霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分にしかできない仕事をしよう

<<   作成日時 : 2017/02/03 16:25   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 1

貧乏占星術師のスイレン先生は、経済危機を回避するために、いろいろと動き回り、ついに某会社の内定をいただきまた〜、パチパチパチ。
・・・ところがその後、会社から連絡がない(笑)。封書で資料が来るはずなんですが来ませんね。
これは内定取り消しのパターンでしょうか?
・・・まぁ、大したことはないです。転職歴20回以上を誇るスイレンさんがこの程度で動揺するはずがありません(ガクガクブルブル)。

冗談ではなく、とりあえずは本当に何とかなりそうです(笑)。内定取り消しでも乗り切れます。
去年は死にかけの状態になっていた持病持ちの扶養家族たちも、なぜか年が明けてから全員体調が良くなっているので、以前ほど追い詰められた状態にはなっていません。

それに、いつも思っていることですが、「自分のなすべきこと」をやっていれば、天はきっと手助けしてくれる・・・という確信めいたものもありますので、あまり心配はしていないんです。
実は先月、不思議なことがありました。
1月分の国民健康保険税の支払いをどうしようかと頭を痛めていました。社会保険のサラリーマンはあまり知らないと思いますが、我々自営業者にとって月々のもっとも大きい金銭負担は国民健康保険税です。家賃よりもずっと高い(笑)。
ちょっと困っていたら、1月末に、5年以上も前に手伝った仕事の謝礼金が手に入りました。突然知人から電話がかかってきて「会いたい」というから地元まで行くと、封筒に入ったお金を渡されました。
5年前(震災後の混乱期)のことですから、こっちはとっくに忘れているし、「受け取れないよ」と言ったんですが、ほとんど無理やりに近い状態でポケットにねじ込まれました。
封筒を開けてみると、1月分の健康保険税とほぼ同額。
ちょっと笑いだしそうになりました。

誰か見てるね〜。それが神様なのか、守護霊なのか、それとも別な何かかは知りませんが、私の行動だけでなく、私の思考まで読み取ってる「何か」は確かにいるような気がします。

インドではこれを「ダルマを生きる」と言います。
自分が与えられた「使命」を果たしていれば、日常的な問題は目に見えない力によって解決される・・・というような考え方です。だからこそ、日々の生活費を稼ぐためではなく、「使命」を果たすことに力を注がなくてはならないんです。

実は先月ココナラの撤退を宣言した後に、多くのリピーターさんが鑑定依頼をしてくれて、しかもおひねりまでいただきました。本当にありがとうございます。
こうして一度も会ったことのない、ネットだけのつながりのお客様にも助けられる(感涙)。
ここで一人ひとり名前を読み上げて感謝したいところなのですが、ちょっとそれは守秘義務違反なのでしませんが(笑)、7名の方々本当にありがとうございました。いつか必ずご恩はお返しします。
しばらく休みますが、必ずパワーアップして戻ってまいります。

実は最近ちょっと疲れてもいたんです。毎日机の前に12時間以上座ってますから、痔になるわ、疲れ目だわ、色白になるわ、筋肉は落ちるわ、動悸が止まらないわで結構不健康です(笑)。
脳ミソをフル回転させているためか、体重は増えませんでした。脳ってかなりエネルギーを使うんですね。
しばらく外で働いて、心も体もリフレッシュしてきます。

さて、久しぶりに世間話をしましょうか。
トランプ大統領の「入国制限」が話題になっていますが、今でもトランプさんの支持率は就任当時とあまり変わっていません。
それだけアメリカ国内に社会に対する不満を持っていた人がいるということでしょうね。

ただし、ちょっとトランプ支持派の意見には賛同できないところがあります。
「移民に仕事を奪われた」・・・これ、トランプ支持派には一番多い意見ですね。だから移民を入れるな、追い出してしまえ、ということらしいです。でも奪われるということは、それは「あなたでなくてもできる仕事だった」ということですよね?オンリーワンの仕事をしていれば、誰もあなたの仕事は奪えません。
これは重要な問題ですよ。
これからは移民に限らず、ロボットなどがどんどん人間の仕事を奪っていきます。レジなんてもうセルフのところが多いですよね?
つまり、これからは「自分にしかできない仕事」をしている人しか生き残れないということです。
「ダルマ」を生きる以外の道はなくなっていくんです。

トランプ反対派にはセレブや有名人が多いと言われていますが、彼らは「自分にしかできない特別な仕事」をしている人たちです。ハリウッドが全面的にトランプ反対派なのは象徴的ですね。
自分の生活が苦しいのを、移民や難民の責任になすりつけるのは「卑怯」です。彼らは低賃金で仕事を請け負うほど「本当に困っている人たち」です。自分よりも困っている人が、自分よりも安い賃金で働くというのが不満ですか?

私は震災後に、津波で家を流された「被災者」に当時やっていた仕事を奪われました。彼らには補助金がつくので、雇用者は実質的な賃金を払う必要がないためです。
だからと言って、別に彼らを恨むとか、出て行けという気持ちにはなりませんでした。
彼らは家も家族も失った「本当の弱者」なのです。
ちょこっと地震で家が傾いた程度の我々が、「俺の仕事奪うな」と主張するなんて恥ずかし過ぎます。

おかげでその後3年半ほどさまざまな仕事を転々としましたが、今にして思えば「楽しかった」です(笑)。今までやったことのない仕事をたくさん経験できましたし、最終的に1年半にわたってプロの「占星術師」としても活動できました。ようやくたどり着いた「自分にしかできない仕事」です。
私はココナラの他の占星術師と張り合う気はありませんし、ランキングも見たことがありません。本当に興味がないのです。

活動が維持できなくなったのは、競争に負けたわけではなくて、単純に「料金設定ミス」ですから(笑)。

誰かの犠牲の上に成り立つ「安定」は本当の平和ではありません。トランプが暴言を吐くたびに世界のどこかで新たな憎しみが生まれ、戦いの種がまかれています。
「ダルマ」を生きている人は、「仕事を奪われた」「自分が不幸なのは他の誰かのせいだ」などとは言いません。
自分の行動が正しいのかどうか、もう一度アメリカ人労働者には考えてもらいたいのです。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そんなに肩肘張らなくとも大丈夫ですよ。
まに。
2017/02/06 06:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分にしかできない仕事をしよう 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる