霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 気象占星学

<<   作成日時 : 2010/09/19 10:35   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

天気予報が当たらない。
確か今年の春に発表された長期予報では「今年は30年ぶりの冷夏になる可能性が高い」と発表されたはずだが、実際のところ記録的猛暑。
晴れの予報で雨が降ったり、週間予報でずっと晴れの予報だったのに4日連続の大雨なんてこともある。
さらに、現在は気象予報士たちが独自の天気予報を出しているので、会社によって予報がバラバラ。地デジのデータ放送で天気予報をチェックしてみると分かるが、各局・予報が大きく違い、ある局が100パーセントの降水確率を出しているのに、別の局が30パーセント程度ということもある。
これほど予報が違うんだから、天気の予測ってのが結構いい加減なものであることが推測される。
これだったら素人が下駄を投げて裏か表かで判定するのとほとんど変わらない。
「当たる確率が低い」予報など、予報としての意味をなさないだろう。
街の占い師は的中率が低ければ客が減り、仕事を失うこともあるが、気象予報士は大きく予想を外しても資格を失うことはない。世間に対してあれほどいい加減な情報をばら撒いているにも関わらず・・・だ。
実際、農業、漁業、屋外でのスポーツの興行など、天気予報をもとに仕事の計画を立てている人から見れば、当たらない気象予報士など詐欺師にも等しく、経済的損失もある。

どうせ当たらないんだったら、自分で予想してやろうと思い立った。
ただし、日本では法律の規制が厳しく、資格のないものがここで天気の予測を発表することはできない。
だから、ワシ個人が楽しむ範囲でしかできないのだが、占星学の中には「気象占星学」という分野がある。
1924年にアメリカのエルバート・ベンジャミンが考え出した手法で、天体の配置によって、気温、風力、降雨を予測するというもの。
もちろん、ホンモノの天気予報と同じで的中率は100パーセントではないのだが、ベンジャミンの研究によれば的中率は82・5パーセント。この数字が本当なら、ウェザーなんちゃらよりも的中率は高いことになる。
普通の天気予報よりも優れていることは、台風被害、猛暑などの長期予報に特化していることだ。
異常気象などという言葉で、気象予報士は言い訳するが、その異常気象も、星の世界においては「太古の昔から定められていたこと」と言える。占星学なら100年後の日本が猛暑なのか冷夏なのかも予測できるのだ。
日々の天気についても月の位置関係から「何時ごろにどこで雨が降る」ことを予測できるが、残念ながら的中率はそれほど高くない。せいぜいヤ○ー天気予報ぐらいの確率だろう(笑)。

とにかく近頃、当たらない天気予報に予定が大幅に狂っている。
明日の天気も当てられないくせに、週間予報とか出すなっ!と本気で思うのだがいかがだろうか?

画像




NHK気象予報士 2011年 カレンダー
株式会社 ハゴロモ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NHK気象予報士 2011年 カレンダー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりですね(*^^*)私も最近の天気予報昔より当たらなくなったと実感してました(--;)
モーニンググローリィ
2010/09/19 22:19
お久しぶりです、モーニンググローリィさん。
週間予報って見るたびに内容が変わっていますよね。こんなにコロコロ変わるんじゃ、予報の意味ってなんなんだろう・・・と思っていまいます。
ちなみに、占星術には他に、地震を予知する地震占星術、株価の動向を予測する金融占星術なんてのもあります。どの程度役に立つかは未知数ですけどね。
スイレン
2010/09/20 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
気象占星学 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる