霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS マーフィー理論の不可解

<<   作成日時 : 2010/06/19 20:18   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

精神世界で有名な作家にジョセフ・マーフィーがいる。
彼の本職は牧師で、「潜在意識に願いを刻印すればすべて叶う」という教えをゴールデンルールと呼び、広めた人物です。キリスト教と成功哲学を融合させたような教えで、今でも大きな本屋に行けば、彼の著書を数十冊も見つけることができます。
これほど有名な指導者でありながら、彼の理論は不完全でイイカゲンなものだとワシには感じられます。
実は高校時代、ワシは彼の著作を30冊以上も読んでいて、彼については誰よりも知っていると言えるでしょう。ただ、仏教や占星学を学ぶにつれ、彼の理論が道徳的に非常に問題があることが分かってきました。

マーフィー理論の骨格は、「なりたい自分」をあらゆる機会を通して潜在意識に植え付け、成功した自分の姿を思い描くことです。そうすれば「あなたが望むありとあらゆるものが、あなたのものになる」と主張します。
しかし、本当にそうでしょうか?
人の想いには現実を創る力があることは、このブログでも何度も書いておりますが、「ありとあらゆるもの」というのはいくらなんでも拡大解釈だと思います。

例えば、あなたが大学を受験するとします。
マーフィーによれば、自分が大学に受かって喜んでいる姿をイメージすれば一切勉強しなくても、合格することになります。(彼は努力については全く触れていない)
・・・・そんなわけはないですよね?
受かるためには勉強をしなくてはなりません。何かを得るためには、それに見合う対価を払わなければなりません。
この場合は、合格という結果を得るために、努力という対価を払う必要があります。
こんなことは当たり前のことです。

ところがマーフィーは、実例としてこんな話を挙げています。

「ある学生が、潜在意識に試験問題を教えてくれるようにお願いして眠りにつきました。すると夢の中で、すべての試験問題がはっきりと見えたのです。学生はすぐに飛び起きると、教科書を参照しながらすべての試験問題を解きました。そして、翌日の試験に合格したのです」

マーフィーの本にはこんなトンデモナイ話が普通に出てくるのです。潜在意識は試験問題を盗み見るという形で、この人の願いに答えたということでしょう。マーフィーの信奉者は、これによってマーフィー理論の正しさが証明されたと主張します。
しかしながら、これは潜在意識を使った一種のカンニング。こんなアンフェアなやり方で合格したとしたら「負のカルマ」を背負うことは確実でしょう。つーか、全く試験勉強をしていないパーが大学に受かったところで何の意味もないし、試験のたびに超能力でカンニングをするつもりでしょうか?

マーフィー理論の多くには誇張が含まれています。
もしあなたが試験に受かることをイメージしたとしたら、「勉強が楽しくなる」「良い先生に出会う」といったふうに、合格しやすい環境が整えられていきます。勉強しなくても受かるなんてことはありません。

画像


マーフィー理論の信奉者の中には、「金持ちになった自分」をイメージするだけで働きもせずに、毎日「タナボタ」式の幸せがやってくることを待っている人もいます。
神は「奇跡」ではなく、意外と「現実的な手段」によって我々の願いをかなえるものです。

「奇跡を待つより捨て身の努力!」(葛城ミサト)、で行きましょう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ガツガツと執着せず、
肩のチカラを抜いて、
さら〜っと願いながら、
淡々と「強気」で行動する。
そして後は、ほっとけ!
初心者
2010/06/20 09:51
私もマーフィーの本2冊ぐらいは読みました。願うだけで叶うとか当時の私も単純で鵜呑みに信じ感動してましたが、思い叶わず時間が経つにつれだんだん疲れてしまいました。自分のやり方がいけないのかと思いマーフィーの法則に対する熱い情熱はすぐに冷め本もさっさと古本屋行きに。たまに書店でマーフィーの本見かけても「あーまだあるんだ…」ってすごく冷めた目で見てしまう自分です。マーフィーさん本人はこの法則で願いが叶ったんですかね〜!?
モーニンググローリィ
2010/06/20 22:22
こんばんは、モーニンググローリィさん。
マーフィーは結構な財産家でしたが、生活は質素で本ばかり読んでいたそうです。
アメリカのプロテスタントには「経済活動は神の喜ぶところなり」という変な思想があって、金持ちになることが宗教的に正しいことだと考えられています。カトリックの「清貧の思想」とは対照的ですね。
マーフィー理論では「どうしてイメージが現実化するのか」というメカニズムには一切触れられておらず、「神の力」ですべて説明しようとします。これでは、キリスト教以外の人には理解できない。「腑に落ちない」ものは実践できないんです。
願いが叶うメカニズムを科学的に検証した本もありますので、後々紹介したいと思います。
スイレン
2010/06/20 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
マーフィー理論の不可解 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる