霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 心の中にあるもの

<<   作成日時 : 2009/03/22 15:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

清楚で可憐な女性が、なぜか男運が悪かったり、結婚してもすぐ離婚してしまう例は、皆さんの周りにもあると思います。
逆に不美人でズボラな性格なのに、素敵な夫と幸せに暮らしている例も少なくありません。
女性の「恋愛運」「結婚運」ってのは表面を見ただけでは分からないものです。
人は「持って生まれたカルマ(運命)と現実を一致させよう」という無意識の衝動に駆られています。
だから、「生涯結婚しない運命」と持っている人は妻子ある男性や、経済力のない男性など「結婚しにくい相手」とばかり付き合おうとします。表層の意識では「こんなことじゃダメだ」と思っていても、やっぱり好きになるのは妻子ある男性・・・・ということを繰り返します。

例えば、女性自身を表す金星や月が穏やかなアスペクトを持っている人の場合、人柄は温和で女性らしく、誰からも好かれるタイプだったりしますが、同時に男性を表す火星や太陽の配置が破綻している場合、この女性は男性のとって脅威となります。
温和だった女性が結婚したとたんに相手の男性の性格を狂わせたり、経済的破滅に導くことがあります。
残念ながら、恋する男性が、この「危険な女性」を見分けることは困難です。
しかし当然、男性側の心の中でも「持って生まれたカルマと現実を一致させよう」というバイアスがかかっているはずですから、この危険な女性と結びつくのは、もともと悪い結婚運を持っている男性だということになりますから、「すべて予定通りだった」とも言えます。

では、この不幸な結婚は回避できないのでしょうか?
運命ってのは、最初、「潜在的な心理パターン」として与えられます。つまり、男性運の悪い人は、自分の心の中の男性原理に矛盾や葛藤があるということです。
自分の中の葛藤が解決されないままでいると、自分ではうまく扱えないですから、それを現実世界に投影して、自分の内面世界を誰かに演じてもらおうとします。
要するに、自分の心の中で起きている混乱を、誰かに肩代わりしてもらおうとするのですね。
ですから、今、あなたの目の前で起きていることは、あなたの心の中で起きていたことと似ているはずです。
「そんなことはない」と思っている人は自分を知らないのです。
父親を極端に憎んでいる女性は、自分の父親と似た男性に恋したりします。心の中で整理できなかった問題を、現実世界に投影してもう一度取り組もうとしているかのように。

運命を変えるには、この心理パターンを変化させるしかありません。どこかの新興宗教にお布施をしたって運命は変わりません、絶対に!自分の運命を変化させられるのは自分だけですから、教祖だの霊能者だのが何を言おうが、カルマは一ミリグラムだって減りはしません。
心理パターンを変化させる手段として、ヒンズー教や仏教で考え出された手段が「瞑想」です。
これにはいろんな流派がありますが、どんな瞑想だろうと効果はありますから、試してみることをお勧めします。
ヨーガってのも、本来は健康体操ではなく、「瞑想するのにふさわしい身心を作る」ことを目的としています。
女性ならダイエットでヨガをやるついでに、瞑想も実践してみたらいかがでしょうか?

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
心の中にあるもの 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる