちんとされる方だと思うので
嫌かもしれませんが、
育児以外の家事も手を抜けるところがあれば
手を拔いて、心身を追い詰め無いようにして頂ければ・・・と思います。
スイレン
2020年11月18日 16:55
こんにちは、ミッチーさん、ようこさん。
励ましありがとうございます。

私は、育児そのものはあまり辛くはないですし、オムツから漏れてきたオシッコで服が汚されるのにも慣れました(笑)。

ただ、育児と仕事の同時進行がどうにもうまく行っていないため、「子供を立派に育てるためにも、普段以上に稼がなければならない」という気持ちの焦りが出てしまうんですね。

貯金もあるので、それほど困っているわけではないのですが、早めに対策を考えたいと思います。

ちなみに「添い寝しながらの授乳」は夜に妻がやっていますよ(笑)。これなら体調が悪くてもできますからね。

その僅かな時間を使って仕事を進めている感じです。


ミッチー
2020年11月20日 23:38
それは良かった〜、もしやミルクのみで毎回夜中に起きているのかと心配しちゃいました〜〜。