霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 唯一無二の自分

<<   作成日時 : 2017/09/21 13:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

「自分が望むものに何でもなれる」という考え方は、「引き寄せの法則」や「ポジティブシンキング」を信奉する人たちに特徴的に見られますが、実はこの考え方自体が多くの人を無用に苦しめる要因になっています。
「何にでもなれる」と言われると、多くの人は自分のエゴが肥大した世界をイメージしますよね?社会的地位が高くお金持ちで、美形の配偶者がいて、名声を得ている自分・・・という感じですかね(笑)。
しかし、それは本当に人間にとって幸せな生き方でしょうか?
また、複数の人が同じ夢を持っていた場合はどうでしょう?アメリカ大統領になれる人は一度に一人です。ポジティブシンキングの人は「思いが強い人が勝つ」と説明していますが、それでは「何にでもなれる」という説明と矛盾しませんか?結局は、「思考の世界」でさえも、競争原理が働いていることになってしまいます。

私たちはいつも二つの価値観に引き裂かれています。「社会的に成功せよ」と「欲を捨てよ」です。
社会に出れば、社会的に高い地位と高額の報酬を目標とすることを求められ、休日に禅寺の座禅会に参加すれば「我欲を捨てよ。欲こそが苦しみの源なのだ」と説教されます。さて、どちらが正しいのでしょうかね?
何かを欲しがれば、そこに「執着」が生まれ、それが苦しみの原因になります。これが仏教の基本的な考え方です。しかし、「引き寄せの法則」は、何かを欲しがらなければ発動しません。

私は明確に「引き寄せの法則」を否定する立場にいます。
彼らは「思ったことが何でも実現することは聖書や仏典に書いてある」と主張しますが、聖書には同時に、「自己犠牲の精神」や「神の意思に従うこと」も説かれています。イエス・キリストだって、神の意思に従って十字架上で磔になったのですからね。これが「引き寄せの法則」を使って、「理想的な解決策」を求めていたら、キリスト教は生まれませんでした。しかし、自己啓発系の人たちは、その部分を無視して、「思いは何でも叶う」という部分だけ抜き出して都合よく説明します。卑怯ですね〜(笑)。

「個人の自由」という概念はとても魅力的です。それはエゴを増幅し、創造力をかきたて、希望を膨らませ、自信とやる気をもたらしてくれる。
そして多くの若者が、学生時代にこの人生の「基本原則」を鵜呑みにしてしまいます。自分の人生について深く考えることもなく、人生を「社会的成功」という視点からのみ眺めるようになる。
自分は自由だ。何にでもなれる。だからこそ、最高の「自分」をイメージしなくては。
・・・しかし、「可能性」という魅力的な未来を暗示する言葉とは裏腹に、こういう考え方は人を苦しめることになります。特に「自分がなりたいもの」がはっきり見えてこないうちはなおさらだ。「何にでもなれる」はずなのに、「なりたいものがない」という人は多い。

ここではっきりさせておいたほうがいいでしょう。
「自分が望んだものなら何にでもなれる」というは大嘘です。芸術方面にいる人なら実感しているでしょうが、「天賦の才」というのは間違いなく存在し、それは努力で何とかできるものではありません。

人生には「決められた枠組み」が存在しています。「運命」と言ったほうがいいかもしれませんね。
人には、「特別な役割」があり、それは個別のものです。その役割を果たせるのは自分しかいませんし、それを果たすための「才能」は生まれながらに与えられています。
「自分にしかなれないものになること」が運命ですから、「イメージしたら何にでもなれる」というのは間違いです。

「引き寄せの法則」の説明にも重大な勘違いが存在します。
実は、自分が役目を果たすために必要なチャンスや人脈は最初から、「自分の周囲に存在している」のです。
これが自己イメージが改善されることによって「見えてくる」のであって、何もないところからラッキーな現象が引き寄せられてきたわけではありません。
つまり、「すべては最初から用意されていた」のです。

「運命の相手」との出会いも、引き寄せの法則で説明するのはナンセンスでしょう。「運命の相手」とは、それこそ、生まれる前から「赤い糸」で結ばれた相手ですから、自己啓発セミナーに参加して「理想的な男性」をイメージしたから現れたわけではありません。イメージが引き寄せたのであれば、それは「自分勝手な妄想」によって生み出された相手ですから、そんな不気味な相手と一緒にいたくはないでしょう(笑)。
それは、「自分にとって都合のいい相手」かもしれませんが、少なくとも「真実の愛」ではありません。
一時的な妄想によって「引き寄せられた相手」よりも、生まれる前からの「縁(えにし)」によって結ばれた相手と結婚するほうが私はロマンチックに感じるのですが、皆さんは違うんですか?

人は自分がなりたいものになれるわけではないんです。しかし、私たちには、自分で思っているよりも大きな可能性があるのです。
恐らくは、あなたの「妄想」よりも、「生まれながらに与えられた運命」のほうが壮大なストーリーになっていますし、何よりも私たちを「ハッピー」にしてくれます。大事なのはそこですね。お金持ちになって豪邸に住むよりも、「人生の役割」を果たしているほうが圧倒的に幸せを感じるはずです。
「こういう状況が幸せだ」という社会的に押し付けられた価値観ではなく、自分自身にしか分からない「独自の幸せ」に身を置いているほうが良い人生と言えるでしょう。

引き寄せの法則は「エゴの肥大」を招くだけで、私たちを幸せにはしてくれません。
「引き寄せ」という考え方自体が、アメリカ人っぽい考え方ですし(笑)、それに乗っかっているスピリチュアリストも、呆れるほど薄っぺらい話しかしません。少なくとも、私を感動させるほどの説得力を持った人はいませんね。

どうしても、自己啓発系を学びたいのであれば、「ディーパック・チョプラ」の本をお勧めします。インド人らしく、彼の考え方には「運命」「カルマ」などの考え方が根本にあり、非常に奥が深いと言えるでしょう。
彼は社会的成功を否定しませんし、実際、彼は非常に大きな社会的成功を手にしており、レディー・ガガやオリビア・ニュートン・ジョンも、彼の熱心な信奉者だと言われています。
ただし、チョプラ本の翻訳を多く手掛けている渡邊愛子さん個人の本は読む価値はありません。エリート根性丸出しで、自分の自慢話が多く、瞑想についても「これをやったらラッキーになる」というような下世話な説明ですし、瞑想歴もわずか数年なのに、自信満々に解説本を書くという「お手軽さ」が鼻につきます。
「結果にコミットする瞑想」なんて軽〜い解説が、かなりイライラしますよ(笑)。ライザッ〇かよ。

チョプラ本は「住友進」さんが翻訳しているものがお勧めですので、ぜひ。

画像




ディーパック・チョプラ プレミアムDVD-BOX
TSUTAYAビジネスカレッジ
2014-08-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ディーパック・チョプラ プレミアムDVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
唯一無二の自分 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる