霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 再現性の問題

<<   作成日時 : 2017/12/27 13:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

科学とオカルトの違いは何かと問われれば、それは「再現性」にあると考えられます。
例えば、一人の研究者が観測した物理現象を、別の研究者が違う場所で再現的に観測できるならば、それは「科学」と呼ばれます。
STAP細胞問題で議論になったのもこの部分ですね。小保方さんが観測したと主張する現象を、別の研究者が、彼女の論文と同じ手法で実験しても「再現できなかった」ということが、「彼女の主張は科学ではない」という結論に至る根拠となったわけです。
同様に、どんなに優れた霊能者がいたとしても、別の人物が同じ現象を厳しい監視下で「再現」できなければ、それは「オカルト」に分類されるというわけです。
霊能者の特殊性は、その個人に留まるものであり、再現できない以上は「科学」としては認められません。
これは科学が「再現性」を根拠としている以上は仕方のないことなので、「この世に一人だけの天才」のような人には不幸な現実でもありますね。

その条件で考えると、「占星術」はどちらかと言えば、科学に分類される学問であることが分かります。
いつもいいますが、私は鑑定の時に一切「カン」は使用しません。純粋にホロスコープ内から読み取れる内容しか話しませんから、私と同じことは、しっかりと占星術を勉強した人なら「再現」できるんです。
これまでの実践データをもとに私独自の解釈になっている部分もありますので、さすがに他の占星術師が完全に再現できるとは言いませんが、仮に私の弟子であれば、最終的に私と同じ結論を導き出すことができるはずです。

私と同じ結論を、別の人物が再現して導けるとするならば、それは「科学」に分類していいのではないでしょうか?

それから、今まで千人以上を鑑定してきて、「当たっていました」「納得しました」など、好意的な返信をしてきた人の確率はおよそ80パーセント。鑑定後に音信不通になって「当たったかどうか」の確認ができない人が15パーセント。
「当たっていない」「ふざけんな、恨んでやる」と回答してきた人は5パーセントほどでした。
こうなると、的中率は「一般的な天気予報よりも上」となりますし、再現性が高いとなれば、これは「科学」に分類しても、特に問題はないのではないでしょうか?

ちなみに抗議を受けた鑑定のほとんどが「男女の相性診断」でした(笑)。
私は、「正しい答えを出すこと」にしか興味がないので、相性診断で「悪い」と出ればそのままお伝えします。冷酷非道ですね(笑)。
場合によっては、「最悪」「悪縁」「結婚は無理」などという厳しい言葉を使うこともあります。
そのため、中には激しく動揺する人もいますし、猛烈に抗議して来る人もいます。「良い結果」だけが聞きたいのなら、冷酷な私に頼まないほうがいいでしょう。
仕事に関して「当たっていません」と言ってきたのは、今のところ一人だけですね。

なお、私の鑑定の「リピート率」は、40パーセント近くあります。対面鑑定の占い師の場合、「リピート率」が20パーセントほどで「生活が成り立つ」と言われていますから、この基準を上回っていますね。
まぁ、私の場合、単純に「料金が安いから」というのもあるかもしれません(笑)。

一応、返信がなかった人も「あまり満足してくれなかった依頼者」に分類するとして、それでも「ハズレ率」は20パーセントほどですから、一般的なお医者さんの「誤診率」を下回ります。
あまり一般には知られていませんが、内科のお医者さんの誤診率は結構高いんですよ。

そんな医学は「科学」と呼ばれるのに、誤診率がそれと変わらない占星術が「オカルト」と呼ばれては理屈に合わないでしょう。

ただ、これには占い師側の問題もあって、「明らかに詐欺」と思われる占い師も世の中にはごまんといるのです。

先日、非常に高名な対面鑑定の占い師で、1時間に3万〜5万も鑑定料を取るような女性占星術師本人のホロスコープを解読して見ました。
すると、水星と海王星がタイトにスクエアを組んでおり、「思考が混乱しやすい」「詐欺師傾向」「虚言癖」の特徴がはっきり示されていたのです。この占い師も占星術のプロですから、自分が「詐欺師傾向」を持っていることは間違いなく読み取れるはずなのですが、その辺の自己矛盾はどのように解決しているのでしょうか?

もちろん、この配置があるからと言って、詐欺をしている証拠にはなりませんが、相手の話に合わせて即興的に話を作り上げ、罪悪感も薄い・・・ということは確かです。
小説家とか、シナリオライターのように「フィクションの世界」に関わる人には非常に有利に働くアスペクトですが、少なくとも、こんな配置を持っている占い師に鑑定を依頼するのは危険過ぎるように思えます。
しかも、場所代以外に経費なんて何もかかっていないのに、一時間に数万円も取るというのは、どう考えても「ぼったくり」です。

占いの世界は、こういうタイプの人が大半を占めますし、そういう人に喜んで高額の鑑定料を貢ぐ人たちもいるのですから、この流れは止めようがありません。

インド占星術では、占星術と哲学が深く結びついているので、「占いだけを単独で勉強している人」というのはあまりいません。占星術そのものが「ヴェーダ」という哲学体系の一部になっているのですね。
ところが日本では、宗教や哲学などに全く関心がない占い師というのも存在しますので、どうしても「金儲け」に走る人は出てしまいます。

インド占星術は「カルマ思想」が土台となっていますから、人は、自分の過去世のカルマに従い、「星の影響力と自分自身のカルマが数学的に一致した日にこの世に生まれる」と考えます。
もちろん、現世で詐欺を働く者は、星同士が特定の角度を組んだ時に、その「人を騙したカルマの悪影響」を「本人に打ち返してくる」のですから、その影響力から逃れることはできません。

つまり、詐欺を働くものは、その罪ゆえに、数百年先までも「カルマ」を抱えていなければいけないのです。要するに「運命的な借金」を重ねているようなものなのです。
こういう思想が土台にあれば、「占いで人を騙そう」なんて考える人は少なくなるはずですが、さすがに日本ではそこまで考える人がいないので、これが「占い師」と呼ばれる人たちの社会的地位を著しく低くしているのです。

最近、こういう話を真面目に書いた本を執筆していますので、完成したら報告しますね(笑)。
今のところ、電子書籍で発行する予定ですが、こういう活動を通して「占星術」というものの社会的地位を高めていければと思っています。

画像



占星術夜話
説話社
鏡リュウジ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
わたしの周囲にも、高額な鑑定料をとる鑑定師がいます。
ホロスコープをだしてみたら、タイトな海王星水星スクエアでした。
しかも水星は乙女座。なんかこわい。
匿名
2017/12/28 07:25
スイレンさん、お久しぶりです。
どの記事にもコメントしたく毎度共感してます。

1時間35000円にまんまと乗ったことがある一人です;
自分の真の動機を意識するのは、自分のことを正直に見られる人でないとかなり難しいと聞いたことがあります。
詐欺占い師の多くも、人の悩みのために!いいことやってる!って自分では思ってやってるのかなあ。
というか占いという手法は悩みを解決したり人が幸せになっていく手助けをするものと思うので、それが金儲けって、もうすごい罪ですよね。金がいる宗教もしかり…

占いと霊能力って一般の人からしたら確かにごっちゃになります。
「なにと」繋がってるかが大事ですが、そんなことたいていは知らないから、霊能力でわかるというとすごい人だと思っちゃいますよね〜
霊能力を一切使わない占い師さんは安心できます。

それとスイレンさんの鑑定に対するみなさんからのフィードバック素晴らしいですね!
ときどき見て楽しんでいます(笑)

ゆき
2017/12/29 13:53
こんにちは、ゆきさん。

実は、水星と海王星のスクエアを持つ人は、「嘘に対する罪悪感」が薄いため、ひょっとすると「自分はいいことをしている」と思っている可能性がありますね(笑)。

また、人間の心理として「高いお金を取る人ほど、高い技術を持っていると思う」ということもありますし、占い師側も「お客さんが納得しているのだから高額でも詐欺ではない」という論理を振りかざします。
確かに、内容が不正確であっても、それでお客さんが納得して、人生に何がしかの希望を持てるようになるのであれば、それは決して責められるべきものではないのかもしれません。

私のように占いに「正確さ」「客観性」を求めるほうが異端なのであって、本当は相性が悪いカップルにも「うまく行きますよ」と言ってあげるのが優しさなのかもしれないのです。

最近、ちょっと「正しさ」と「優しさ」の間で苦しんでいます。
「残酷な現実でも、それをそのまま伝える占い師」と「嘘であっても依頼者に希望を与えてくれる占い師」の、本当はどちらが「良い占い師」なのでしょうかね?

その点も含めて、現在、本を執筆中です(笑)。
スイレン
2017/12/29 21:59
私だったら本当のこと言ってもらいたいです。
お金払ってますし(笑)
相性良いって言われたのにあの占い師当たってなかったじゃん!
てことにもなるかも?

スイレンさんの鑑定ではそう出てる、ということで、依頼者には理解してもらえたら…いいんですけど。
でも確かに希望は欲しいですねぇ(笑)
ゆき
2017/12/31 22:30
ご無沙汰しております、スイレンさん。
私の予言、スイレンさんは本を執筆するは当たりつつありますね(笑)
まあ、直感でも何でもなく、ブログの文章力・内容から、本を書けば良いのに思っていただけなんですけどね。
書籍お待ちしております。
rd1503
2018/01/08 12:24
お久しぶりです。
職業や才能の占いでお世話になりました。
スイレンさん、本を出版するんですか!
是非読みたいと思いますので、またお知らせを告知してくださいね。
楽しみにしております。
ゆーこ
2018/01/08 20:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
再現性の問題 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる