ファイナル・コンタクト

実は、鑑定依頼を受けた状態のまま、まだレポート作成を開始していない方が7名ほどいるのですが、お待たせしてしまって本当に申し訳ないと思っています。
一日10時間以上キーボードを叩いて頑張ってはいるのですが、前の方々の追加質問も途切れませんし、その合間に妻の妊婦健診の付き添い、農地の草刈り、炊事洗濯などなど複数の仕事を抱えていて、「次の人の鑑定に取り掛かれない」という状態で足踏みしてしまっているのです。

今のところ「緊急性の高い依頼」は入っておらず、依頼された順番通りに粛々と進めていますので、もうしばらくお待ちくださいね。

せっかくブログを書いたついでですから、つい先日、依頼者さんとの会話の中で出た話題をここで紹介しましょう。

占星術と言うのは、地球から観測した「天体の見た目の動き」を平面上に描いて解読する学問です。だからある意味では、未だに「天動説」なのですね。

そのため、「中心にいる太陽」と「衛星である月」以外の惑星は、地球から観測すると「前に進んだり、止まったり、逆進したりする」ように見える場合があるのです。実際の惑星の動きは一定方向なのですが、地球と惑星の位置関係によって「逆方向に動いているように見える時期がある」ということです。

これを「順行、逆行、留」と言いますが、星がこういう不規則な見た目の動きをする影響で、短期間の間に惑星が同じポイントを「行ったり来たりする現象」が見られることがあります。

この場合の星の影響力は、任意のポイントを通過する一回目、二回目、三回目の時では、それぞれ「微妙に意味が変わる」とされているんですね。

私の例で説明すると、今年になってトランジット木星(実際に今、動いている木星)が、私のホロスコープ上のMC(南中点)の上を3回に渡って通過して行きました。いや、実際はまだ一回だけですが。

トランジット木星は天球を一周するのに12年かかりますので、この現象は「12年ぶり」に起きた珍しい現象ですが、一回目にMCとトランジット木星が「0.00度」でぴったり重なったのは3月24日です。

私のブログを読んでいる方なら気がついたかもしれませんが、3月24日とは「妻の妊娠が判明した日」です。私にとっては「一生忘れられない日」なんですね(笑)。

MCはその人にとっての「社会的立場」を暗示する感受点ですが、そこに「幸運のトランジット木星」が「完璧な0度」で重なった当日に、私は「自分がもうすぐ父親になる」ことを知ったのです。

こういう事件があるたびに思うんですが、占星術って本当に怖いよ~(笑)。

これほどまでの数学的正確さで人の運命が決められていることに戦慄を覚えますし、こうなると「人間の自由意思はどうなるのか?」という疑問も湧いてきます。
うちの夫婦は不妊治療はしていませんので、別にこの日を狙っていたわけではありません。
全くの偶然だと思っていた妻の妊娠発覚が、計算してみれば「12年ぶりに起きた0.00度の当日」だったわけです。背筋が凍るとはこのことですね(苦笑)。

トランジット天体と出生図上の星(または感受点)が「正確な0度」になることを「コンタクト」と言いますが、実はこれ、一回目よりも二回目、二回目よりも三回目のほうが「強い影響力を持つ」とされています。

一回目のコンタクトは「予兆」、二回目は「確認」、三回目は「現実的な人生の変化」が起こるとされます。ちなみに、この三回目のことを「ファイナル・コンタクト」と呼び、一回目、二回目で予告されていたことが「現実として目の前に現れる」ことを暗示します。

私は一回目の「予兆」の段階で、「数ヵ月後に子供が生まれるぞ」というメッセージを天から受けたわけです。

このトランジット木星が二回目のコンタクトになるのは7月、三回目のファイナル・コンタクトは11月です。

11月はまさに「妻の出産予定日」ですから、3月の「予兆」が、11月に「現実化する」という話は見事なまでに辻褄が合いますね。

子供が生まれれば、本当に「父親」という肩書きになるのですから、MCと木星が示す「社会的立場の変化」の意味がこれで説明できます。

セカンドコンタクトの7月に何が起きるのかが、今のところ分からないのですが、二回目は「確認」ですから、私が父親になるための自覚を促すような「何か」が起きることが予想されます。
例えば、引っ越して「子供のための生活環境を整える」なんてのはありそうなことですし、実際に今、戸建て物件を探している最中です。

一般論として、40代前半の女性の流産率は30~40パーセントにも上るのですが、私はホロスコープの状況から、「流産は絶対にあり得ない」ことを最初から確信していました。実際、それは起きませんでしたし、11月のファイナル・コンタクトの瞬間に向けて、妻のお腹は順調に大きくなっています。

さて、これほどの数学的正確さで人間の運命が定められているとしたら、みなさんはどう感じますか?

「人間には行動の自由がないのだ」と絶望するか、「天はいつも自分を見守ってくれているのだ」と感激するかは、その人の信仰心や宗教観によって変わってくると思います。

私は、そのどちらも選べずに、モヤモヤした状態で日々の生活を送っていますが、このモヤモヤ感こそが私が占星術師として活動するためのモチベーションですし、いつかはこの「運命と自由意思」の問題に明確な答えを得たいと思っているんです。

それではまた~。

taiyoukei05.png


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント