霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 引き付けあう男女

<<   作成日時 : 2009/11/13 14:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

ミニラのような顔をした結婚詐欺師が関東一円で殺人を繰り返していた頃、鳥取でも詐欺で逮捕された妖怪人間ベラのような顔をした元ホステスの周辺で、男性の不審死が相次いでいるという。
偶然にも、どちらの事件も周辺で不審死した男性の数は6人。
同時期に似たような事件が発生したため、最初の報道の時は、婚活詐欺事件とごっちゃになった人も多いはず。
女性による連続殺人としては戦後最大級の事件が同時期に起きるとは偶然とは思えないのだが。

画像


画像


それにしても、お世辞にも美人とは呼べないミニラとベラに、どうしてこんなにも多くの男性が騙されてしまったのか?多額の現金を貢いだあとに殺されるというこの凄惨な事件。その裏に潜む「男女の相性」について考えて見たい。

この詐欺女二人の詳細なデータがないためホロスコープの作成はできないが、いわゆる「危険な女性」ってのは確かに存在する。男性を破滅させる出生図、離婚を繰り返す出生図、家族を不幸にする出生図・・・・どうしてそのような運命を背負って生まれてきたのかはわからないが、時期によって強弱はあるものの、その傾向は一生続く。

このブログでも何度か書いたが「天体の引き合いというものは、相性の良し悪しと関係がない」という原則がある。
例えば、ホロスコープ上のジュノー(小惑星)と、相手のマレフィック(悪い意味のある惑星)がコンジャクション(0度)をとるとき、二人は激しく引き合い、情熱的な恋愛をします。しかし、これは結婚後、お互いを憎しみ合うような激しいトラブルに発展します。
つまり、人は自分と相性のいい相手だけでなく、非常に相性の悪い相手にも強くひきつけられるのです。
自分にとって「毒にも薬にもならないような相手」には興味を惹かれません。
「恋は盲目」と言われるように、周囲から見て明らかに怪しい相手でも、恋している本人にはそれが魅力のように感じられます。最近、「だめんず〜」という漫画を描いている女性が、超プレイボーイと結婚したそうですが、これもその典型でしょう。「今までどんな過去があったとしても、私を最後の女にするのなら問題ない」と会見で語ったそうですが、男の立場から言って、そんなことはありえません。
女たらしは一生女たらしです。これは占星学の知識から言っても確実です。
女たらしは一種の先天的な病気みたいなもので治りません。男性側のカルマとしては、「多くの恋愛にまつわる悲劇を体験して何かを学ぶため」なのかもしれませんが、「自分は彼にとって最後の女」と無邪気に信じてしまえる女性の心理は男には理解できません。

これと同じことはプレイボーイで知られる男が、思いっきり年の差のある女子プロゴルファーと婚約した例でも同じでしょう。彼女は「自分が彼の最後の女」と信じているようですが、どう考えても結婚後まもなく、もっと若くて美しい女性を探し始めること、疑いなしです。

天体の引き合いというものは意志の力で何とかできるようなものではないのかもしれません。惚れてしまった以上、どうにもならない。どんな犠牲を払ってでも、その人と一緒になりたい・・・・。
これほどの強烈な想いは、「相性にいい相手」よりもむしろ「相性の悪い相手」のほうが強く感じられるものかもしれませんね。

二人の詐欺師、ミニラとベラは、口がうまかったというよりも、「自分と引き合う相手」を見つける特殊な能力があったように思えます。報道を見る限り、彼女たちは美しくもなく、嘘話もそれほどうまかったとは思えません。しかし、無条件に自分にひきつけられる相手を見つけることができたようです。もちろん、占星術の知識があったなどとは思えませんが、まるで死神と契約でもしているかのように、自分が騙しやすい相手を選別しています。

相手に強くひきつけられるような感覚が合ったときは気をつけねばなりません。
それが本当に「赤い糸」なのか、それとも破滅的な「天体の引き合い」なのか、冷静に判断しなくてはなりません。
インドでは、現在でも、結婚前に二人のホロスコープのマッチングをするのが一般的です。そして、危険な「天体の引き合い」だと判断されれば破談となります。そのためかどうかは知りませんが、インドは世界的に見ても、非常に離婚率の低い国です。社会的に離婚しにくい風潮があることを差し引いても、それは驚異的な低さなのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして♪ 
どこからたどり着いたのか忘れましたが「まどろみ」と申します。

>人は自分と相性のいい相手だけでなく、非常に相性の悪い相手にも強くひきつけられるのです。
自分にとって「毒にも薬にもならないような相手」には興味を惹かれません。

物凄く納得です。
興味を持ったので勉強したく過去記事の旅を始めさせていただこうと思います。
許可をお願いします。

私は怪しくありませんが(スピ系のものは心の中で馬鹿にしていたにも関わらず)
実際にちょっと普通の人には言えないような体験を何度かしています。
よろしくお願いします。
まどろみ
2009/12/09 14:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
引き付けあう男女 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる