霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 「引き寄せの法則」の問題点

<<   作成日時 : 2016/06/06 22:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

スピリチュアルの世界では、数年前から「引き寄せの法則」がブームだ。
ジェームズ・アレンが130年ほど前に発行した「原因と結果の法則」以来
「思考は現実化する」
「強く願ったことはそのとおりになる」
「プラス思考は良い現象を引き寄せる」
などと言われ、多くの自己啓発書やビジネス書にもそのように書かれている。
これは、多くの著名人や財界人などからも支持され、それを「ゴールデンルール」「宇宙の法則」などと呼んで、一種の宗教教義のように崇拝されている。
しかし、子供のころから仏教的雰囲気の中で育った私は、この考え方には強い違和感を感じていた。

実は、私も若かりしころは、金持ちになりたかったので、自己啓発書はたくさん読みましたよ(笑)。300冊ぐらい(読みすぎだっ!)。それでも、どうしても納得できない部分があるんです。

たいていの自己啓発書には、「自分が金持ちになった姿を想像しろ」とか「高級車を手に入れて、豪邸に住み、世界中を旅している自分をイメージしろ」なんて書いてありますね。そして強くイメージすれば、そのとおりになる・・・とか。
数年前にベストセラーになった「ザ・シークレット」もこの系統です。

しかし、私は仏教的雰囲気の家庭で育ちましたので、お釈迦様が「欲を捨てよ」と教えているのに、自分の欲望丸出しで、「金持ちになった自分」をイメージするのは、どうしても納得できません。
さらに、占星術を勉強するようになって、「運命」という考え方を知るようになるにつけ、エゴ全開で、自分の都合のいいような、「自分勝手な未来」を想像することに激しい抵抗を感じるようになりました。

しかし、自己啓発書は、聖書の言葉や、仏典の言葉を都合よく抜き出してきて、「ほら、古代の偉人も正しいって言っているよ〜」などと誘惑してきます。
しかし、最近、聖書を読み直してはっきり分かりましたが、「引き寄せの法則」は間違ってます。

聖書に登場する人物は、旧約、新約を通して、すべて「使命」に生きた人達の物語です。
アブラハム、イサク、モーセ、イエス、ペトロ、パウロ・・・全員、神に与えられた使命を生きた人であり、「金持ちになった自分」をイメージしていた人はいません。
ただ、使命を全うした結果として金持ちになった人は何人か出てきます。(アブラハムは多くの羊を手に入れ、財産を築きました)

人間には生まれながらの「使命」あるいは「運命」があると考えられます。
聖書的に言うなら、あなたは「特定の目的のためだけに神に創造された」わけですね。
ですから、幸せになれるかどうかは、その使命を果たすかどうかにかかっているわけです。

例えば、舞台役者になるために創造された人は、「舞台役者になった自分」をイメージするとうまくいきます。これは「引き寄せた」のではなく、役者になるための、その道中には神(運命)があらかじめ、さまざまなチャンスや出会い、活動資金を「準備してくれていた」と考えられるのです。
これは「引き寄せた」のではなく、「あらかじめ備えられていた」と言える現象なんです。
逆に、舞台役者になるはずの人が、「役者は不安定だから、弁護士になろう」としたとしますよね?すると、どんなにイメージしても、順調には事は運びません。それどころか、将来的に、破産したり、挫折したり、最悪、自殺もあるかもしれません。
エゴによって生きることは、聖書的には「悪魔に魂を売った」ことになります。

いいですか?本来の自分の役目以外のことをイメージしたとしても「思考は現実化しない」のです。
エゴ丸出しで、酒池肉林の生活をイメージしたところで、それを「引き寄せる」事は不可能です。
と言うより、引き寄せの法則自体がこの世界には存在していないかもしれません。

たぶん、これでスピリチュアル系の人の大半を敵に回したと思われますが(笑)、「なぜ占星術が当たるのか」を24年間考え続け、千冊を超える本を読み、さまざまな宗教を研究した私の結論です。

ただし、ひとつ良いお知らせがあります。
人間にとって「本来の目的」を果たしている時が、一番幸福感が強くなるんです。
作家になる運命の人は、作家を目指して書いているときが一番幸せを感じます。
自分に与えられた独自の才能を使い、人の役に立った時、幸福感がマックスになるように人間は作られているんです。そして、人の役に立つと、そこから報酬が得られますので、結果的にお金持ちになります。
最初から、「金持ちになること」を目標とするのは順番が違います。
才能を生かす→人の役に立つ→金持ちになる・・・これが正しいルートです。
これが引き寄せの法則だと、金持ちを目指す→血の滲むような努力→ほとんど失敗・・・となります。

聖書的に書くなら、「その人が生まれながらの使命を果たせば、神はすべてを用意してくださる」と言うところでしょうね。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもスイレンさんのおっしゃることは
私の胸にストンと落ちます。

強く念ずれば叶うというのは、
運命通りの生き方をするか否かにかかっているんでしょうね。

私はもう結構年を取っていますが、
まずはその「運命」を見つけるところからスタートせねばなりません。
その為にスイレンさんのアドバイスを仰ぎたいところですが
ココナラ・・・取れないっすね〜〜〜(笑)
こえり32
2016/06/06 22:54
その理論からすると少年Aや木嶋や
ヒトラーみたいな人間も特定の目的を
果たす運命を持って生まれたということですか?


やっぱり自分を受け入れてありのままに
自由意思を持って行動するとホロスコープ通り
になるのですか?


あとココナラの予約が取れないのが
困ります(笑)時間がかかってもいいので
口座振込でのシステムがあれば嬉しいです😀

オボちゃん
2016/06/07 07:57
こえり32さん、オボちゃんさん、こんにちは。
ココナラは、自分でも驚くほどの満員御礼状態で、一日15時間ぐらい鑑定してます(苦笑)。もうちょっと待ってくださいね。

オボちゃんさん、いいところついていますね。
「ヒトラー」の問題は、昔から多くの占星術師が疑問に思っていたことで、彼に対する占星術研究は歴史が古いんです。
特に、占星術が「当たる」と感じ始めたころに、最初に疑問に思うのが「生まれながらの殺人者はいるのだろうか?」ということです。

この説明は長くなってしまうので、近いうちにブログで書きたいと思いますので、しばらく待っていてくださいね。今は、ココナラが大変で・・(笑)。
スイレン
2016/06/07 09:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
「引き寄せの法則」の問題点 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる