霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 限りある命

<<   作成日時 : 2015/07/02 22:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

石巻の実家の猫が死んだ。
推定年齢14歳。結構高齢だった。
今から13年ばかり前、当時ウチで飼っていたトラ猫に勝手についてきて、いつのまにやらウチでエサを食べるようになっていたブチ猫だった。
恐らくは数ヶ月間ノラ生活をしていたらしく、栄養不足のためか、普通の猫よりもふた周りくらい小さい猫だった。
警戒心が強く、触れるようになるまで1ヶ月くらいかかったが、いったん慣れると、いつも私の布団の中で寝るようになった。
ノラ出身だからか、天性のハンターで何匹ものネズミを捕まえては、私の枕元に並べるという特殊な芸を繰り返し、あっというまに我が家のネズミは絶滅した。朝起きると、ネズミのバラバラ死体が耳元においてあるという衝撃的な技だが、最後は私も慣れてきて、ブチを呼んでは最大限に褒めてやるのでした(苦笑)
結婚してからしばらくは妻を敵視していたが、1ヶ月ほどで和解したようだった。

震災後、私たち夫婦は集合住宅に引っ越すことになり、実家の親に猫を任せることになったため、あまり会うことはなくなってしまったのだが、それでも、たまに帰省すると全身で甘えてきたものだ。

ここ1年ぐらいで急に老け込み、高いところにもジャンプできなくなっていて、さらにここ2ヶ月は、のどに腫瘍のようなものができていて、動物病院に通院していた。喉の炎症かとも思ったが、薬は全く効かず、身体から異臭を発するようになっていた。人間で言うところのガンだったのだろうか?

先日、物件探しで石巻を訪れたついでに、実家に寄ったのだが、もうすでに虫の息になっていた。
頭を撫でながら「もういいぞ、無理しなくても」と言い残して私は帰宅した。私がいなくなってから1時間ほどで亡くなったという。

命あるものはいつか天に帰る日が来る。人間も、動物も。
だからこそ、この世に何かを残して行きたいと思う。ブチが10年前に生んだ子供は、今、実家にいる。ちゃんと生きた証は残していったよ。
私には子供がいないが、その分、この世に何かを残して生きたいと思う。知識か、思想か、まだ分からないけれど、きっと何かを残していくよ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
猫ちゃん亡くなられたのですね。。

私も3年前に実家の猫が高齢で亡くなりました。
とっても特別な存在でした。
鳩を捕まえて来た事もあり、ケガさせた?してた(笑)ので、家で母が看病したこともありました(^_^;)
時に彼女を連れて来たことも!
かなりアクティブで
廊下に投げたボールを犬のように追いかけて捕まえては、また投げてくれという目を
したり…
懐かしいなぁ(*^^*)

スイレンさんの、弟子にさせてください!と言いたい所ですが、
いかにせん、足らない所が多すぎる(笑)
…少なくとも現在ブログを読んでいるみなさんの心の中にスイレンさんの考えは、私もそうですが、残っています。そして、ブログがずっとここにあると、嬉しいです(*^^*)
ぴょん
2015/07/03 09:51
ぴょんさん、ありがとうございます。
天寿を全うしたという感じだから、思ったほど悲しくはないのですが、やはり寂しいですね。
その猫の子供(10歳だけど)、母親を捜して家の中を歩き回っています。そういうのを見ると、グッと来ちゃいますけどね。
ああ、いろいろありすぎて、物件探しが進まない〜。
スイレン
2015/07/03 15:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
限りある命 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる