霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 運命の強制力

<<   作成日時 : 2016/02/05 12:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

今のところ、父親の意識ははっきりしているが、未だに時々発生する意識障害の原因は分からないため、様々な検査が続いている。
それにしても、巨大病院はすごいですなぁ〜。
まるで空港の受け付けカウンターのような作りで、受け付けも空港の自動チェックイン機のようなもので行うし、各科ごとにカウンターがあって、とにかく広い。支払いも自動清算機だ。
窓の外を眺めたら、ジェット機が飛んでるんじゃないか、と思うぐらい、空港によく似ている。
救急車の搬入口付近には、タリーズコーヒーが出店しているし、地域最大の拠点病院はこんな風になっているんだなぁ、と感心するばかり。

何億円もするような検査機器の数々に、すごい数のスタッフ。
ただ、救急外来には、若い医者ばかりなのがちょっと気になった。いや、本当に20代っぽい人が多いのだ。

実は、こんなすごい検査機器がなくても、正確な出生時刻さえあれば、私でも病気の原因や発症日を予測することは可能なのだ。しかし、太平洋戦争開戦の年の生まれの父は、自分の出生時刻を知らない。

占星術では、病気は出生時刻に大きく依存していると考えます。病気のみならず、外見的特徴や体質は、誕生日ではなく、生まれ時刻によって決定されるのだ。その病状の重さなどは、ほんの数分でも違ってくる。
本当は、正確な出生データとパソコン一台さえあれば、私だって、高額なMRI一台分ぐらいの働きはできると自負している。

さて、意識障害のある父に、もう車の運転はさせられない。
田舎で免許返納は、生活に大きな支障をきたす。まぁ、生き残ればの話だが。

これを運命の強制力とでも言うのだろうか。
実は、私の心のどこかに「占星術師として食えなければ、またどこかで働けばいいや」という想いはあった。
しかし、こうして介護が必要な家族がいるとなれば、会社員には戻れない。時間に融通の効く、「自営業」で押し通すしかないのだ。
私が逃げ腰なのを見越してか、運命の神様によって逃げ道をふさがれた感じがする。もう占星術師として身を立てるしか方法がない。

実は、実家の近所に、プロの占い師(東洋占術)の女性がいるが、東京でバリバリ働いていた売れっ子占い師の彼女が地元に戻ってきたのも、親の介護のためだと聞く。

とにかく治療費の問題もあることだし、仕事を再開する事にすることにしました。ノマドワーカーの強みは、ノートパソコン一台あれば、どこでも仕事ができるということだ。
それが、病院の待合室だろうが、車の中だろうが、病人の枕元であろうが・・・だ。

どこにいても最大限に仕事ができるように、windowsタブレットを準備したし(高機能な計算ソフトはウィンドウズでしか動かないため)、常に注文確認できるようにスマホも新調した。
やることは一杯あるが、とにかく隙間の時間を見つけて動くほかはない。

そういうわけで、ココナラは開いたり休止したり、不安定な運営となりますが、よろしくお願いいたします。
どんなに忙しくても、決してクオリティは落としません。プロ意識は医者にだって負けないつもりですし。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
数日ほど、大変な時間が続いたようですね。
お疲れ様です。
またご都合がつきましたら、ココナラでの鑑定再開を心待ちにしております。
ぬるたこ
2016/02/05 16:44
お父様の意識が回復されて良かったです。
原因がわかり良くなるよう願っています。
スイレンさまもご自愛くださいね。

ブログ拝見し、ホロスコープには何でも示されていることに驚きました。

あんず
2016/02/06 12:59
ぬるたこさん、あんずさん、こんばんは。
正直、かなり大変なのですが(笑)、合間を見て鑑定は続けています。
ただ、自分に余裕がないせいか、ちょっと鑑定内容が辛口気味になっております。
もちろん、内容は間違っていないのですが、文章がちょっと荒いというか、説教くさくなっている気がします。反省ですね。
スイレン
2016/02/06 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
運命の強制力 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる