霊性と情熱のあいだぐらい

アクセスカウンタ

zoom RSS 関心と運命

<<   作成日時 : 2008/12/28 11:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

この世のすべての現象を構成しているのは、原子を構成する素粒子です。
この世で起きることのすべてが、素粒子によって創り上げられていることは物理学によって証明されています。
この素粒子には、非常に不思議な性質があって、「観察された瞬間にしか存在しない」んです。
これは非常に重要な点です。
量子場を見ていると、素粒子(の痕跡)がちらりと姿を現します。しかし、目をそらすたびに素粒子は空虚の中に消えていきます。それは、私たちが見ているときだけに存在し、その場から関心をそらすと、どこかに消えていってしまいます。
素粒子が次にどこに存在するかは確率的にしか予測することが出来ません。
素粒子は、普段は「波」として存在しています。波であるから、「どこどこにある」とは確定できません。テレビの電波みたいに、そこらじゅうに広がっています。
これを観測可能な「物質」にするためには、人間が関心を払わなくてはならないのです。人間が、観測する(関心を払う)ことによって、波である素粒子は物質(粒子)に変換されます。
素粒子は私たちが観測することによって物質として存在できるものであり、私たちが関心を払わなければ空間を漂う波でしたありません。

これはとても不思議なことなんです。
ただの「可能性の場」に過ぎないこの世界に、形を与え、現実を創りだしているのは私たちの意識なのです。

仏教でもっともメジャーなお経といえば、般若心経ですが、このお経を一言で表すと「この世界は空(くう)である。」と言うこと。
量子力学など存在しない古代において、賢者たちは明らかにこの世界の構造を知っていたのだと言えます。
インドの哲学によると「この世は意識が創りだした幻(マーヤー)」だそうですが、これは最新物理学によって正しいことが証明されつつあります。

意識したものが現実になるのです。
逆に言うと、意識しなかったものは存在しない。それはただの「可能性」のまま、この世に現れてくることはない。
あなたが今、どんな状況にいるとしても、それはあなたがイメージしたからこそ起こっているんです。
憎しみも、悲しみも、愛情も、あなたが関心を払ったからこそ起きているんです。そうでなければ起こらなかった・・・起こるはずがなかったんです。

それにしても・・・素粒子に影響を与え、この世界を創り出せるとは、人間とはなんとすごい能力を持っているのでしょうか。関心を抱いたものが現実化するのですから、その能力は神に等しいと言えます。
聖書によると、人間は「神に似せて創られた」そうですが、それは真実かもしれません。姿かたちの事ではないですよ、能力の面で、です。
神に似せて創られた人間には、同時に自由意思も与えられた。神の操り人形ではなく、自らの考えて生きる存在として。この世で悲劇が起きるのも、それは自由意思をもつからこそです。
辛いことがあると「神も仏もあるものかっ!」と言いたくなりますが、真実は、「神も仏もいるから苦楽がある」のでしょうね。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
関心と運命 霊性と情熱のあいだぐらい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる