霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 成長と貢献

<<   作成日時 : 2015/11/18 12:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

皆様のおかげで、ココナラ鑑定『リピーター様限定』枠が、「女性の満足度ランキング5位」に入賞いたしました。
おお〜!パチパチパチ。
現在、ココナラ全体の出品数は4万5千件ほどあるのですから、その中の5位は結構価値があります。(占い部門では1位ですしね)
実は9月にも、同じく「女性の満足度ランキング2位」を取ったことがあるのですが、その直後に、一ヶ月の休止期間があったのでランク外に。
その後、10月中旬に再開してから、わずか1ヶ月でランキングに返り咲きました。
ありがとうございます。リピーター様のご支援のおかけです(号泣)。

と、書いてみましたが、実はあまりランキングには興味ありません(笑)。
ここまでやっても、実際は生活できるレベルの収入にはなっていないのですから、今後はどうしても対面鑑定に移行する必要がありますしね。

人が仕事を選ぶ上で、絶対に外せない二つの価値観があります。
「成長」と「貢献」

それ以外には、「安定感」、「不安定感(変化を望む気持ち)」、「重要感」、「人とのつながり」があり、全部で6つの動機があります。

しかし、安定感や自己重要感を満たすだけでは、結局、「自分のためだけに生きる人生」になってしまいます。それに、どんなに人生に安定を求めたところで、挫折や試練は誰の人生にも訪れます。これは避けられません。
そんな逆境の中でも仕事を続けるためには、「成長」と「貢献」の価値観が大切になります。

問題は、自分の活動が誰かの役に立っているか、ということですね。
私は皆に、「自分の好きなことを仕事にしろ」と言い続けてますが、ゲームが好きだからって朝から晩までゲームをしていても意味がありません。最近ではプロのゲーマーがいるらしいですが。
自分の活動が「他者に貢献しているかどうか」が趣味と仕事の違いです。
屁理屈くさくなってきたな(笑)。
ま、詳しくはアンソニー・ロビンズの本でも読んでください。コーチングの第一人者と呼ばれる人物です。

理屈はやめて、勢いで書きますが、人の「ライフワーク」は常に「自分の好きなこと」と「人の役に立つこと」の二つの意味を含んでいるということです。
自然界では全てのものが他者に貢献しています。ミツバチは蜜を集めているだけに見えますが、結果として花粉を運び、植物の繁栄に貢献しています。ライオンも草食動物を狩ることによって、数のバランスを保っています。
あなたの仕事は、この世界でどんな貢献をしていますか?
この世界には、あなたにしかできない仕事ってのがあるものです。自分がいなくなっても、何も変わらず、誰も気にしない。自分が辞めても、その会社は別の人材を用意して、何事もなかったように業務が続く・・・そんな人生で本当にいいんですかね?企業にとってはスペアが効くほうがいいでしょうが、あなたにとってはどうですか?空しくはないですか?悔しいんじゃないですか?
もう好きなこと以外何もやらなくていい、と思っているんです。
その好きなことが「人の役に立つ」ものであるなら、本当にそれ以外のことは何もやらなくていいぐらいには思っています。
私自身がそれを証明するためにも、今日もせっせと鑑定を続けているんですが、まぁ、貧しい生活ですね(笑)。
昨晩、妻が言ったセリフ「これから私、『ゲゲゲの女房』みたいになってしまうの?」
・・・・痛い・・・心が痛い・・・。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
好きな事しかしない人生の準備中です。辛い事が多いですがいつも励まされています。
とも
2015/11/21 08:59
こんにちは、ともさん。
返信遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

好きなことだけするようになると、なぜか、フリーの立場で働いている人と知り合う機会が増えます。
経済的に安定しないので大変ですが、精神的には実に健全です(笑)。
自分の好きなことをするのが、結局、一番社会の役に立つ道でもあると感じています。占星術師を始めてから、人に「ありがとう」と言われることが多くなりました。嫌いな仕事を嫌々やっている時にはありえないかったことです。
スイレン
2015/11/26 11:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
成長と貢献 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる