霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲劇的な運命

<<   作成日時 : 2010/02/12 20:03   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

宮城県で発生した殺傷事件・・・・18歳の少年に2人が刺し殺され一人が重傷、そして、18歳の少女が拉致された。犯人はすぐに逮捕されたが、「自分は関係ない」と容疑を否認。目撃者も多数いて、凶器も発見され、少女と一緒にいるところを逮捕されたというのに「関係ない」などと主張するとはどれほど頭が悪いのだろうと思っていた。今日になって、一緒に現場に行っていた17歳の少年が「無理やり一緒に行くように強要された」「凶器を渡され、お前が罪をかぶれと言われた」などと証言し始めた。
つまり、この主犯格の少年は、自分の内縁の妻である少女に頻繁に暴力をくわえた挙句、二人を引き離そうとした姉と友人を殺害し、さらにはその罪を後輩に擦り付け、「自分は関係ない」と主張している前代未聞のスーパー・クズということですね。

それにしても・・・皆が疑問に思うことだが、今まで12回も警察に相談するほど彼氏から暴力を受けながら、なぜ少女は何度も何度も彼の元に帰って行くのか?
心理学者や、ドメスティックバイオレンスの専門家がテレビであれこれ解説しているが、「運命」という概念を持たない彼らにこの問題は解決できないだろう。

このブログで何度も書いているし、つい数日前の記事にも書いたばかりだが、「天体の引き合いには相性の良し悪しは関係ない」のである。
それどころか、相性のいい相手よりも、相性の悪い相手のほうに強く強く惹きつけられるのが人間なのだ。

事件の当事者たちが未成年者ということで、彼らの生年月日を知りようがないのだが、「邪魔者をすべて排除してでも・・・」という強い執着心は「天体の引き合い」があったと思える。
本当はこの二人の間に愛情など存在しない。
愛情があれば、自分の行動が彼女を不幸にしていることなどすぐに気がつく。彼は運命が示す「内的欲求」をみたすために行動していただけ。つまり自分の欲求を満たすことだけ考えて、相手の幸せのことなどカケラほども考えてはいない。

ほとんどの男性は同意してくれると思うが、男にとって女性に暴力を振るうというのは「最大のタブー」である。
それは男にとって決して踏み越えてはいけない一線。これを踏み越えてしまえば、自分の男としての存在意義すら脅かしかねない最大の禁忌だ。
これを一度でも犯したものは、もう元には戻れない。「反省している」「2度としないよ」などと言ったところで彼らは同じ間違いを繰り返すだろう。「心理的境界線」を越えてしまった彼らは、もう心の痛みを感じなくなる。
だから、女性たちは暴力を振るう男とは今すぐ別れるべきなのだ。そこで同情してはいけない。「変わるかも」と期待してはいけない。彼らは男としてのプライドを失ってしまったのだ。

今回の二人がどんな天体の配置をしていたのかは想像するしかないのだが、個人のホロスコープで異性関係が悪い代表的なものに「金星と冥王星のオポジション(180度)」がある。

「感情が激しくなり欲求を抑制できなくなる。好みの異性が見つかれば積極的にしつこく近づく。交際が始まればすぐにセックスを求める。セックスの要求を受け入れてもらえないと怒る。金銭に固執・執着するので、お金をかけた相手がセックスの要求を受け入れない場合は恨みに思う。嫌われたと思う感情が極度に激しい場合は自殺・あるいは相手を殺そうとする」
「相手を自分の思い通りにすることを望み、矯正しようとする。思うようにならないのでイラつく。その結果、口論、喧嘩が絶えない。こうして愛に失望する」

人によっては「好き」という感情の裏にこんな内的背景を持っている人がいるのです。
「好きだ」という感情には注意しなくてはなりません。その感情は「この相手は危険だから近づくな」という、運命からの警告なのかもしれないのです。一緒にいてドキドキしたり、胸が苦しくなるのは、危険を察知した魂の叫びかもしれないのです。
我々はもっともっと自分の内面と対話しなくてはなりません。本当に自分が望んでいるものは何か、そして恋人はその「何か」を与えてくれるひとなのかどうか・・・・自分を知らないというのははとても危険なことなのです。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎日、サイトが更新されていないかチェックするのを楽しみにしてます。もう占星術を引退されたとの事ですが、スイレンさんから診てもらいたい思いでいっぱいになります。

2010/02/21 20:38
こんばんは、Rさん。実は今、仕事が立て込んでまして、時間に余裕が出たら更新するつもりです。
結婚したい人が現れたとき、その人との相性診断(シナストリー)はやったほうがいいと思いますよ。一生の問題ですから。インドでは今でも8割以上の人が結婚前に占星術師に相談すると言われております。ただ、なかなか腕のいい占星術師には巡り合えないものですが・・・。私は嫁との相性をプロに見てもらったことがあります。もちろん、ワシが占星術に詳しいことは内緒で。
で、結果は見事にワシの見立てと同じで「OK」でした。説明にも矛盾や誇張はなく、なかなかいい術師でした。
法外な料金を取る占い師にマトモなのはいないので、5千円から一万円ぐらいで探すとよろしいでしょう。それと妙なハンドルネーム(ムーンプリンセスだの、アレクサンダーだの)を使っている占い師より、本名でやっている人のほうが信頼性が高いと思います。
スイレン
2010/02/22 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲劇的な運命 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる