人生の潮目

現在、私のホロスコープの天頂(MC)付近にはトランジット冥王星と、トランジット木星がいます。
MCは「自分の意思で選んだ社会的目標」を意味し、トランジット冥王星は「根本的な変化」、トランジット木星は「有利な社会的立場」を暗示します。
要するに、私にとって「今」こそが人生最大の潮目になると時期だというわけですね。

以前もお話したと思いますが、木星や冥王星は天球上を「逆行」しますので、MC付近を何度か行ったり来たりを繰り返す場合があります。
特にトランジット木星は移動速度が速いので、比較的短期間の間にこの「MCとのコンタクト(接触)」が繰り返されるんですね。ただし、トランジット木星は逆行しない期間もありますから、必ずしも全員がそうなるわけではないんですよ。

私の場合、木星が順行して1回目のコンタクトが起きるのは3月、逆行してMCと重なる2回目が7月、再び順行に転じて3回目の「ファイナルコンタクト」が起きるのは11月です。

1回目の3月は「これから起きる大事件の予兆」が発生するとされていますが、私の場合は2020年3月24日に「妻の妊娠発覚」という形でこれが実現しました。この時のMCとトランジット木星の誤差は「0.00度」でしたから、要するに、ぴったり0度になる当日に「妊娠検査薬に青線が出た」というわけです(笑)。
まさに「これから父親になるという人生の一大事の予兆」が発生したのですね。

「最終結果」を意味する3回目のファイナルコンタクトが起きるのは11月15日頃ですが、妻の出産予定日が11月11日ですから、まぁ、確かに「父親という新しい社会的立場が実際に得られる」という結末は読めています。初産は予定日を遅れることが多いですから、今回も「ぴったり0度」の日になるかもしれません。

問題は、7月に発生する「セカンドコンタクト」の意味が分からなかったことですね。

1回目は「予兆」、3回目は「最終結果」なのですが、2回目は意味合いが微妙で「現状の確認」とか「今後の覚悟が求められる事件」が発生するとされています。
以前のブログでは「この時期に引越し先の一戸建て物件が見つかるかも?」と予想していました。
しかし、下見に行った一軒家があまりにもボロだったため、妻が断固として「引越し拒否」の態度に転じたので(笑)、セカンドコンタクトの意味は分からなくなっていたのですね。

でも、実際に7月に入ってその意味がようやく分かって来ました。

実は私には10人ほど、「全く料金を取らない」か、あるいは「割引料金」で鑑定を請け負っている常連さん達がいます。まぁ、言うなれば「擬似家族」のようなものですね。
全員、年単位のお付き合いがあり、中には「家族全員の鑑定」を済ませている人もいます。
中には「もし結婚が決まったら、披露宴にスピーチに行きます」と約束した人もいますから、本当に家族や親戚に近い関係だったんです。

ところが7月に入ってから、なぜかこの人達との関係が急速に悪化し始めてしまったのです。正確には10人中の3人だけなんですが、立て続けに起きたことに私もちょっと衝撃を受けているんです。

原因は私が「相手にとって耳の痛いことでも、遠慮せずにズケズケ言う」ことにあると思うのですが、相手にしてみれば「こんなに長い付き合いのある気心知れた仲間なのに、どうしてこんなに心をエグるようなことを平気で言うんだろう?」と感じてしまうようなんです。
先日の「料金踏み倒し事件」の相手も4年以上の付き合いがある人で、料金的にもかなり値引き対応していた「擬似家族」だったのですから、裏切られるのはこちらとしても「予想外の展開」だったのです。
家族ぐるみの付き合いのある人達なのに、今月に入ってから気まずい雰囲気になったのはすでに3人目。だいたいが急に音信普通になるんですから、対処のしようがない(苦笑)。

ただ、彼らとの連絡が途絶えた分、私は「通常料金のお客様」に割ける時間が増えましたので、収入面において助かっていることは事実です。

ああ・・・これが「現状の確認」なのか。

9月から妻が産休に入りますので、それ以降は私の経済的負担は一気に増します。「収入は減るのに、出費が爆発的に増える」わけですからね(笑)。
もし難産になって長期入院となれば、我が家の家計は破産の恐れすらあるのです。
これを回避するためには、今まで「仲間意識だけ」でつながっていた人間関係を整理し、「家族を守るための行動」を最優先にする必要があることは確かだったのです。要するに「お金を支払ってくれる顧客を優先しろ」ということですね。

私の口が悪いのはいつものことなので、何年も付き合いのある相手が今になって私の性格に不満を言い出すのは不自然に感じていたのですが、これが「天頂付近の木星と冥王星」によって引き起こされた「人間関係の強制的な変化」なのだとしたら、この現実を受け入れざるを得ないのかもしれません。

何度も言いますが、私の態度は「いつも通り」です。いつも通りに厳しいだけなのに、周りの対応がこんなにも大きく違うのは、11月に起こる「ファイナル・コンタクト」に向けて、私に一層の覚悟を迫る「天からの呼びかけ(サイレントコーリング)」なのかもしれません。つまり、もう「ボランティアはするな」ってことなんでしょうね。

今は「擬似家族」よりも、「本当の家族」を守るための覚悟と努力が求められています。

まぁ、レギュラーメンバー10人のうち、離脱したのはまだ3人だけですから、できれば残りの7人とはこれからも良好な関係を維持したいと思いますので、よろしくお願いしますね(笑)。
「去るものは追わず」は私のモットーですが、別に自分から望んでケンカしたいわけではありませんので、なるべく仲良くやりましょうよ。


いい.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

きょうこ
2020年07月21日 23:00
こんばんは。
いつもスイレンさんのブログを拝見しております。

そのレギュラーの7人の方々だけでなく、私も含めた外野とも仲良くしてほしいです(^-^)

すみません、余計かと思いましたがなんだか疎外感を感じてしまったので、コメントさせていただきました。
スイレン
2020年07月22日 08:52
こんにちは、きょうこさん。

もちろん、きょうこさんも「準レギュラー」の位置づけなんですが(笑)、これからは皆さんを平等に扱うつもりです。

経済的に困窮している人が相手であれば値引きも検討しますが、基本的には「一律料金」ですべてのお客様に対応します。

実は数日前に、ずっと無料で相談に乗っていた相手から「関係を解消したい」という謎の申し出があったので、ちょうどいいタイミングです。
それにしても、「無料」で対応していた相手から、上から目線で「この関係は終わりにしましょう」と言われたのですから謎過ぎますね(笑)。別に宣言しなくても、そもそも私に相談して来なければいいだけなので、「キツネにつままれたような気分」とはまさにこのことです。

今後はすべてのお客様を平等に扱い「身内びいき」はやめることにします(苦笑)。
ようこ
2020年07月22日 13:43
スイレン 様
こんにちは。
1人の方だけでも辛いのに
他にも2人の方と辛いことがあったのですね・・・
スイレンさんがショックなことがあっても
前向きにとらえていらっしゃるので
救われます。
人生の潮目
にどう考えて行動出来るかが大切なことだと改めて感じました。
スイレン
2020年07月22日 15:33
こんにちは、ようこさん。

私のブログはこういう「精神世界系」なので、どうしても私のことを「悟りを開いた人」のように勘違いする人が一定数いるんです。

で、付き合っていくうちに私の人間的な部分も見えてくると急に「幻滅しました」とか言われてしまうんですね(苦笑)。

特に今回のように「子供ができた」とか「警察に被害届を出した」というような世俗っぽい内容の記事を書くと極端に嫌がる人がいて、「そんな人だとは思いませんでした」なんて抗議が来るわけです。

どうも私は修道僧みたいな清廉潔白な人間じゃないとダメらしいです。

私は終始一貫して「同じ態度」なんですが、どうしても自分の理想を勝手に投影して勘違いする人がいるので、こちらも疲れちゃうんですね。
何も悪いことをしていないのに抗議が来る~(笑)。

まぁ、結果として「ボランティア鑑定」をする相手が減るのは助かりますので、これからもがんばって活動します。