霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 宗教を信じなくても救われる

<<   作成日時 : 2015/12/25 16:56   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

「真理の探究」なんて言うと、すぐに宗教をイメージしてしまう人がいると思います。
でも、人生の目的は最初からすべて自分の中にインプットされています。
自分自身をよく知れば、人生の目的は、必ず自力で見つけることができます。
ですから、どこかの教祖のお告げとか、神の導きだとか、宗教的教義などは必要ではありません。

私は様々な宗教を学びましたが全て独学で、特定の宗教団体には所属していません。昔、数日だけ、キリスト教系の教会に話を聞きに行ったことがありますが、「原罪」だの「神の罰」など、不気味なことばかり言うので(笑)、すぐに行かなくなりました。唾飛ばしながら「罪の報いは死である〜〜!」なんて言うのは、ほとんど脅迫ですな。
宗教を信じないからといって、宇宙の真理を否定したことにはなりません。
宗教団体は嫌いですが、私ほど宗教的な人間はいないと思っていますし(笑)。

重要なのは「すでに自分の中に答えがある」と信じることなのです。
自分の中に答えがあるのに、なぜ、高いお布施を払って、どこかの怪しい教祖の話を聞かなければならないのでしょうか?

宗教団体の多くは、人に罪悪感を持たせることによって、組織を維持しています。
「教義に従わなければ地獄に落ちる」とか「脱会したら悪いカルマが溜まる」だのと。
はあ?地獄を見たことでもあるんですか?脱会した場合と、会員を続けた場合の違いを示す客観的なデータでもあるんですか?
要するに、彼らは不安なんですね。自分たちの正義に自信がないから、仲間が減ることを極端に恐れる。ひょっとすると自分たちが間違っているかもしれない、と考えることは彼らにとっては恐怖そのものなんです。
自分に信念がないから、「教義」に頼る。
人生の目標がないから、「教団の方針」に乗っかる。
悪いが、そんなヘタレと付き合って、人生の無駄遣いをするつもりはさらさらない。

前世やカルマも、現時点においては証明しようがない。
「あなたが結婚できないのはカルマのせいだ」と言われたところで、何の根拠にもならない。自分が行動しない言い逃れに前世やカルマを持ち出すべきではない。
「あなたが結婚できないのはヘタレだからである」と言われた方が、信じる気になるのだが(笑)。

占星術のいいところは、後で「当たったかどうか」を検証できるところにある。教祖の「予言」と違って、こちらは「予報」なので外れることもある。ごめんなさいね(笑)。だが、それだけにリアリティがあって向学心が刺激される。

宗教を信じることは悪いことではない。しかし、宗教団体にすがって生きることは害の方が大きい。
神は平等であるので、特定の宗教団体の人間を「ひいき」することはない。むしろ、「うちの宗教だけが正しい」と言っているような不届き者を罰することならあるかもしれないですけどね(笑)。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私の思想そのままを文章にしていただきありがとうございます(笑)
本当にそう思います。
ありあ
2015/12/25 19:46
私の場合、「組織」全般が嫌いだというのもありますね。
子供のころから協調性がなく、団体競技も苦手でした(笑)。
勉強もすべて独学で、人に教えられることが好きではない、という徹底ぶりです。
スイレン
2015/12/25 21:57
数年前から思っている事を綺麗に成文化して頂いたような気がします(^^;;

ありがとうございましたm(__)m
パウンド
2015/12/27 06:22
全く同感です!

ありがとうございます☆☆☆
通りすがりの者です
2016/09/23 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
宗教を信じなくても救われる 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる