霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS お詫び

<<   作成日時 : 2014/08/27 20:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

DIOジャパン問題に関して、2度ほどテレビの取材依頼がありましたが、どちらもお断りいたしました。誘ってくださった方々、ご期待に添えず、大変申し訳ありませんでした。
もし私が取材を受けた場合、どうしても話さなくてはならないことが二つあるのですが、そのどちらも、公表すると良い結果はもたらさないという結論に至りました。

一つ目は、2年半前に、市に対して「DIOは補助金詐欺の疑いがある」という内部告発文を送ったのが私であるということ。これは元データも私の手元にあります。ファイル作成日時は「2012年3月○日」になっており、内容は「指導者を付けずに研修を行っていること」「人件費の水増し請求」「給与の大幅減額予告」「大量の離職者が出ていること」などについて書いており、「これは補助金詐欺である」と結論付けております。
この告発文の重要な点は、2012年3月の段階で、市は補助金詐欺を指摘する内部告発があったにもかかわらず、適切な対応をしなかったという証拠になるということです。もしあの時点で何らかの対策がとられておれば、全国規模の広域・巨額詐欺事件になるのを未然に防げたはずなのですから。
この事実を公表しようと思い数日前から新聞社や雑誌社を探していましたが、少し冷静になってみると、これを公表したからと言って何になるというのか?と思い始めました。この内部告発文を市長本人が読んだのかどうかは不明ですし、もし担当者が握りつぶしたのだとすると、その人が処分されるだけです。 のり子社長やその一味は痛くもかゆくもありません。市の担当者も、無能ではあるが悪意はなく、役人を裁いたところで何の意味もありません。

二つ目は、のり子社長から子会社の幹部に「市を脅せ」「退職者を口止めしろ」などの怪しいメールが送られていた点。一時期、たまたま私が幹部宛のメールを読める立場にいたため知ったのだが、のり子社長本人のスマートフォンから送られたメールなので、かなり初期の段階から「悪意を持った事業展開」だったことの間接的証拠になる。ただし、このメールはコピーして持ち出すことができなかったので(違法だし)、私の記憶の中にしかない。当然証拠能力はなく、「知らない」と言われればそれまでだ。メールを受け取っていた幹部本人もダンマリを決め込んでいるようだし。
それにこれを公表すると、幹部たちの立場が危うくなる。実際のところ彼らも被害者であり、「上からの指示に従っただけだ」と言うだろう。私は「嫌いな奴に頭下げるくらいなら貧乏のほうがマシ」という信念(ワガママ)を持って生きているからいいが、(だからいつも本当に貧乏なのだ)、普通の人は、家族を守り、生活を支えるため、上司の嫌な指示にも従わなくてはならない。たとえそれが少し犯罪っぽいものであっても・・・・。
メールを公表しても、そういう事情を抱えた昔の仲間を追い詰めるだけだ。しかも、私はあの人たちが好きなのだ。
途中から対立するようにはなったが、入社したてのころは本当にお世話になり、忘年会も最高に楽しかった。

厚生労働省が子会社が存在する自治体に対して「更なる詳細な調査」の指示を出した。これは刑事告訴への布石なのだろうと思う。これが終われば、検察・警察による捜査が始まるのかもしれない。
私が動かなくても事態は着々と進展している。悪人たちがこのまま野放しになるはずはない。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お詫び 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる