霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 挙式準備

<<   作成日時 : 2010/10/20 21:37   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

ワシと嫁は諸般の事情により、まだ挙式しておりませんでしたが、仕事に区切りがついたこの時期に一気に準備を進めておりました。
もう何がなんやら、慣れないことで緊張の連続。
一回では書ききれないので数回に分けて書こうかと思います。

まずは結婚指輪選び。
嫁にはシルバーの安い指輪しか渡していませんでしたので、ここは正式なモノ(プラチナか金)を渡そうとお店めぐりを。男にとって宝飾店など異次元の世界。
どこに行っても、店員は自分に高額なガラクタを売りつけようとする詐欺師に見える(笑)。
6件ほどまわったが、販売員はみな個性的。
ワシを「ダーリンはどんなのが好みかな?」などとダーリン呼ばわりする人とか、「あああ、その身に着けているシルバーの指輪を磨かせてくださいー・・・・ああ、もっと磨きたい磨きたい」とウワゴトを言う美人な販売員とか。

その中でも凄かったのは児玉清(アタックチャンスの人)に似た初老の販売員。
非常に話術が巧みで、どんな話題にもついてくる。ワシが昔住んでいた場所を言うと、「ああ、それはこんなところでしょう。電車は○○線で20分ぐらいでいけますね」。千葉に引っ越した時の話をすると「ああ、あの町はこんな歴史があって・・・」。四国に旅行した話をすると「私は昔、四国でお遍路さんをしていたことがありまして・・・・」とくる。
ワシが仏教好きだと言うと良寛和尚の辞世の句をすらすらと暗誦し始めた。
・・・・うおお、勝てん。この人に知識では絶対に勝てん。
すっかり感服したワシらはこの店で指輪を買うことにした。
あとで若い店員に聞いたら「会社内ではバケモノと呼ばれていますよ」だそうな。
どの世界にも凄い人はいるものだ。
ちなみに指輪のデザインも嫁は気に入ったようだ。
プラチナの指輪に思い出ひとつ。いい買い物だったかな。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
挙式準備 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる