霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 感謝すること

<<   作成日時 : 2006/11/22 17:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

寺院とか教会って何のためにあるんでしょう?
修行のため?何か神様にお願いするため?税金対策?(笑)。
答えは「感謝するため」です。
日々、天から与えられている恵みに感謝するために教会に行くんです。「この願いを叶えてください」って、神様に請求書を提出するためではありません。
仏壇も、ご先祖様に感謝するために存在します。
寺院や教会や仏壇に神が「引きこもっている」わけではありませんので、「心の内なる神」に常に感謝している人は教会に行く必要はないんです。ま、寺も教会も「象徴」であって、それ以上でもそれ以下でもありませんからね〜。

画像


心というのは一種の波動です。
こちらが発している波長に見合う現象が人生には起こるんです。
だから、いつも感謝している人には「感謝せざる得ない出来事」が次々と起こるんですね。
いつも愚痴をたれている人のもとには「もっと愚痴を言いたくなるような出来事」が起きます。
結局すべては自分の望んだとおりのことが起きているに過ぎません。愚痴を言いながら「幸運」を求めたとすると、その混乱した波長に見合う「混乱した出来事」が起こるだけです。

ですから感謝することはとても大事なことなんです。感謝する心さえ持っていれば宗教なんて必要ではないかもしれません。
「感謝できるようなことが何もない」って声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。
毎日平穏無事に暮らしていることだけでも感謝の対象となります。
世界の半数が飢えている時代に、毎日食事ができるだけでも感謝すべきことです。
家族の助け、周囲の好意、自然の恵み、天の恩恵・・・・私たちは自分だけのチカラで生きているのではありません。多くの「見えないチカラ」によって「生かされている」んです。
私たちの生命が維持されていることだけでも、充分に感謝する必要があることなんです。

まぁ、どうしても愚痴を言いたくなったら陰気に言わずに、明るく朗らかに笑い飛ばすような感じで言えばいいと思います。吐き出してしまえばスッキリすることもありますし、明るく言えば、その「正の波動」のほうに現実が反応するでしょうからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感謝すること 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる