霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 態度価値

<<   作成日時 : 2016/01/20 16:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

先週、ココナラの依頼が殺到した件について、複数の方からご連絡いただき、理由が判明いたしました。
ココナラ事務局から「プラチナユーザー様限定」で送られらメールの中に、どうやら「占星術師スイレン」が紹介されていたようなのです。
紹介された本人には何の連絡もなかったので、急増した依頼にちょっと驚いていました。
私の鑑定スピードでは一日2人が限界なので、お待ちのお客様には申し訳ないのですが、もうしばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

さて、業務連絡だけだと、妻から「つまんねー記事だな」と怒られるので(笑)、何か話題を。

私は心理学者や精神科医なんかはあまり信用していないのですが、ビクトール・フランクルだけは心から尊敬しており、日々、学んでいます。

人間には、「変えられない運命」というものがいくつもあります。どんな親のもとに生まれるかは自分で選べませんし、才能、容姿、身体的特徴など、努力ではどうしようもないことがいくらでもあります。
しかし、そこで運命に流されて、「どうせ自分は・・・」と悲観して生きるのか、運命に対して毅然とした態度を取ることによって、自分の運命を前向きにとらえていくかは、自分で選べます。
これをフランクルは「態度価値」と呼び、人生の中で最も重要なものに位置づけています。
貧乏だったり、病気がちな人であっても、「いい人生だった」と言いながら死んでいく人もいます。
金持ちのボンボンに生まれても、不平不満だらけで他人を信用せず、非業の死を遂げる人もいます。

与えられた運命や困難に対してどのような態度を取るのか、悲観して投げやりになるのか、最後の瞬間まで希望を持って生きるのか・・・。
フランクルによると、私達の「人生の意味」は、最初から与えられているのだと言います。それは人によって中身が違いますが、確実に与えられていて、私達に発見されるのを待っているのだそうです。

人生に生きる意味があるか、ないか。人生に希望があるか、ないか。それを決めるのは私達人間ではありません。
人生に生きる意味があるかどうかを自分で決められると考えていること自体が、傲慢なことなのです。
私達が、自分の人生の意味はあるのかないのか、とか、希望はあるのかないのか、などと考えていることとは全く無関係に、人生からは絶えず「生きる意味」が届けられています。
生きる希望は、どんな時にも必ず、すでにそこに存在している・・・これがロゴセラピーの基本的な考え方になります。

ただ、これを実感できるのは、人生の中で「どん底」を体験した人だけかもしれません。
フランクル研究の日本での第一人者・諸富祥彦先生も、悩み疲れて「もうどうにでもなれっ!」と全てを投げ出した時に、フランクルの思想が理解できたと語っています。

フランクルの名著『夜と霧』は、東日本大震災の後、再びベストセラーになったと言います。

震災直後に宮城県の南三陸町や女川町に行ったことがある人なら、誰でも、天に問いたい気分になったはずです。「人生には意味があるのか?」。
避難所がある高台から眺めると、町が完全に「消滅」していたのです。本当に瓦礫以外、何もないのです。
その瓦礫の中で、どれほどの人間が無残に死んだのか・・・・こんな悲劇に「意味はあるのか?」と考えずにはいられません。

そんな時、「どんな時にも人生には意味はあるのだ」と語るフランクルの思想は、静かに被災地で広がっていきました。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
態度価値 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる