霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 失敗を糧に

<<   作成日時 : 2017/01/15 20:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 5

ここ2か月ほど経済的に追い込まれていたせいもあり、私の鑑定レポートは少々「荒くなった」気がします。最近相談してくださった方には申し訳なかったなぁ、と思います。荒いと言うか、「説教くさい」んですな。
それ以前は、もっと慎重に、相手を励ます方向で時間をかけてレポートを書いていたんですが、経済的に追い込まれてきて「数をこなさないといけない」という焦りから、相手に対してやや批判的な方向に文章が流れるようになっていました。
この点は非常に反省しています。
みんな説教されたくて相談してくるわけじゃないですよね。「希望」が欲しいはずなんです。
例えば不倫している人だって、そこには真剣な愛情があるし、少なからず罪悪感に苦しんでいます。
以前の私であれば、そこに理解を示し、何とかそれを成就する手段はないか探していました。確率的には不倫は「相性が悪い」と出ることがほとんどなのですが、それでも依頼者にお伝えする時はオプラートに包んで優しく諭すような感じで文章を書いていたんですが、去年の11月後半からは「ダメですね」「それは許されません」と半ば突き放すような表現になっていました。
今考えると、それで傷ついた人もたくさんいるんだろうなぁ〜、と反省しっぱなし。

しかも、12月は10件以上のキャンセルまで出してます。「それは占星術の守備範囲外です」とか「政治的信条についてはお答えできません」などと言って依頼を断ったりしていました。何たる傲慢!
相手がどれほど悩んでいるのか、どんな思いで相談してきたのかを考えれば、たとえ難しい依頼であっても受けるべきだったのでしょうが、完全に余裕を失っていた私は依頼者を選別するようになってしまっていたのです。

結果として天罰が落ちました(笑)。
ついに「マイナス評価」が1件付き、その日から総合鑑定の依頼は完全に停止。ネットの世界は「口コミ」が命ですが、まさか1件の評価がこれほどの影響を持つとは、改めて驚きました。
まぁ、あれだけ傲慢な態度を取っていれば、これも仕方のないことなのかな、と思います。

ここでアルフレッド・アドラーの言葉を思い出します。
「人に関心を持たない人間は、困難な人生を歩み、他人にも大きな害を及ぼす。人間の過ちはすべてそういう人々から発生する」

・・・私は占星術の理論ではなく、もっと「人間」に関心を持たなくてはならなかったんです。みな夢があり、痛みを抱え、苦労しながら人生を生きています。
その彼らに対してもっと興味を持たなければいけなかったんです。

もう一回、一からやり直しですなぁ。
「生活費を稼ぐため」ではなく、純粋に「人を助けるため」にやらなければ、やはりこの仕事は続けられません。

実は年明けから「吉田松陰」の本にハマっておりまして、自分の損得ではなく、「理想のために命を捧げる」とはどんな気分なのだろうと想像しています。
吉田松陰が斬首されたのは29歳の時。
彼よりもずっと年上の私が、まだまだ覚悟が定まっていないのを恥ずかしく思いながら本を読んでいます。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもどうも、こんばんは。
人生というのは不都合の連続で、その不都合にどう対処するのかを問われているもんなんだと思ってます。(好都合は受け入れやすいので、さておき)
そこから何かを修得しない限り同じ不都合に見舞われる。何度も何度も同じ間違いを繰り返して熟れるもんなのでしょう。
つまり、人間には成長の余地しかない。無理のない範囲で、お互い頑張りましょうぞ。
沢田
2017/01/15 22:16
批判に寄っちゃいましたか。
研究家としては必須の癖なんですけど、人に向かう商売で出ちゃうと厳しいですね。
私はそれどころじゃなく山ほど直さないといけないものがあるんですけども、まず怠け癖からでしょうか(苦笑)
一生を終えるまでに人間としてできた人になれるんでしょうか。
その後のフォローで、具体的にどうすればよりよく対処できるかさえ指南していただけるなら、私は悪いなら悪いではっきり言ってほしい方なのでいいのですが、そういうのも占者と客の相性ですよね。はっきり言われたくない人もいるから評価はどうしてもいいばかりでは済まないところはあるんでしょうね。
説明文に辛口ですと書けばそれでもいい人だけが依頼してくれたりとか、ないんでしょうか。
ありあ
2017/01/16 23:03
相手を裁く気持ちがあるならば、例え優しい言葉だとしても、文章からでも十分伝わります。

逆に相手への愛があれば、辛口だったとしてもそれも伝わると思います。

とはいえ、人はいろいろいますから、耳に心地よい言葉だけを聞きたい人もいますし。

若い人は怒られることに慣れてなく、叱るのもエネルギーがいるし疎まれるしで避ける時代のうえ、
大人になるとますます叱ってくれる人もいなくなりますから、
思いやりをもってそれをしてもらえるのならば、いまどきは貴重だと思います。

ストレスがかかるとどうしても自分の悪いところが出てしまうものですが、
私は愛のある辛口は、賛成です!
ゆき
2017/01/17 21:13
沢田さん、ありあさん、ゆきさん、こんにちは。

言葉遣いは相手次第で慎重に変えていかないと反発されることがありますね。
実は相手がどんな人物なのかはホロスコープから読み取れますので、苦情を言ってきそうな人は事前に分かります。
今回も「危ないな」とは思っていました(笑)。

そういう人を相手にする時は、なるべく柔らかな言葉遣いを心掛けるようにすれば良いのですが、最近の私にはそういう心の余裕がなかったということなんですね。

ココナラはシステム上の弱さもありやや信頼性に欠けます。しかも、先日その件で事務局と揉めたばかりです(笑)
そんなこともあり、ココナラでの活動はそろそろ縮小する方向で検討しています。
早ければ2月中に撤退するかもしれません。
「リピーター枠」だけは残しますので、皆さんに関してはこれからもよろしくお願いいたします。


スイレン
2017/01/17 22:22
スイレンさんにお伺いするとき、どう聞いたらいいのかとても迷います。
まに。
2017/01/25 18:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
失敗を糧に 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる