霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 満員御礼!そして相性の問題

<<   作成日時 : 2015/06/24 21:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

ココナラで鑑定を始めて、まだ3日しか経たないのですが、予想外に盛況で、現在順番待ちの人が出ている状況です。
正直驚きました。
一週間に一人か二人、依頼があればいいかなぁ、と思っていたので、パソコンを開くたびに依頼、あるいは追加鑑定依頼が入っている状況にびっくり。ありがとうございます。
ただ、私の最大の弱点は鑑定に時間がかかること。実は一人あたり3〜4時間はかかってます(汗)
人によっては6時間かかったりしてます(汗汗)
もともと私は占星術の研究が好きだったものですから、知人とか有名人のホロスコープをじっくり眺めて「ほほぅ、なるほどなるほど」なんて言ってた奴で、一人分の解読に1ヶ月かけたこともあります。
と言うわけで、ココナラ以外で個人的に引き受けた方については、もうしばらくお待ちいただきます、スミマセン。

さて、今日は相性診断の話。
雑誌の占いや、軽めの占星術本に載っている相性診断は「おうし座と乙女座は相性がいい」とか「双子座と獅子座は相性が悪い」などと書いてあるものがあります。
これは「星座同士の親和性」と呼ばれるもので、石井ゆかりさんなどが多用しておられるようです。
しかしながら、この親和性は個人と個人の相性診断にはほとんど使えません。
茶飲み友達程度の軽い付き合いのなら、親和性だけでも診断できるでしょうが、結婚や仕事上の重要なパートナーの選定において、親和性など何の意味もありません。しかも太陽の位置しか問題にしていないこの手法では、結婚の相性など絶対に読めません。

相性診断においては、面倒ですが、一個一個の天体ついて、相手の星との角度(アスペクト)を検討していくのが正しい方法です。
さらには、相性のいい二人が一生相性がいいとは限らないので、お互いのプログレス天体を比較し「現在の相性」を調べ、二人の出生図を合成したコンポジット図で「二人が一緒にいるときだけ起こりうる事件」を検討します。

簡略化して、多くの人に占星術の素晴らしさを伝えると言う石井ゆかりさんの考えには賛同する部分もありますが、「簡略化しすぎて当たらない」のでは、本末転倒です。
やはり、時間をかけるしかないんですなぁ・・・・ごめんね、もう少し待っててね、皆さん。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満員御礼!そして相性の問題 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる