霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 占星術の起源?

<<   作成日時 : 2017/11/17 10:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、「ヘルメスの法則」に関連した書籍を読みあさっています。
前にもちょっと書きましたが、「ヘルメスの法則」とは、古代ギリシャの哲学者「ヘルメス・トリスメギストス」によって石版に書き記されたと言われている「宇宙の法則」を指します。
ちょっと難しそうに聞こえるかもしれませんが(笑)、「思考は現実化する」という話を最初に説き始めた人物なんですね。
現在、世の中で広まっている「引き寄せの法則」などを中心とする自己啓発系は、すべてこの「ヘルメスの法則」に源流があると言われています。

ただ、ちょっと問題なのは、「自己啓発系」団体の多くは「運命」という考え方を認めていないことです。
アメリカのプロテスタント教会を中心とする「ニューソート運動」では、占星術を明確に否定し、「ホワイトキャンバス理論」を採用しています。つまり、この世の中は真っ白なキャンバスのようなもので、自分が望めば、どんなことでもこの世界に描き出すことができる・・・という考え方ですね。
自己啓発系の指導者で有名なジョー・ヴィタリーは、「宇宙というカタログから自分の好きなものを注文できる」とさえ言っています。

・・・本当にそうなんですかねぇ?
彼らは重大な事実を見逃しています。現代の「ニューソート」の源流になったのが「ヘルメスの法則」であることは疑いようがありません。今から100年以上前にヘルメス派の哲学者3名(スリー・イニシエーツ)によってヘルメスの法則は書籍化されました、その本を「キバリオン」と言います。それまでは門外不出の「秘伝」だったのですから、この動きは画期的なものでした。
キバリオンは当時の思想家に大きな影響を与え、ウォレス・ワトルズ、ジェームズ・アレン、ラルフ・エマーソンなど「自己啓発系の元祖」と呼ばれる人たちによってアメリカ中に広まりました。これをプロテスタント教会が取り入れ、「豊かになることは神に与えられた権利である」として、ニューソート運動が展開されました。
アファメーションで有名なルイーズ・ヘイも、ニューソート系の教会で学んだ人なんです。

・・・・しかし、実はヘルメスの法則を生み出した「ヘルメス・トリスメギストス」は西洋占星術の開祖だと言われている人なんです。
歴史的には占星術が誰によって始められたのかは分かっていません。遥か古代から存在していたことは分かっていますが、「誰が」始めたのかは全くの不明なのです。しかし、ヘルメス派の哲学者によると、彼こそが「占星術と錬金術の開祖である」ということらしいのです。
つまり、私にとっては「恩人」みたいなものですね(笑)。

確かに、彼が残した碑文「エメラルドタブレット」の冒頭にはこう書かれているそうです。
「上のごとく、下もまた然(しか)り」・・・・これこそ私たち占星術師が信奉する「万物照応の法則」そのものです。この世の中のものは全て関連し合っており、「大きいものは、小さいものと相似形を成す」というのが占星術の基本的な考え方になります。
例えば、銀河系は巨大ブラックホールを中心に無数の星が回転していますが、その銀河系の一部である太陽系は、太陽を中心に複数の天体が回転しています。
もっとミクロな存在である「原子」は、原子核を中心に電子が回転しています。このように、巨大なものも微小のものも「極めて似たパターンができている」のですね。

ここから、太陽系の星の動きと、我々「個人の運命」も相似形をなすはずである・・・というのが占星術の法則になるんですね。惑星を使う理由は「正確な動きを観測できるから」です。他に正確に観測できるものがあるなら、別に惑星でなくても良かったんですね。万物は照応していますから、例えば道端の石ころだって詳細に分析すれば、人間の運命との関連性を探し出すことができるのです。
だから占いには、手相、易学、タロット、四柱推命などたくさんのものがあるんです。古くは鹿の骨を火にあぶって、その亀裂で未来を占うという方法もありました。万物照応の法則から言えば、外にある「どんなものを使っても」未来を読むことができるはずなんですね。

さて、ヘルメスが占星術の創始者であるならば、ヘルメスの「7つの法則」のひとつである「引き寄せの法則」を信奉している自己啓発系やニューソート系の人たちが、「占星術を信じない」というのはちょっとおかしな話になりますね。
これでは「相対性理論は信じるが、アインシュタインの話は信じない」と言っているに等しいですよ(笑)。

現実問題としても、「引き寄せの法則」をどれだけ勉強しても、そこに「運命」という考え方を加味しなければ何も実体化させることはできません。あなたも、引き寄せを勉強したけど、お金持ちにはなっていないでしょう?
「宇宙というカタログから好きなものを注文できる」というのは魅力的な話ですが、実際は、私たちは「自分が会員になっているショップのカタログしか使えない」のです。
つまり、それぞれの個人の運命に応じて、私たちが使えるカタログには違いがあるということなんです。
別に悲観することではないんですよ。その「自分だけのカタログ」には、私たちが「本当に欲しいと思っているもの」の全てが載っています。

あなたのカタログには「新車のポルシェ」は載っていないかもしれません(笑)。でも、それはあなたには必要のないものだし、それによって幸福を手に入れることはできないから載っていないだけです。
自分のカタログに載っていないものまで「欲しい欲しい、引き寄せたい」と言っているから、何一つ手に入らないのです。
自分のカタログにないものまで欲しがることを「エゴ」と言うんですね。キリスト教的に言うなら「貪欲」、仏教的に言うなら「執着」です。

自分にはどんなカタログが与えられているか、まず知らなくてはなりません。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
占星術の起源? 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる