霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS ごく身近な洗脳の話

<<   作成日時 : 2012/10/29 13:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 1 / コメント 4

大震災以降、様々な仕事を転々としているスイレン禅師でございます。
今年の夏は、山奥の牧場で働いていました。賃金も安く、過酷な労働でしたが、いろいろ考えさせられることも多い職場だったので、ちょっとココにまとめておきたいと思います。
会社名を書くと問題があるので伏せさせてもらいますが、その牧場は養豚と観光がメインのなかなか大規模な施設でした。
毎日数百等の豚が生まれ、同じ数だけ毎日出荷される。牧場というと筋骨隆々の男性のイメージがあるが、その施設は大学で畜産や養豚を専門的に学んだエリートが多く、従業員の3割は女性。
正直、仏教徒の私としては、殺されるために生まれてくる豚たちが不憫でならず、ベジタリアンになろうかと本気で考えたほどだ。従業員たちはどう納得しているのだろう?生まれたばかりの子豚のかわいらしさは尋常ではない!人間の赤ん坊よりもかわいい!それが数ヶ月でハムにされる現実を、若い女性たちはどう感じているのだろうか?

で、ちょっと若い女の子に聞いてみた。
するとその女の子は、目をキラキラ輝かせながら、言い放った。
「この子豚たちは、食べられるために生まれてきたんだから、立派なお肉になれれば本望だと思います。途中で病気で死んだらかわいそう。この牧場の人たちもみんな同じように思ってますよ」
・・・・・開いた口がふさがらない。「食べられるために生まれた」「肉になれれば本望」。いったいそれは誰に教えられたのか?大学?ここの社長?それとも親?
出荷されていくトラックから聞こえる豚の悲鳴を聞いたことがあるだろうか?「プギー!ギーーーーッ!」。あれはどう聞いても「死にたくない」「助けて!」だろう。
食べられるために生まれた?その運命を定めたのは誰?神?人間?
彼らが死んで本望だと思っているというのは、何か根拠があるのか?豚語が分かるのか?
これだけの人間が働いていて、全員が一致した意見をもっているのは不自然ではないのか?異論を言う人はいないのか?などなど、突っ込み入れたいことは山ほどあった。

前にも書いたが、現在、世界の人口の4割は飢えている。さらに、今にも死にそうな飢餓状態にある人間は7人に一人だ。
例えば、牛肉1kgを生産するのに必要な穀物の量はおよそ16kg。
カロリーベースで考えると、豚肉を生産する場合、必要な穀物カロリーは5倍。牛肉にいたっては30倍。
ある試算では、先進国が肉食をやめたとすると、世界の穀物量は、世界中の人間に行き渡るのに充分な量があるとされる。
つまり何が言いたいかというと、養豚は世界的視点で見ると正義ではない。一部の人間の贅沢のために、多くの貧しい人たちが飢えている。
それでも、西洋人が肉食に対して罪悪感を持たないのは「牛や豚は人間が食べるために神が与えてくださったもの」というキリスト教の教えがある。牛や豚を食べるオーストラリア人が、鯨やイルカを食べる日本人を非難するのも、裏にこの教えがあるからだ。我々から見ると、どちらも動物を食べていることには変わりがないのだが、西洋人にとって鯨やイルカは「神の許可が出ていない」生き物になるのだ。バカバカしいし、差別的だし、もともと「牛や豚を食べてもいい」と言ったのはイエス・キリスト自身ではない。後の人間が勝手に言い出しただけで、そこに根拠や正義はない。

私が夏に勤めていた牧場も、よくよく考えるとキリスト教の影響があるように思われる。
実はその牧場のある町は、江戸時代に多くの隠れキリシタンが暮らしていた場所なのだ。迫害を逃れて山奥に隠れ住んだキリシタンたち。しかし、幕府に発見され、大虐殺が起こる。今でも町のあちこちに殉教者を偲ぶ十字架が掲げられている。さらに、その牧場の名前は旧約聖書の一説から名付けられている。
就職の面接の時も、どんな本を読むのか聞かれて「遠藤周作」と答えたところ、社長が大喜びしたことを思い出す。
遠藤周作は敬虔なカトリック信者として知られており、作品の内容もキリスト教から大きな影響を受けている作家だ。

彼らがどのように信じようと自由だが、誰かに教えられた内容を吟味せずにそのまま信じてしまうようでは「洗脳されている」と言えなくもない。豚の断末魔が「食べられて本望です。ハレルヤ!」に聞こえちゃうような人たちとは一緒には働けない。
死にたくない、と絶叫している生き物を食べながら生きているのだ、と自分の罪を自覚しながら私は生きたい。
私は牧場を辞めた。
次の仕事が見つかるまでの期間、さらに困窮することにはなってしまったが。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
AV女優「苺みるく」自殺!画像・動画
小悪魔チックなロリータフェイスとスレンダーボディで人気のAV女優の「苺みるく」さん自殺 ...続きを見る
AV女優の「苺みるく」さんが死亡していた
2012/10/29 14:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あなたの境遇を少しでも助けられる方法を知っています。ケールです。ケールは冬以外ずっと栽培できるし野菜と薬を兼ね、あらゆる微量栄養素を含んでいます。全粒粉の小麦粉が25kgで6000円、それに卵と海藻類があれば生きていけるのです。市販の見せかけだけ綺麗で発がん性のある食品を食べていてはいつか倒れます。このケールも大型のものでないと収量が少ない、病害虫にやられる、等、問題があるので市販のものではダメです。市販のものは飢饉に役に立たないものが多い。もし、やる気があるのなら差し上げます。植物は人を裏切らない。私は17年私のケールに養ってもらっています。河川敷でもどこでも良い。空いている土地に撒けば2mになり、5年生きる。返事がなければ、このプログともお別れです。
galegakale
2013/02/04 14:22
はっきりと分かったわけではありませんが、宮城は全体的にかなり汚染されていると言う情報が目に付きます。このような状況下でケールを栽培して安全な葉が収穫できるかわかりません。でも、挑戦し続けるうちに希望が見えてくると私は自分の人生の体験からも信じています。梁瀬義亮と言う有吉佐和子の複合汚染に出てくる医聖がいました。彼は人肉を食べた仲間を見たり、腐った肉の匂い、腐肉に群がる蟲等、地獄のような劣悪な環境で、30kgにやせ細った後、終戦を迎え帰国し医者を続けた人です。最後まで信仰を捨てずお金もロクに取らないで奉仕の人生を終えました。慈光会と言う有機栽培の野菜を販売する会を創始されたので検索し文を読むことを推薦いたします。この人は終生、不思議な声を聞きその声の言う通り従いました。私達seekerの先輩です。あなたが豚を憐れむのは当然の感情です。彼らが異常なのです。
galegakale
2013/02/04 15:23
ケール栽培をしていますと色々妨害が入ります。ケールは大変虫に食べられる植物で青虫、ヨトウムシ、マイマイ、カメムシなど数十種類の虫が押し寄せてきます。そして幹が腐る黒腐病,等の病気も発生します。この間、台風で倒されたり水不足で枯れたりします。虫は取っても取っても減らず葉を穴だらけならまだしも、筋だけにしてしまうことも少なくありません。それでも諦めず取り続けると虫が少なくなる時期に入り少し楽ができるようになります。それでも何年も経てば、最大の敵、青虫の天敵マユバチが現れ普通の人の10倍の野菜が摂取できるようになります。こうなるともう簡単には病気にはならなくなり、更に進むと若返り現象が起きます。人生はケール栽培のように敵と困難がすでに用意されているゲームに似ている。私も畑にゴミを捨てられる嫌がらせが15年続きました。食べ物ならまだしも、電池、プラスチック、銅線、ガラス、陶器のかけら、などあらゆるゴミを捨てられたり、境界線の柵を倒されたりとひどく腹を立て憎んだこともあります。嫌がらせをするような人を見ると人間は悪である。今は悪い人間ばかりだ!と人間不信に陥りました。それでも諦めず栽培を続けていると害虫が減るように、悪いことをする人間も減ってきました。梁瀬医師が地獄を見て、その中でも信仰と仏陀への憧れを捨てなかったように最後は誠実さを最後まで貫いた本物のseekerが勝利し、光のかすかなキラメキが大きな栄光としてやって来る時が来ると私は信じております。ケールのこと心に留めておいて下さい。
galegakale
2013/02/05 09:33
ポール・ブラントンは私の目標でした。彼は数百回悟りの体験をしましたが、それでも、世界の悪を見ると愛の神、あるいは愛の仏の存在が信じられなくなると告白しています。最後に高い悟り(彼の表現では頭が破裂したような)を体験し彼の迷いは消えたそうです。そこでは、彼はuniversal mindが全てをコントロールしているのを見たそうです。彼は知性を重んじる哲学者ですから、あなたにも合うでしょう。一部ですが、彼が死後に残したノート17000ページが無料で観れるサイトがあります。購入しないで読んでみてください。彼の初期の代表作1943年初版the wisdom of the overself も無料で読めるサイトがあります。
galegakale
2013/02/06 08:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ごく身近な洗脳の話 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる