霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 心の法則の科学的根拠

<<   作成日時 : 2010/03/29 20:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

「イメージしたことが現実となる」・・・これが古代からあらゆる宗教で説かれてきた「心の法則」です。
しかしながら、これが真実かどうかは自分で体験してみるしかない。でも、疑いながらイメージするから、表れてくる結果もなんだかアヤフヤなものになってしまう。結局いつまでたっても、「心の法則」が真実かどうか確認できない状態にある・・・・ほとんどの人こうだと思います。
心の法則を説いた本はいくらでもあります。でも、それが信実だという確信をもてる人は少ないと思いますよ。ワシもそうでしたから。
ただ、心の法則が正しいことは、もう物理の世界で証明されています。だから悩む必要はないんです。

この世界のすべての物質は原子から成り立っており、その原子は素粒子によって構成されています。
ただし素粒子ってのは小さすぎて測定できないのですが、加速器に残された素粒子の「痕跡」から、存在していることは間違いありません。
面白いことに、この素粒子には「観察された瞬間にしか存在しない」という特徴があります。
ワシは理系の人間ではないので説明が難しい。詳しくは理系の友人に聞いてほしいのですが、量子場を観測していると素粒子の痕跡がちらりと姿を現します。ところが、目をそらすと素粒子は空虚の中に消えていきます。
見ると表れるけど、見るのをやめると消えてしまう。暗闇の中で点滅する光のように、素粒子は現れたり消えたりしているんです。私たちが関心を示した時だけ「それ」は存在するのです。
素粒子ってのは波の性質を持っていて、空間や時間に限定されずに「どこにあるか」が確定していません。
ところが私たちが見ようとした瞬間に物質となります。
私たちが見なければ、それはただの「可能性」として漂っているだけなのです。

この素粒子の性質は、仏教で最も有名なお経である「般若心経」にも説かれています。
「色即是空 空即是色」
物質(色)とは空(くう)であり、空(くう)とは物質(色)である。

分かりますか?この世界はもともと「無限の可能性」としてのみ存在しており、この世界で起きる出来事や、目に見える物質のすべてが私たちの「関心」によって決定されているんです。
自分が不幸だと考えるならば、不幸な現実が創りだされます。
自分は才能があるのだと考えるならば、そのような世界が「物質化」されます。
この世を創る素粒子は、私たちのイメージによって特定の形になります。
これは怪しげな宗教とかオカルトではなく、れっきとした科学なのです。

つまり、今あなたが見ている世界は、すべてあなたが望んだことなのです。
エハラのようなインチキ霊能者を信じて「この世は修行だ」と考えているなら、苦労の多い人生を送っていることでしょう(笑)。
「人生は戦って勝ち取るもの」と信じている人には、次々と強敵が現れることでしょう。
「自分は不幸な星の下に生まれた」と考えているなら、毎日が辛い日々でしょう。
「自分ほど幸運な人間はいない」と信じているなら、ありとあらゆる豊かさを享受していることでしょう。

これは神が不公平なのではありません。神は平等に我々が「信じているもの」を与えてくれているのです。
信じたものが手に入る・・・・これが神の定めた唯一のルールなんです。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心の法則の科学的根拠 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる