霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生は舞台

<<   作成日時 : 2016/01/29 10:35   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

いろいろと経済的事情がありまして、あと2週間ほどで、ココナラの鑑定を一時的にお休みいたします。
鑑定をご希望のお客様は、今のうちにご依頼ください。
家族を扶養している立場としては、占星術のみで生活することはやはり難しく、やはり対面鑑定に移行しなければ活動維持はできないと判断しました。そのため、ちょいと資金集めに奔走して、春からの開業を目指そうと思います。
誰かに相談しようと思いましたが、妻から「自分で自分のホロスコープを鑑定すれば?」と言われ、「それもそうだな」と思いました(笑)。
鑑定の結果、今年の3月〜8月までの間にやっている仕事が「生涯の仕事」になると判断されますので、ここは勝負の時です。全力を尽くすべき時期ですね。

多くの偉人達は、人生を舞台にたとえています。
神様から何らかの「役」を与えられており、私達にはそれを演じる義務があります。多少のアドリブは可能ですし、どう演じるか、どれほど情熱を傾けるかは、本人次第というところでしょう。
しかし、舞台上には大きなスポットライトが当てられ、我々からは舞台の下は「真っ暗闇」に見えます。
自分のことなんて誰も見ていない、自分には価値がない、と感じる人がいるかもしれませんが、本当は暗闇の向こうに、こちらをジーっと見つめている観客がいます。

ビクトール・フランクルの『意味への意志』という本の中にも、こんな一説が出てきます。

人生というステージの上に立ち、人生における役割を演じている人間は、自分が誰の前でその役割を演じているのかを、見ることはできない。

フランクルが、この観客として想定しているのは「神」であると思われます。
キリスト教徒ではない私達にはピンと来ない部分もありますが、日本にも昔から「おてんとさんが見ている」という思想がありますね。
誰も見ていなくても、常に自分の前には神がいて、こちらに視線を注いでいる・・・・という感覚ですね。
外面的な成功を得るために、不正行為や、パクリ、盗み、などをする人がいます。
ホリ○モンとか、佐野研二○とか、小保○晴子とか、号泣議員に、佐村○内などなど。
彼らにもし、「自分は常に神に見られている」という感覚があったとしたら、不正な行為をしたでしょうか?
オボちゃんは最近、手記を発表したそうで、いろいろと言い訳されているようですが、ホロスコープ的には不正行為は確定です。申し訳ないが、自己顕示欲、盗作癖、虚言癖、色仕掛け戦略などは、しっかりホロスコープ上から解読できるので、現時点においても言い訳を続ける往生際の悪さが見ていて哀れではあります。

もし、彼女の行動原理が「功名心」ではなく、「世の中の役に立ちたい」という純粋なものであったなら、あのような事件は起きなかったのではないでしょうか。

さて、あなたはどのような役を演じていますか?
あなたの演技は、観客を感動させるようなものでしょうか?
あなたがどんなに大根役者だったとしても、唯一の観客は決して席を立つことなく、あなたを注視し続けています。
上司が評価してくれなくても、家族から疎外されていたとしても、生き続ける限り、その眼差しは注がれ続けているのです。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
小保方の生年月日って前の頃から変わってる感じなんですけど、
やっぱり同じ解釈になるのですか?
オボちゃん
2016/01/29 11:35
変わったことを知らないのですが、何月何日から何月何日に変わったのでしょうか?
「前の頃」とはいつの頃を指すのでしょうか?
スイレン
2016/01/29 20:40
1983年6月29日から9月25日に変わってるっぼいです…

以前のスイレンさんの記事で水星海王星の
オポジションと書いてあったので6月の方で
鑑定しているのかな〜と思っていました。
オボちゃん
2016/01/29 20:55
1983年6月29日から9月25日に変わってるっぼいです…

以前のスイレンさんの記事で水星海王星の
オポジションと書いてあったので6月の方で
鑑定しているのかな〜と思っていました。
オボちゃん
2016/01/29 20:57
なるほど、今調べてみましたが、二つの説があるのですね。
私は6月29日で解読しました。
重要なポイントは水星の位置です。
6月なら水星は双子座、9月なら乙女座に入りますが、どちらも知性の星座での支配星回帰ですね。
しかし、「最先端科学」や「未知の領域」は双子座が担当します。
乙女座の知性は「すでに証明された理論を使う分野」において発揮されます。
となると、STAP細胞の発見を望んだ小保方さんならば双子座水星が正しいように感じられます。
また、あのズサンな研究ノートは乙女座水星らしくありません。乙女座はミスを嫌いますし、性格的に緻密です。あの大雑把なノートは、落ち着きのなく、混乱しやすい双子座の特徴のように感じられます。

よって、私は6月29日が正しいのではないか、と思います。


スイレン
2016/01/29 21:12
ありがとうございます。それにしても本当に
スイレンさんの知識、技術に感服いたします。

メチャメチャかっこいいです‼
オボちゃん
2016/01/29 21:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
人生は舞台 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる