霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 食糧危機が来るか?

<<   作成日時 : 2011/04/03 19:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私の住んでいる地域(石巻)は、地震から9日間停電していたが、ケータイのワンセグで何とかテレビは視ていた。バッテリーがなくなると車のバッテリーから充電。それ以外に、私はエネループをたくさん持っていたのでそこからも充電しながら情報を収集していた。(ネットがつながらない状況で、ワンセグの文字放送はかなり役に立った)地震から2日目の昼ごろから、なぜか東北放送(TBCラジオ)が受信できなくなっていたし、ラジオ石巻もつながらなくなっていたので、ワンセグ放送が唯一の情報源だった。
街はどうなっているのか、友人や、親戚やたちのいる地域はどうなっているのか情報が欲しかったが、テレビでは福島の原発関連のニュースが多く、また被害地域が広大であったため、石巻の沿岸部がどうなっているかのピンポイント情報がなかなか入手できなかった。
また、ニュースのコメンテーターのバカな意見にもイライラさせられた。
確かテレビ朝日だったと思うが「避難所の子供たちにポータブルDVDを配って、震災のニュースを見せないような気配りが必要ですね」などと言う奴がいた。避難所も停電している状況で、ケータイのバッテリーどころか、懐中電灯に入れる電池もないというのに、ポータブルDVDとやらはどうやって充電するのでしょうかね?とにかく震災当初はみんなケータイのバッテリーが切れて苦労していた。発電機を装備している市役所等のコンセントを借りるために長い行列ができていた。まぁ、どのみち、au以外は一週間近くつながらなかったわけだが・・・・。
私はボランティアで避難所の炊き出しや灯油の運搬などを行っていたが、避難所のテレビで西日本の女性が「何もできませんが、応援してまーす♪」と笑いながら言い放った時、避難所の空気が凍りついた。向こうは平和だなぁ。こっちでは数キロ先には何百何千という死体が浮いているのに・・・・。しかし、避難所の男性が「俺たちも阪神大震災のときは、こんな感じだったんだろうなぁ。他人事でさ」と言うのでみんな納得。確かにそのとおり。

今後心配されるのは食料の問題。農業地帯である福島全域で水稲の作付けが延期されている。原発問題が長引きそうなので今年の作付けは実質不可能だろう。さらに東北の漁港はことごとく被害を受けている。宮城県だけでも13200隻の漁船のうち、使用不能となったのはなんと12000隻。壊滅的といっていい。原発からの放射能汚染が海に広がれば、太平洋の広い範囲で操業ができなくなる恐れもある。
岩手、宮城、福島、茨城沿岸の農地も、とんでもなく広大な範囲が水没した。塩害により2〜5年は作物は育たないと言われている。
・・・・・食糧危機が来るのではないか?
4月になって小麦の価格も一気に上昇している。
もともと今、全世界で食料の争奪戦が行われている。計画停電などにより、経済がガタガタになっている日本がその争いに勝てる見込みはなくなりつつある。全国の休耕田などを復活させる必要があるかもしれない。

画像


石巻の現状は日に日に深刻になりつつある。再建をあきらめた経営者たちが次々と従業員を解雇し始めている。
実際のところ、今、石巻では公務員以外のすべての人が危機的状況にあるといってもいい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食糧危機が来るか? 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる