霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 知識より行動

<<   作成日時 : 2016/12/09 15:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

「人生における大きな目的とは、知識を得ることではなく、行動することだ」
これはイギリスの生物学者ハクスリーの言葉ですが、これについては私も大いに反省すべき点があります。
私が占星術を始めて24年がたちますが、職業にしたのはわずか1年半前。
やってみると、思ったよりも人の役に立てるし、感謝されるし、収入的にも何とか生活もできています。ああ、もっと早く始めれば良かった・・・そうすれば、今よりも多くの経験を積めたし、貴重な実践データも膨大な量を蓄積できただろうに・・・と後悔する毎日です(笑)。
もちろん、今までの数々の転職歴も決して無駄ではないのでしょうが、それでも、自分のライフワークのスタートが遅れてしまったことに悔しい思いもあるのです。

私は乙女座に天体集中を持ちますが、乙女座は12星座の中で最も慎重で完璧主義の星座です。悪く言えば「ヘタレ」の星座なんですね(笑)。慎重すぎて「石橋を叩いてもやっぱり渡らない」と揶揄されるほどの慎重派。
考えるだけ、知識を得るだけでは人生は変えられません。占星術の知識を持ちながら、やっていた仕事は主に「肉体労働」でした。才能の浪費です。
どんなに読書家だろうが、勉強家だろうが、その知識を「人の役に立つ行動」に変えなければ何の価値もありません。

昔から占星術師になりたいという漠然とした願望はあったものの、そんなオカルトじみた仕事をしようなんて、恥ずかしくて人に言えません(笑)。11年前に妻と出会ってからは、頻繁に「占い師になりなよ」と言われ続けてきましたが、「そんな怪しい職業は嫌だ」と断り続けてきました。自信がなかったし、「占い師」という言葉は今でも嫌いです。
妻と結婚しなければ・・・あるいは震災に遭わなければ・・・縁故採用ばかりの今のふざけた街に引っ越さなければ・・・今でも占星術師にはなっていなかったかもしれません。

またここで愚痴になっちゃいますが、今住んでいる街は本当にコネだけで回っている感じの地方都市で、パク・クネさんのところと大して変わりません。縁故採用の腐れ地方公務員があの韓国のニュースを見て何を感じるか、今度飲み会で聞いてみたいところです(笑)。

おっとっと、また脱線。
人は特別な役目を持って生まれてきたんです。何か叶えたい特別な願いがったからこそこの世に生まれてきたのであって、知識をため込むためではないし、日々の生活費を稼ぐために生きているわけでもありません。自己実現っていう言葉は怪しくて嫌ですね。使命とか、テーマとか・・・ぴったりする言葉がありませんが、キリスト教なら「ミッション」と呼ぶものです。
せっかく生を受けた以上は、その目的に従い、自分のやるべきこと、やりたいことを決め、行動する必要があるのです。
考えるだけ、知識を得るだけでは何も果たしたことにはなりません。つーか、使われない知識など、大腸にたまった便秘のウンコと同じです(笑)。

「我々の運命は星が決めるのではない。我々自身の思いが決めるのだ」
これはシェイクスピアの言葉です。占星術を否定する言葉ですが、私は結構好きなのです。
占いに頼って、自分は何の努力もせずに成功を手に入れられる思ったら大間違いです。占星術が教えるのは「行動のタイミング」であって、行動するのは結局、自分自身でしかないのです。
例えば、3つの天体が120度ずつに配置される「グランドトライン」は、占星術では「幸運の配置」とされますが、「努力しなくても何とか生活できてしまう」という意味もあり、怠惰になりやすく、引きこもりの人や夫に文句を言うだけで離婚を決断しない女性にも多く見られる配置です。
明確な目的意識と行動力を持たない人は、どんなに幸運な天体配置が与えられてもそれを使いこなすことはできません。むしろ幸運が「アダ」となり、不満足な人生を歩むことだってあるのです。

いつも言いますが、ホロスコープは「地図」なのです。あるいは時刻表ですね。
どのルートを通れば最短コースなのか、いつ動けば「運命の列車」に乗れるのかを示すものであり、行動の主体は「本人の意思」です。

行動すれば人生は変わっていきますが、何もしなければ変わり映えしない日常が明日も繰り返されるだけなのです。
運命が手取り足取り、幸せまで導いてくれるわけではありません。

と、偉そうに言っている私も、プロになるまで20年以上も足踏みしていたわけですから、本当にダメな奴でした(笑)。スタートが遅れた分、老人になって歯が抜け落ちて、フガフガ言うようになっても仕事するつもりなので、死ぬまでには「人生のミッション」を終えたいものですね。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
スイレンさん、お久しぶりです。

先日友人と、活動は派手ではないしお金もがつがつ稼いでない地味な人の中にすごい人がいる、という話題の中で、
スイレンさんもきっとその方なんだろうねと話していました(スイレンさんの鑑定について話したことがある友人)。

有名になった人が本物とは限らない。とくにお金稼いでる人は私は要注意と思っています。偏見でしょうか…

そして、私の周りにも仕事をしたフリ、もしくは本当に仕事していない!のに、
税金から月に何十万も給料もらってる人もいますが、
チッとは思いますが羨ましいとは思いません。
仕事に対して熱意が持てないなんて気の毒です。

そして、私も若い時代10年ほどもたもたしてたことを悔やむ気持ちがあり、以前知り合いに、その分10年長生きすればいいんだよ!
と言われて、まあそうだなあとなんとなく?止むを得ず?納得しました。

スイレンさんにいただいた言葉の数々が、とても励みになっています。
もし予報通り、期待通りにならなかっても、
当たらなかったじゃん!などと責める気持ちはおそらくゼロだなとふと思ったのですが、
鑑定で自分のことを知ることができて安心し、将来の結果はどっちでもよいと思えていることは、自分の人生に対してあれほどあった恐れがなくなってきているんだなと思いました。

鑑定してもらいたいと思ってることがあるけど二の足踏んでます。
またそのときはよろしくお願いします。
ゆき
2016/12/10 19:18
こんにちは、ゆきさん。

知り合いの芸術家さんが言っていた話ですが、「我々芸術家は、世に出るのが20年遅れるが、その分、20年長く仕事をする」と言っていました。
芸術家には定年がないし、好きな仕事をしているから結構長生きします。

好きなことを仕事にすると、苦労している感覚もないですから、死ぬまで仕事をすることに何の不満も感じなくなります。
「老後のために」働いている人は、本当に毎日苦痛なんだろうなぁ、と思いますね(笑)。
スイレン
2016/12/10 21:48
芸術家の方っていきいきしてますよね。

我慢して働くことが無いというのは幸せなことですね。会社での奴隷時代を経験してると余計に思います。
日曜日の夕方になると落ち込んでくる日本人、いっぱいいると思います。


ゆき
2016/12/12 19:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
知識より行動 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる