霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS ギレンの法則

<<   作成日時 : 2009/02/22 18:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

占星学には「ギレンの法則」と呼ばれる賭け事に強い時期を示す技術があります。
ギレンと言っても
「ガルマは死んだ!なぜだっ!?」
のギレンさんじゃありませんよ(笑)。
自分の出生時間と場所が正確にわかっている人であれば、結構簡単に「勝てる日」を計算できます。
このギレンさん(Jack John Gillenn)という方は、出生図上ではあまり賭け事に強い運は持っておられないのですが、長年の研究の結果、賭け事に有利な天体の配置を探し当てました。そして、賭け率一万倍のドッグレースで財産を築いたのだそうです。
ただし、このギレンの法則がどの程度の信憑性があるのかは、ワシ自身確認しておりません。
ワシは賭け事が大嫌いなのです。
実は昨日、ワシはこのギレンの法則による「最も勝つ可能性の高い日」だったのですが(人によって違いますよ)、気乗りがしなかったものですから、結局は何もしませんでした。

ギャンブルってのは、誰かが得をすれば誰かが損をするシステムになっています。間接的ではありますが、「私利私欲のために他人を害する行為」にあたり、それは負のカルマを創りやすいのです。
わずかなお金と引き換えに、運命学上の負債を抱えるとしたら割に合わないと思えるので、ワシはギャンブルには一切手を出しません。
しかし、数億円を稼げるチャンスがあったら心が揺れるかも・・・・。
ギレン氏は高倍率のドッグレースにかなりの金額を出していたようです。占星学を使い、「自分は確実に勝つ」との確信を持っていたのでしょうから、躊躇なく大金を賭けられたのでしょう。
きっとレースを見ながら、
「ふふふ、圧倒的ではないか、我が軍は」
と細く笑んでいたことでしょう。

ちなみにギレンの法則によれば、賭け事に強い日は一ヶ月に4〜5日しかありません。
他の日は「勝てない日」ですから、日常的にパチンコをしている人がトータルで大きく負け越すのは当たり前のことです。
賭け事とは「勝てるときに大きく張り、勝てないときには潔く引き下がる」のが極意です。
が、できれば、財産は「他人に喜びを与えたことによる正当な報酬」で築くべきだと思います。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギレンの法則 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる