霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘプタポッド語

<<   作成日時 : 2018/01/05 13:03   >>

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

新年明けましておめでとうございます。
今年最初の話題は「霊的なメッセージ」に関する話です。実は、私は占星術を生業(なりわい)としてはいますが、オカルトはどちらかというと苦手なほうで、あまり信じてはいません。
予知能力とか、霊能力なんてものには懐疑的な立場を取っているんですね。
同じ占星術師でも、松村潔さんは「オカルト大好き」な方ですし、鏡リュウジさんが最も尊敬している心理学者のカール・グスタフ・ユングも「オカルト研究の第一人者」ですから、私の方が異端なのかもしれません。
しかし、そんな「オカルト嫌い」の私にも、新年早々、不思議な出来事が起こりました(笑)。

1月1日の未明のことです。
私の夢の中に不思議な「7文字の記号」が表れました。つまり初夢ですね(笑)。
何とか、その文字を解読しようと一晩中、夢の中で格闘していました。あまりの疲労に途中で目が覚めて、一度トイレに行ったのですが、もう一度寝ると、何とその続きから夢が始まったのです。
「これは絶対、何か意味がある夢だな」と思い、朝に起きた時に、内容を紙にメモしようと思ったのですが、その文字が複雑すぎて書き留められません。
視力検査表のランドルト環のような「C」の形なのですが、文字のあちこちがギザギザしていて非常に複雑になっており、書道用の筆で一筆書きしたような円形の文字だったんです。墨が飛び散ったような部分があるため、とてもボールペンでは再現できません。
夢の中でそれが7文字、横一列に並んでおり、そこには何か重要な意味がありそうな感じでした。

朝、目が覚めてから、「あの文字が解読できたら、人生が変わりそうな気がする」と妻に何度も訴えましたが、妻はあまり信じていないようでした。
まぁ、ぼんやりとした記憶の中の文字を解読することなんて一生無理だろうと諦めていたので、この話題はこれで終わるはずでした。

それから2日経った1月3日。
年末に借りていたDVDを返しにTUTAYAに行くと、「メッセージ」というタイトルのDVDを見つけました。
この映画の予告編を見たこともないし、私は「宇宙人モノ」には全くと言っていいほど興味がないので、普通だったらスルーするところなんですが、何となく「メッセージ」というタイトルに惹かれて、借りることにしました。

内容的には、12隻の謎の巨大宇宙船が地球に飛来し、人類はその宇宙人と何とかコミュニケーションを取ろうと知恵を絞る・・・というような話です。
正直、エンターテイメント作品としてはあまり面白くなく、途中で見るのをやめようと思ったぐらいです。
主人公は、ルイーズという言語学者の若い女性で、最初は言葉によるコミュニケーションを試みたのですが、全くダメで、次に「文字」を相手の宇宙人に見せるという方法を使います。
宇宙人はこれに反応しました。
ヘプタポッドと呼ばれる「タコ」のような形の宇宙人が、手(触手?)から墨のようなものを出し、空中に文字を描いたのです。
その場面で私は驚愕しました。
その「円形で、習字の筆で書いたような文字」は、私が2日前に夢で見たものと全く同じものだったのです。おいおい、なんだこれ?

私は瞑想を日課にしていますし、特に去年の8月からは、「1日1時間」の瞑想を自分に義務付けています。瞑想を習慣にしていると誰でも経験することですが、日常生活の中に「シンクロニシティ」が頻繁に発生するようになるのです。例えば、昔の友達の話をしていたら、その人から電話がかかってくる・・・とかですね。
その中でも特に意味のある偶然を「シンクロデスティニー」などと言いますが、今回のはまさにそれだと考えられるのです。
夢で見たのが、非常に複雑な形の「円形文字」をいうことで、さすがに「ただの偶然」では片付けられないでしょう。人生の中で、あんなものをイメージしたことは一度もありません。

ここからは映画のネタバレになってしまうので、これからその映画を見る人は読まないで欲しいのですが、その文字(ヘプタポッド語)を読めるようになると「時間の概念」が変わり、未来のことを見通せる能力を得られるという結末になっています。宇宙人が人類に与えようとしたのは、「その能力」だったのですね。
その能力を与えることの見返りに、3千年後に自分達を「助けに来て欲しい」と要求するあたりが、「ちゃっかり宇宙人」ですが、まぁ、これで宇宙人の目的は分かりました。

ヘプタポッドはルイーズに「武器を与える」というメッセージを送りますが、この意味を誤解した人類は、「宇宙人には人類に敵対する意思がある」として、中国軍を中心に全面戦争の危機に突入します。
しかし、ヘプタポッドの言う「武器」とは、「未来を見通す能力」のことだったというわけです。
未来を見通す能力を得たルイーズは、その能力を使って中国軍の将軍の携帯番号を入手し、電話をかけて彼を説得します。将軍は彼女の言葉を信じ、戦争の危機は回避される・・・というオチですね。

つまり、私の夢に現れた「7つの文字」を翻訳すると、「未来を見通す新たな技術を与える」「それを使って人を救え」・・・ということになります。
地球に表れた宇宙船が「12隻」というのも象徴的ですね。これは「12星座」に対応していると考えられます。

下の写真をちょっと見てください。
これは、映画のスタッフが書いた「ヘプタポッド文字」の草案ですが、まるでホロスコープです。
ひとつの円のように見えますが、実際は12のパーツに分かれていて、これひとつで「文章」になっているのです。


画像


実は、私がこの夢を見る前に、ちょっとした「問題」を抱えていました。
年末年始にかけて、たくさんの鑑定依頼があったのですが、私は「正確な鑑定」を重んじる性格であるため、「出生時刻不明」の依頼者を片っ端から断っていたのです。
恋愛相談なら時刻がなくてもできますが、「適職を知りたい」というような相談の場合、正確な時刻はどうしても必要になります。世の中には2万種類の職業があるとも言われますから、その中から職種を絞っていくには「時刻」が非常に重要なのです。
しかし、彼らも真剣に悩んで相談してきたのですから、「正確に読めないからできません」では、あまりにも無慈悲だったかもしれません。しかも、これだけの数の依頼を断るとなると、私の商売的にも大きなダメージとなってしまいました(笑)。
そのため、「何とか時刻不明の依頼でも、正確に解読できないものか」と考えていたのですね。

そんな悩みを抱えている中で、この初夢を見たというわけです。
12星座に関わる「未来を見通す新たな技術」と言えば、恐らくそれは「ホラリー占星術」です。
ホラリーとは、生まれのホロスコープではなく、「依頼者が相談して来た時刻のホロスコープ」を使って質問の回答を探す手法です。占星術と言うよりは、タロットのような解読法に近く、「インスピレーション」が必要とされるため、私はずっとこれを苦手にしてきました。しかし、ホラリーが使えるようになれば、「ありとあらゆる相談に対応できる」のです。
もちろん、生まれ時刻が分からない人にも対応できますし、「失くした財布はどこにあるのか?」というような、非常に細かい質問にも答えられるため、まさに「万能の占星術技法」と言えます。

うちの本棚には、この「ホラリー関連」の書籍も何冊かあるのですが、その「曖昧な感じ」が苦手で、今まで手を出さなかったんですね。
初夢に表れた7つの文字は、「とっとと、やれ!」ということなのでしょう(笑)。

ここでちょっと疑問に感じるのは、本当にあの夢が「メッセージ」だったのかと言うことです。妻は「それは2日後に見る映画の内容を予知しただけじゃないの?」と言います。確かにその可能性もありますが、映画そのものは「つまんなかった」ので、わざわざ、そんなものを私が予知する理由がありません。それ以前に、もし「予知」だったとしても凄いことではないでしょうか?(笑)。

結局、これが「意図されたメッセージ」なのか、「ただの偶然」なのかは判別できないのですが、私は正月早々、ホラリーの勉強を始めました。近いうちに、実際の鑑定の現場でも使うことになると思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
1日一時間の瞑想をされているとの事ですが、
コツというか、何かイメージしながらされているのですか?

ダイバーしんや
2018/01/05 19:25
スイレンさんこんにちは。あけましておめでとうございます。昨年、その節はありがとうございました。シンクロニシティ…、私も偶然にしてもこんな事ありえないと思う事が今までに何度かあり、周りには、役に立たない、コントロール出来ない超能力として、話のネタにしています 笑
けれどそれがきちんとコントロール出来るのであれば非常に興味深い事ですね。
スイレンさんが更なる進化を遂げそうでちょっとワクワクしています。笑
寒い日が続いていますがお体ご自愛ください。
もみあげ
2018/01/12 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘプタポッド語 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる