霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS アストロカートグラフィー

<<   作成日時 : 2017/12/31 16:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

近頃は空き時間を利用して本の執筆を勧めていますが、そこで「これは使えないな」と感じたネタは、ブログのほうで発表することにしました(笑)。
本のほうは、なるべく「信頼度の高い情報」だけにしたいので、そこからこぼれたネタはブログのほうで「笑い話」として解説していきます。

現在では、「アストロカートグラフィー」という手法が発達していて、世界地図に個人のホロスコープを投影する手法が流行っています。私も「リロケーション」という名前で依頼者に対して使うことがありますので、心当たりのある読者もいるでしょう(笑)。基本的には「仕事に関して有利な場所」を探るための方法ですので、誰に対しても使うわけではありません。

ただ、占星術師によってはこれを「パワースポット」のようにお客さんに話す人もいて、実用性のない小天体まで持ち出してきて、「ちょうど今いるこの場所があなたの幸運の場所です」なんて言って、その場を盛り上げる場合もあるそうです。
ここがあなたの「パワースポット」なのだから、また占いに来てね〜、という商売っ気も少し見えますね(笑)。だいたい、何なんでしょう、「パワースポット」って?(笑)。
占星術は基本的には風水と違うものです。
リロケーションは「自分が、あの日あの時刻にどこに生まれていれば、今よりも社会的に有利だったか」を探す手法ですので、「大地のパワー」のようなものとは関係がありません。どうしても現住所では仕事がうまく行かないと言う人のために使われるテクニックですので、「仕事に問題がない人」や「まだ自分のやりたいことが見つかっていない人」には使う必要がありません。
引越しよりもまず「自分の才能」を探すほうが先決だからですね。

「才能はあるのに、どうしても社会から認められない」という悔しい思いをしている人にのみ使うべき方法ですので、芸術家などには結構重要な場合があります。
実際、日本では全く認められなかったアーティストが、海外に進出したら大ブレイクした・・・なんてことも珍しくありませんよね?

ただ、「特殊で個性的な仕事」をしていない人にはあまり関係がなく、一般事務職をしている人が「引っ越した途端に出世する」というようなことはほとんどありません。
あくまでも「才能はあるのに、認められない人」に有効な方法と言えるでしょう。

近頃では「ジオデティック法」という新しい手法も開発され、ギザのピラミッドを基点として、そこから地球の経度をぐるりと12星座に対応させて、「地域の未来」を占う人もいます。
ちなみに、この方法だと、東京は「獅子座18度」に当たります。
占星術家の訪星珠(ほうせいじゅ)さんによると、1923年9月1日の関東大震災の日、海王星がぴたりとこの「獅子座18度」に位置していたそうです。
今ホロスコープを作ってみましたが、確かにそうでした。
訪さんによれば、この日、海王星が「東京」を意味する場所に移動し、他の天体と「悪い角度」を取ったので地震が起きた・・・のだそうです。
確認して見ると、確かに海王星は木星とスクエア、天王星とインコンジャクトで対立していますが、誤差がかなり広く、これだけで「大災害」を予測するのはちょっと無理な気がしますね。もっと誤差の狭いタイトなものを期待したのですが、この程度のアスペクトは「頻繁に起こっている」程度のものです。全く珍しくないんですね。

海王星は「不安定さ」を表す天体ですので、ここから「地震」をイメージすることもできますが、この理屈で行けば、海王星の通過ラインで毎年次々と大地震が発生しなくてはなりません。
もちろん、この考え方では東日本大震災は説明できませんし、「事前予測」は絶対に無理でしょう。

大きな災害が起こった時に、「後付け」で様々な説を唱える人がいますが、占星術が「予測科学」であることを考えれば、事前に災害を予知できない手法など「クソほどの価値もない」と言えるかもしれません。

と言うわけで、このネタは、私のデビュー作には使えない・・・ということになりました(笑)。

それに、こういう「うんちくネタ」でしたら、鏡リュウジ氏がたくさん本を出していますし、それなりに面白いですのでお勧めです。
当然と言えば当然ですが、総合的な知識量では、鏡さんの方が私よりも圧倒的に上です。さすが占星術研究歴30年以上、人生の全てを占星術に捧げてきた鏡さんです。私のように遠回りをしてきた人間とは違いますね(笑)。
ただ、恐らく「個人鑑定」に関しては私の方が経験が多いはずなので、なるべく「実践から得た新しい知識」を中心に本を書いていきたいと思います。
鏡さんは優秀な占星学研究家ですが、「実占家」ではありません。
仕事も今まで20種類以上を転々としてきましたら、「占星術以外の分野での社会経験」も私の方が多いかもしれませんね。
別に対抗するつもりはないのですが、「一般大衆」を相手にする彼とは違う「個人鑑定での視点」で、「占星術の実用性」について語っていければと思っています。

画像



鏡リュウジの 「運命を変える旅」 京都&イギリス パワースポット巡礼
マガジンハウス
鏡 リュウジ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鏡リュウジの 「運命を変える旅」 京都&イギリス パワースポット巡礼 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アストロカートグラフィー 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる