霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 洗脳されている価値観

<<   作成日時 : 2016/01/11 15:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

私たち夫婦はあまりテレビを見ません。どうしても見たい番組がある時は録画しておいて後から見ますし、CMは全部スキップします。
見る番組と言ったら、情熱大陸、映画、プロフェッショナル、それから朝の情報番組ぐらいでしょうか。あ、最近になって「あさが来た」は見るようになりました(笑)。
民放テレビはその性質上、「モノを売りつけるため」に放送されています。ですから、「こういう商品を持っていないと時代から取り残されますよ」というメッセージが至る所にちりばめられています。
基本的にテレビの視聴時間が長い人は、無駄な消費を続けるように、がっつり洗脳されていると言えるでしょう。

そもそも「お金が欲しい」という欲求は、飢えを恐れる本能によるものですが、今は年収300万もあれば食べていくには困りません。これで「お金が足りない」と思う人は、世の中に流されて余計な買い物をしている可能性があります。
田舎なら世帯年収200万でもギリギリ生活できます。
それなのに、「もっともっと」欲しいと思うのは、企業や国によって、そうした欲求を持つように仕向けられている可能性が極めて高いのです。
そうやって欲望を満たしたことによって得られた幸せは、本当の幸せではないかもしれません。

例えば、やりたくもない仕事を我慢しながら続けて年収1000万を得た。そして夢のマイホームを購入。しかし、そのローンの支払いのために、またやりたくもない仕事を延々と続けなくてはなりません。労働時間が長いから、せっかく買った家でゆっくりする暇もなく、家族との時間もあまり確保できない。
しかし、もし、自分の納得できる仕事で、最低限の収入が確保さえできていれば、ほんの一瞬たりとも「我慢」して生活する必要はないのです。もちろん、生活できないレベルの貧乏では困りますが、「幸せな生活」を営むには、皆さんが考えているほど高額なお金は必要ありません。

「格差社会」などという言葉がマスコミを賑わせ、「もっと稼がなくては負け組みになってしまう」と恐怖心をあおります。
ですから、何とか勝ち組に入ろうと、みんな毎日死に物狂いで働くわけですね。
でも、「幸せ」というのは、「本人がどのように感じているか」という主観的なものであり、相対的なものではありません。
年収300万円の人よりも、年収1000万の人の方が幸せだ、などという理論的な証拠はありません。
収入の額で幸せを数値化できるというのは企業や国によって植えつけられた価値観です。経済的洗脳と言えるかもしれません。
頑張って働いて、あってもなくてもいいようなブランド品や高級車を買って経済を回せ、というわけです。
そして、そのシステムを作った支配階級は、ろくに働きもせずにウマイ汁を吸えるというわけですな。一部の支配階級のために社会全体が奴隷化しているとも言えるでしょう。
なんか、共産主義者の解説みたいになっていますが、違いますよ(笑)。洗脳についての話です。

じゃあ、どうするかと言うと、まずは、あまりテレビを見ないことでしょう(笑)。テレビの情報などなくても、社会生活には困りません。重要なニュースはネットで充分。ワイドショーなんて特に見なくてもいい番組です。
それから、好きなことを仕事にしましょう。
他の人がやっているような儲かりそうなこと・・・つまり、一流企業に就職するだの、集団アイドルに入るだの、誰でも思いつきそうなことをやっていると、そこに競争が生まれます。
正直、A○B48のメンバーが明日半分入れ替わったとしても、世の中にそれほど影響はないでしょう。つまり、スペア(補欠)で充分なのです。
そのような「スペア」が存在するような仕事をしていると、どうしても「私の方が安くできます」とか「早くこなせます」なんて自己アピールが必要になるんですね。
これが、「私にしかできないことをやります」となれば、お客さんはそこにお金を払ってくれますし、競争も起こりません。だって「私にしかできない」のだから(笑)。実際、結構いますよね?「この人しかできない」技術を持った人達が。
それほどの高みに立つには、やはり「好きなこと」でないと到達できない。やりたくもないことを我慢して続けていては「孤高の存在」にはなれません。
どうしても「お金を儲けよう」というところからスタートすると、独自の発想が生まれにくくなるので、他の人と同じようなことしか思いつきません。するとやはり競争が生まれてしまいます。
名門大学に行きたがるのも同じ発想ですね。大学行かなければ就けない仕事なんて本当はそんなに多くはありません。しかし、他の人と同じような発想で、同じようなルートを通り、同じような就職をします。だから競争社会に巻き込まれてしまうのです。ここには「勝つか負けるか」の価値観しかありませんし、どちらかというと「負ける人」のほうが多くなります。
自分の持っている能力を「どうやって生かすか」と考えた場合、そこには無限のルートが存在します。
人が勝手に定義した幸せではなく、「自分にとっての幸せ」を追求すると、人は自由になれます。

人を蹴落として勝利し、一瞬の美酒に酔っても、それは他人の思惑に操られた結果の「偽りに勝利」に過ぎません。
自分の本当の夢を見つけるためには、まず、この「洗脳」を解かなくてはなりません。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洗脳されている価値観 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる