霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 手汗が止まらない!

<<   作成日時 : 2018/12/03 14:47   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 2

11月中は、ほぼ休むことなく毎日熱心に仕事をしておりました。
妻が「里帰り」で途中2週間ほど留守にしたこともあって、もともと「インドア派」の私はどこにも出かけることなく鑑定!鑑定!鑑定!毎日を過ごしていたんですね。
占星術の仕事は集中力が要求されます。
占星術の鑑定には惰性や流れ作業は一切ありません。一人ひとりの依頼者に大切な人生がありますから、その真剣な悩みに答えるためには、こちらも「常に全力」を出す必要があるためですね。例えば、不倫にガンに、引きこもり・・・どれを取っても、「定型文」では全く対処できません。すべてオーダーメイドの「診断書」である必要があるんです。

レポート作成中には音楽などは一切かけませんから、室内にはキーボードを打つ音だけがカチカチと流れます。妻がいれば、たまにはお茶の時間があるのですが、私一人だと、ほぼ休憩なしで12時間ぶっ続けでレポート作成をすることもあります。我ながら「異常」ですね(笑)。
この極度の緊張状態を1日12時間、数週間に渡って継続していたものですから、体の方が悲鳴を上げ始めました。
実は、数日前からちょっと変なことに気がつきました。手の汗でキーボードがべちゃべちゃになるのです。手の汗が止まらなくなったんですね。
誰でも緊張すると交感神経が興奮状態になり、手足に汗をかきますが、私の場合、その状態が治まらなくなってしまったのです。
俗に言う「自律神経失調症」ですな(笑)。この状態をそのまま放置すると「うつ病」などに発展する恐れもあります。私の鑑定は、相手にとって耳の痛いことでもそのままお伝えしますから、送信した後は「反発」される恐怖心がいつもあります。それでも「相手の評価よりも、正しい内容を伝えること」を大切にしていますので、この方針は変えられないんですね。「嘘をつくこと」を覚えてしまえば、私は占星術師として終わりです。
自分すら信用できなくなったら、いったい私は何のために生きていると言えるのでしょうか?

占い師、カウンセラー、医者などは「寿命の短い職業」として知られています。最近では「大手広告代理店の営業」がワーストらしいですが、伝統的には「医者」「占い師」は短命ランキングの常連です。
「人の悩みを聞く」というのは、それだけ神経をすり減らす仕事なんですね。

一応、私も防衛策として「無茶な依頼は断る」ことにしています。主に「過剰サービスを要求してくる人」か「質問がまとめきれない人」なんですが、実際、11月には5件のキャンセルを出しています。
ココナラはキャンセルを出すとランキングが下がるシステムなので、11月は「今までで一番たくさんの仕事をした」にもかかわらず、ランキングは「2段階降格」です。「真打ち」から「前座」まで下がったみたいなものですね(笑)。まぁ、ココナラの事務局からもらう称号など、駄菓子屋の「おまけのバッチ」程度の価値しかありませんから、気にしても仕方ないんですが。

そうやって自己防衛しても、やはり日々のストレスは大きく、「手足の汗」と「動悸」が止まりません。
数日休めばいいのですが、すっかり毎日長時間仕事をする癖がついてしまったので、今度は「仕事をしていないと不安」という精神状態になっています。ワーカホリックですな(笑)。

精神科医は、自分のメンタルケアをしてくれる別の精神科医を持っているそうですが、私も自分の悩みを相談できる誰かに頼るべきなのかもしれません。できれば「プロ」がいいですね。

心当たりとしては、毎月お世話になっているヒプノセラピーの先生あたりが適任でしょうが、彼とはある意味で「商売がたき同士」ですし、何を相談しても「自分で解決策を考えてみましょうか?」と誘導されるだけなので、精神的に追い詰められている時には頼りにならないかもしれません。

先月、このヒプノセラピーの先生に「重度の引きこもりや、精神疾患の人が相談に来たら、どのように対処していますか?」と質問したところ、「ありがたいことに、私の所には、そのような人は来ないんですよ〜」とニッコリと笑って返されました。
そうだよな〜。ヒプノセラピーは「自己啓発系」ですので、ある程度の上昇志向を持った人しかやって来ないんです。人生に絶望し切っている人は、セラピーではなく「占い」に流れるんですね。

実際、私のような占星術師のところには「ギリギリまで精神的に追い詰められて、自力で思考する能力すら失った人達」が相談に来ます。
厳密な意味においては、ヒプノセラピーと占星術では「客層が違う」と言うことなのでしょう。

ちなみに、寿命が長い職業のトップは「宗教家」だそうです。
瞑想や呼吸法を日々実践し、過食を避け、常に心身を鍛えている彼らは、やはり現実的な数字上においても「長寿」なんですね。

私もちょっと仕事のペースを落として、瞑想の時間を増やしてみることにします。この影響で、さらに「鑑定枠が開かない」という現象が起きるかもしれませんが、スイレンさんのメンタルヘルスのために、その点はご勘弁くださいね(笑)。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、ちょっと迷いましたが初めてコメントさせてもらいます。
不適切でしたら心労がかさんでいるところ、大変申し訳ありませんが削除いただけると助かります。

以前リピーターの使い方をよく理解していない & 質問がまとまらなかったことでお断りをいただきましたが、
断られたことで実は感謝している人もいるんですよということをお伝えしたくて、コメントします。

共通の第三者がいなく身近で相談できず、人生のあがきの部分があった依頼でしたが、
確かにご指摘の通りまとまっていない内容で、お断りをいただきました。

ただ僕にはそれは自分で解決するものなんだよというふうにも、受け取れたんですね。
なぜなら事実は事実として誠実に伝える姿勢が、鑑定からもブログからも伝わっていますし、
時間は大事で、僕の悩みはそれに比べたら優先順位が低いんだろうと。

結果、残念な結果につい最近なりました(ただ、スイレンさんの以前の鑑定結果通りでした(苦笑))が、
後悔は全くありませんし、それは自分で迷いながらも、時々怠惰も入りながらも決めたからです。

変な話ですが断られたことでも感謝している人がここにいますし、
そうなった結果も丸めてしまえば巡り合わせかなと。
ポリシーがはっきりしている人の断りには、僕は納得しかありません。
それだけの覚悟を持って言っているのをブログ上で知っています。

体調がとても大変なようですが、どうぞごゆっくりご自愛ください。
cdgf
2018/12/03 20:27
質が高くて鑑定価格が安いと皆集まって来ます。
高すぎると皆集まって来ません。
難しい所ですが、ご自身が幸せだと本当に思える値段でお仕事をされた方が良いと思います。
体を壊して占星術のお仕事も農業もできなくなったら元も子もないと思います。
A
2018/12/04 13:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
手汗が止まらない! 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる