ご結婚おめでとうございます

実は最近、知人女性が入籍しまして、今月末に結婚披露宴があります。
私たち夫婦二人で出席予定ですが、なんせ関西で結婚式があるので、鑑定はその間、3日ほどお休みします。ついでに京都観光も予定しているので楽しみですな~。
なお2次会で営業活動をするべく「占星術師スイレン」の名刺を作成中(笑)。
リアルの世界の話なので、ブログに書いていいのかどうか迷いましたが、昨日、ご本人から「書いてもいいよ」と許可をいただきました。

その女性は妻の親友で、人なつっこくて、可愛らしくて、私が結婚したいぐらい(笑)いい娘なんですが、ホロスコープでは、金星が厳しい角度で「恋愛運が悪い」という表示があります。しかし、それに反して、太陽と月は良好で、結婚運は「非常に良い」となっているのです。
これは別に不思議なことではありません。
何度も書いていますが、占星術では恋愛と結婚は全く別の二つの事件です。
恋愛がうまくいかないからといって、結婚を諦める必要はありません。

ですから、私はその女性に常々「最初から結婚を前提にお付き合いできる相手とだったら幸せになれる」とアドバイスしていました。
その後、彼女から「好きな人ができた」と相談を受けたのはいつだったか・・・2~3年前ですが、日付を覚えていない。
すぐに相手の生年月日を聞き出してもらい、相性診断すると、おお、素晴らしい、多数の天体接触があり、コンポジットも良好。何よりも夫婦には良く見られる「パラス」のタイトなアスペクトもありました。
すぐに「相性はかなりいいし、運命の相手である可能性が高い」と伝えました。

さらに、「婿養子の可能性が高い」ことも読み取れました。ただ、一般論からいうと、婿養子は数が少ないので、当たるかどうか半信半疑。
どちらも性格的には穏やかで人に好かれるタイプだと読めるので、問題はないだろう、と判定しました。

それから、数年の時が過ぎ・・・自宅に結婚式の招待状。彼の名字は、彼女と同じになりました。おおっ、ホントに婿養子になりおった。
私は占星術をただの趣味として続けていたので、リアルな世界でアドバイスして、本当に結婚に至ったカップルはこの二人が初めてでした。確かに二人とも、当初から結婚は意識していたようです。こうなると、金星のハードアスペクトを回避できます。
うわぁ~、これでうまく行かなかったら、プッシュした私にも責任の一端はあるんだろうなぁ~、と思います(笑)。

今日になって、「結婚祝い」として二人の相性診断結果をあらためてレポートとして作成しました。3年前より技術は向上しているはずなので、ひょっとして以前とは違う結論が出たらどうしようか、とビクビクしながら再鑑定(笑)。
結果は良好!全天体比較、コンポジット、プログレス比較、ハーフサム、すべてにおいて問題なし。いいぞ、これなら「この世にただ一人」の運命の人だ。
さらには、独身時代よりも結婚後のほうが仕事もうまく行くと出ているし、子供にも恵まれそうだし、周囲の協力も得られるといういいことずくめの結果に。(多少は問題もありますが、全体としては些細なことです)

それにしても、占星術の予測が数年の時を経て現実化するのをリアルタイムで観察できるのは、かなり感動的です。同じ技術を長年にわたって磨いている人しか味わえない至福の瞬間。
今、ココナラで鑑定している人たちからも、数年後に、「結婚しました」っていう報告があるんですかね~、もしあれば、占星術師冥利に尽きるってもんです(笑)。

画像



流水りんこのインド占星術は深いぞ~!
主婦と生活社
流水 りんこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

まお
2015年11月09日 21:55
素敵なお話ですね!
私も嬉しくなりました^ ^✨
ありあ
2015年11月10日 23:47
おめでとうございます。第一号ですか。是非とも後に続きたいですね。
占星術で婿養子かどうかもわかるんですね。
こちらに来られると言う事で、どこかで知らずに会っているかもしれませんね。
スイレン
2015年11月11日 09:02
まおさん、ありあさん、こんにちは。
婿養子は、アセンダント付近に木星がタイトなコンジャクションを組むと可能性が高くなります。「実家との絆が強い」という意味になるんですね。

結婚は楽しいことばかりじゃないですから「せめて相性のいい相手じゃないとやってられない」ってとこはあるかもしれないですね(笑)。

この記事へのトラックバック